ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

薪棚2号 制作完成。

ついに屋根づくりにとりかかりました。
屋根のサイズは2300×900
骨組みサイズは2280×810ミリ
骨組みを作ってから屋根に載せ、先に本体へ固定。
屋根骨組み
そうしないと波板を張ってから付けるとL金具とかで固定しないと
いけなくなり余計なお金が要ることに……
屋根完成
屋根に上がってポリカ波板を張りました。
完成です!
薪棚2号完成
半分以上の材料がリサイクルしたんでかなり予算は抑えれました。   
ちなみに買ったものは以下の通り
杉板 2000×150×30 4枚. 4800円
野地板 2000×130×12 4枚. 600円
屋根用角材 35×35×2300 2本 700円
ステンレスコーススレッド 100本くらい 700円
ブロック 8個   700円
塗料  1000円

筋交い、敷板(合板)、ポリカ波板はリサイクル

おおよ8500円ってとこかな。



ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ランキングに参加してます。ぜひ応援の一票お願いします!
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

| 薪棚づくり | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚1号の補修

薪棚2号をつくり進める中、1号の補修が過去できていないところを同時にすることにしました。
1号はすでに完成して6年経過していて、地盤の沈下が見てわかるほどに
なっていました。
数年前に一部補修をしたんですが、その時にできていなかった部分を
この機会におこないました。
その時できなかった理由は、薪がパンパンに積んでる状態で
ジャッキアップができなかったんです。
今回は2号がほぼ積み込み可能な状態になり、薪を逃がすスペースができたので一旦1号に積んである薪を2号に移動させることにしました。
そうすることで2号棚の積載量も把握できるので一石二鳥。

すると、2号棚の積載量は予想(体積計算)どおり1号の1/3程度ということがかわりました。
2号積載量
1号の補修は右前に傾いているのを直すことです。
水平計で計ると思ってるより結構傾いてます。
水平03
ジャッキで水平になるまでアップすると
水平01
水平02
5.5センチの沈下。沈下メモリ
処置としては5.5センチにカットした角材を挟み込むだけです。
今週末は屋根つくるぞ~
つづく
ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ランキングに参加してます。ぜひ応援の一票お願いします!
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

| 薪棚づくり | 12:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚2号 制作その4

骨組みが完成したので、一旦塗装を施すことにしました。

塗料は定番のキシラデコール。

ネット通販で4リットル7180円で買えたのはかなり助かりました。

店舗よりも安く買える時代をここ数年実感します。

今回コテバケで塗りました。

刷毛より安定して塗れるのでらくちんです。

コテバケでは塗りきれないところだけ刷毛でちょちょっと塗りました。

電動カンナかけのおかげで延びもよく経済的です。

マキタ 万歳!

棚台の骨組みの敷板に以前近所の建て売り住宅の建築時にもらった

廃材の合板を敷きました。コスト0円。

棚板の敷き板

やっと使えました。

薪として使えそうな端材をもらいに行った際に、ついでにもらったんですが、正直、合板は薪にはできないのでなにか道具箱でも作ろうかともらってきたのはいいのですが、余ってしまい手をつけることができず、困ってました。(汗)

風通しと若干の雨水の通りを考え少し隙間をあけました。

棚板はステンレスビスで留めてますが、一応経年劣化でもし、折れたりしたら崩れるので8ミリのステンレスボルトで固定しました。

ボルト止め

背面のフェンスより上部は野地板を鉋掛けした板を貼りました。

これでお隣さんに迷惑をかけることはないでしょう。

塗装完了

土台はブロックです。

ジャッキで水平を保ちながらブロックの高さを調整。

ジャッキアップ

奥の土台はブロック塀の上に載せてるんで沈下しないんですが

手前は土なのでいくら砂利などで固めても年数が経つとちょっとずつ

地盤が重みで沈下するので、やや手前が高くなるようにしました。

ちなみに薪棚1号は土台の束石の下にあなを掘って砂利を埋めて押し固め、モルタルも流し込んだんですが、

5年くらいで4センチくらい沈みました。

なのでジャッキで持ち上げて柱材を修理しました。

そんな経緯もあっての設定です。

とりあえずこれにて本体は終了です。

あとは屋根ですね

つづく

ブログランキングに参加しています!

励みになりますので応援クリックお願いします!
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ランキングに参加してます。ぜひ応援の一票お願いします!
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

| 薪棚づくり | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚2号 制作その3

各パーツが完成しました。
棚台はこんな感じ。
fc2blog_20160421100104be1.jpg


リサイクル材を駆使して強度アップ?しました。
これを2つ作成して上下に設置。
fc2blog_20160421100320cda.jpg

下の棚台は通気性と泥はねを考え、土台から25cm上げました。
fc2blog_201604211009422aa.jpg

歪み防止に斜めに筋交いを上下4ヶ所施しました。
fc2blog_201604211020051c2.jpg

これにて骨組みが完成。
fc2blog_2016042117095348a.jpg

つづく

ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!



最後まで読んでいただきありがとうございます!
ランキングに参加してます。ぜひ応援の一票お願いします!
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

| 薪棚づくり | 17:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚2号 制作その2

薪棚の材料はリメイク分のSPF材と杉板30ミリの荒材(150×2000×30)にしました。
杉板30ミリの荒材は幅150ミリなのでおおよそ半分の74ミリ幅に丸鋸でカットして使用。
2号棚は1号に比べると3分の1くらいの積載量かな~。(積んでみないとわかりませんが)

積載量を考えると支柱材は75ミリ角でも十分だったんですが、
ちょうど在庫がなくしばし思案。
こうなったらすべて杉板30ミリの荒材で行こう!

支柱は杉板30ミリ材をL字に組合わせて強度をアップ。
ボンドとステンレスビスでホールド。
L接合
横板はリメイク分のSPF材。
見えないところは鉋掛けしてません。(笑)
サイドはこんな感じです。
薪棚側面
荒材は未乾燥材なのでカットすると反りが半端無く発生しましたが、2枚の板を接合することでほぼ解決しました。
クランプ必須ですが…
つづく

| 薪棚づくり | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT