ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

≫ EDIT

夏が終わる

ここ数日蝉の声がなくなり、妙に静かな朝になりました。
我が家の菜園は残すところ
茄子とピーマン、オクラ、生姜、ゴーヤのみとなりました。
今年は今までに経験したことないくらい
不作の年になりました。
例年食べきれないくらい採れるキュウリはたったの5.6本。
トマトは肥料ぼけして、ほとんど実がならず葉ばかり。
ピーマンは途中から実の半分下が腐ってしまう病気にかかるし。
トウモロコシは種の蒔き時期が遅れて、
実が小さく、カナブンに喰われまくった。
網ありメロンは大きく育つも、全く甘くないし、不味い。
ここまで不作になると、偶然とは言いにくい。 
栄養バランスが崩れてるんだろうなぁ。
数年前から窒素分が効きすぎてたんで
わざわざリン酸とカリウムのみの
有機肥料を与えてましたが、
今年はダメでした。
そろそろ秋冬野菜の植え付け時期。
どうしたらいいのか悩んでます。
秋冬野菜は根菜や葉野菜が多いので
このまま耕すだけでいいのかも。
お裾分け出来ない夏でした。
あーあ。

| 菜園 | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017キャンプ in タロリン村 その2

今回はフリーサイト利用プラン。
区画サイトまで100m足らずですが、荷物搬入をしないといけない。
私の手づくりテーブル兼台車が、
役立つ。
が、ロープで縛りきれない不安定な荷物は不得意。
なので私以外の嫁さんが扱うと暴れる!
で、嫁さんのきつい一言!
なんであんなん作るのよ!
だとさ。
おいおい!そらねーぜ!
活躍したこともあるやし~
まあまあ落ち着いて!
扱い方を知らないだけやって!
テーブルにも変身するんだから許してよね~
と心でつぶやく俺。
確かに今流行りの折りたたみできるキャリーがあればいいのかもしれませんが、メーカーさんが作ったアイテムに踊らされてるうちは素人感丸出しっぽくて嫌いなんです。
だから既存のアイテムにはないものを工夫して作る!
それが昔からの私のポリシーなのかも。
いまでこそバーベキューコンロ用のテーブルは選ぶのが困るほど売ってますが、
30年前はそんなもんなかったんで作りました。
未だにそのテーブルは生き継がれてます。
私が作ったものとよく似たやつが
商品化されて売ってます。
で、話がだいぶそれましたが、現地に台車があることも知らず、
搬入が完了。

こんなんがありました。(搬出時撮影)
池の周りを囲むようなレイアウトになってました。
今回は台風の影響でキャンセルされた方が多かったらしく、
フリーサイトは4家族のみ。
なので静かで快適。
炊事場も込み合うこともなく、のんびりムード。
テントは今回初下ろし。
オークションで2日のみ使用のほぼ新品をゲット!
若い頃に使っていたドームテントはもうかなり前に御臨終。
その後、テントは2人用のツーリングモデルを所有してましたがジモティで売り払い、4人用のテントをゲットしたっちゅうわけ。
ドッペルギャンガーというメーカーのテントです。
個性的なデザインの商品をたくさん生み出してるメーカーのようです。

テントとタープが合体したデザインが
気に入りました。

飛び出したタープ部分でコンロを使うと
風向きによっては、煙や匂いがもろにテント内に入ってしまうのが難点かも。
だから今回はバーベキューコンロはタープの外で行いました。
テント周りに手づくり感ありありのドッグサークルを100円ショップで買った園芸ネットと支柱でつくりました。
わずかな隙間から脱走したり、網目が大きいので頭が網から抜けなくて、
捕らわれ状態になったりもしましたが、
マロンも自由に動けて快適?な様子でした。
つづく

| キャンプ | 09:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2017キャンプ in タロリン村 その1

8月5日から1泊のキャンプに行ってきました。
場所は家から140km先にある
姫路のタロリン村。
愛犬マロンを連れて行けるところを検索していたらたどり着いた。
ドッグランがあり、釣りもできるし、
買い物が便利そうだし、この出会いも縁だと思いココにしました。
当日は台風が近づきながらも快晴。
天気が晴れただけで、キャンプは
半分以上成功。
朝9時前に出発し案の定、神戸で渋滞に巻き込まれ姫路についたら昼前。
山陽道で行くはずが、最後の分岐で間違えてバイパス道路に行ってしもた。
3時間もかかった。
阪神高速経由は失敗だ。
あーあ。
想定以上にかかり、昼ごはんはキャンプ場で適当に食べるはずが、
インター出口付近のコンビニで、
おにぎりを食べることになった。
1時間押し。
キャンプ場近くのマックスバリューで買い物をして現地にたどり着くと
13時前。
受付時に釣りが出来ないと告げられた。
なんと!
猛暑続きで、池の水温が上がって酸欠になり全滅したらしい。
オーマイガッ!
明日の昼ごはんが消えてしました。
子供と愛犬マロンにとって初めての釣り体験はお預けとなりました。
つづく

| キャンプ | 10:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャンプの準備 その2

いよいよキャンプが近づいてきました。
台風が近づいてますが、
かなり速度が遅く、西日本に来るのは
来週になると予想されていて、一安心。
そんな中、仕事の合間にキャンプの準備をしていってます。
今回はバーベキューコンロ及びガスコンロのリメイク。
バーベキューコンロは10年前に買ったもので、
使用回数は10回位なんですが、
経年劣化で外も中もサビがまわってしまってます。
腐蝕はしてないんで、サビを落せばまだまだ使えるし、簡単には捨てれないんです。
というのも、このコンロに合わせて
専用テーブルを作っているんで、
無くなると困る。
なので塗装することにしました。
ワイヤーブラシとサンドペーパーで
格闘すること30分。
なんとかサビ落し完了。
本当ならここで錆止め塗料を塗りたいところですが、
面倒なんで直接塗料を塗りました。
もともとはブラックでしたが、コールマングリーン?にしました。

高さ調整部分はマスキングをしました。

ちょっとサビが回ってますのでここはまたあらためて磨きをかけます。
続いてはカセットコンロです。

こんな感じのいかにも!といった感じですカセットコンロでしたが
コールマンのツーバーナーをイメージさせる色合いに仕上げました。

もう1台あったのでそれも同様に。

アウトドア用品らしくなりました。
塗料がまだ少しあったんで、

ポールスタンドとして使う単管ベースが
あまりにも味気ないので塗ってみました。

いい感じです。何か売りものみたい。
4つの穴にペグを打ち込んで固定して
ポールを立てます。
アイテムの色を統一することで少しまとまりが出たかもしれません。

| キャンプ | 10:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャンプの準備 その1

アウトドア用品を整理していたらふと思い出しました。
自分流の炭の使いかたがあったことを。

炭のこだわりといったらなんか備長炭しか使わない!っていう風に思われそうですが、そう言った質のこだわりではなく使い方です。

炭はホームセンターで売ってる安いやつをベースに、たまに備長炭。
初心者の頃は買った箱のまま現地に持って行ってましたが、
やり慣れてくると事前に仕分けするようになりました。
というのも、安い炭は大きなやつも木っ端も混ざってます。


細かいくずのような炭は箱の底に溜まり最後に残ることが多く、次回に持ち越し。
それだけでは心許ないのでまた炭を買う。
そんなことを繰り返すと毎回炭を買うことが続きました。 
もっと効率よく使ったら買わなくていいはず。

なので、箱に入っている炭は一旦新聞紙の上に全て広げ、大、中、小、くずと分けます。
先にくずのような炭を集めて下地に敷いて真っ先に使うことにしてます。
そうすることでロスがなくなり、どれくらいのサイズの炭が残っているのかわかり、効率よく燃焼できることが経験してわかりました。
ちょっと面倒ですが、炭起こしを極めるならこれくらいの下準備は必要だと思っています。
 
今回こんな炭を見つけました。
割木炭。
これと備長炭を組み合わせたらいいかも。
物は試しに買いました。

| キャンプ | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT