ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

我が家の大きな特徴

せまいぞ~

だれがどうみても第一に思うのは急勾配の坂と狭い道です。
これが最大の特徴でもあり問題点でもあります。

写真で私たちが立っているところが角になってます。
頂上になります。
下からあがると全くみえません。
100メートル以上ある坂なんです、

だから嫌がって誰も買わなかった土地だと思います。

古くからの家が立ち並ぶエリアで周りは
大きな敷地のお屋敷風のお宅がいっぱい
です。
同じ名字のお宅がたくさんあり、昭和初頭を感じさせる町並みです。

軽自動車でもぎりぎりの狭い道の上、
ちょうど我が家に曲がる角は
坂の途中にあり、しかも一見普通車でもいけそうにも
みえるのですが電柱や塀がセリ立っていて想像以上に
曲がりにくいんです。


このカーブさえなかったら……
何度も思いました。


しかし、結局のところこのカーブがあったから格安で土地が買えたんです。

普通の4メートルぐらいの道幅なら2~3倍はしたと思います。

わたしはどうしても予算の都合、土地にお金をかけれなかったんです。

土地代が高くて家の値段が低くなりそこそこの家で暮らすのがいいのか
それとも土地にはお金をかけず建物にお金をかけてこだわりをもって暮らすのがいいか
を天秤にかけると私はだんぜんこだわりをもって暮らすことでした。
土地にも建物にもお金をかけるといった選択はできなかったんですよね~

だからこの曲がり角とは慣れつきあっていくしかありません。

その覚悟をするには相当迷いました。
いろいろ迷った末に思ったことは
 

たしかに車の選択が限られ、
自由に使えないことは不便かもしれない。
けど車で生活するわけではないし車がないと
生活できない場所でもない。
駅までも徒歩圏内だし、買い物も徒歩5分。
自転車でいける距離には大抵のお店があり、
車の利用頻度はあまりなくてもなんとかなる。
そして全く車のない生活ではないということ。
軽自動車なら乗れる!

そう思うと何に固執してるんだ!と思いました。
車で生活するわけではないし…


当時私は1500ccの乗用車に乗ってましたが、
土地売買契約後、軽自動車に早速乗り換えました。


軽自動車の幅は約150cm弱です。
サイドミラーを開いた状態ですと180cmほどになります。

魔のこーなー

計算上でもぎりぎりです。
左右15センチしか空きのない道に慣れるのは
20年以上運転歴のある私でもドキドキです。

初めて車で行った時、何度か切り返しながらなんとか通過できたんですが
想像以上の厳しい道にかなり凹みました。
おまけにほっとした瞬間、サイドミラーをこすりました
コーナーを曲がりきっても数メートルは狭いんです。


我が家の敷地の前からはセットバックしますので広くなります。
それでも3メートルほどでしょうかね。

購入以来5度訪問しましたが、少し慣れてきました。

こすりません。ミラーはたたむことにしました。
まあ1年もすれば完璧に通過できると思い込んでいます。

そこの道を通る車はざっと8件ほどのお宅の方がいます。
みなさんしっかり車のバンパーは傷という勲章がついてました。

1台だけ1300ccの車があるのですが
未だにどうやって通っているのだろうって……

不思議で仕方ありません。
まあ住みだしたら見れるでしょう。ちょっと楽しみです。



最後まで読んでいただきありがとうございます!
ランキングに参加してます。ぜひ応援の一票お願いします!
 にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| わがやの特徴とこだわり | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/98-9a8b2a44

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT