ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

はじめてづくしの1日

地鎮祭

本日、朝9時30分から地鎮祭が行われました。
敷地には紅白の幕とテントが設置され、

わあ!すげえ!って
感じ。

雑草を刈りこまれてましたがほのかにハーブの香りが
残っていて清々しかったです。

親には初めてみせる土地でしたのでどきどきしました。
軽自動車でもきりかえさないとなかなか進入できない路地が
やはり気になったようです。

道の問題よりも住み方、生き方を優先しての選択でしたし、
KJ WORKSさん(工務店)の家がどんな家なのかは実際親はわかっていませんし、
口で言っても伝わらないのでできてから私のこだわった家づくりを説明したいと思ってます。
 
両親は多分、建売住宅のような家を想像してると思います。
理由は簡単。本物の木の家をみたことがないからです。

木や壁の素材の暖かさを感じてもたえたら
納得してくれるかな~って。


いまから楽しみです。

地鎮祭


地鎮祭の儀式ははじめての体験で段取りがわからず
神主さんの言ってることも理解できないまま進行。

かなりのご高齢の神主さんで足下もおぼつかない感じで
いつこけるかどきどきでした。
工務店さんが言うにはかなりじっくり丁寧に行った
地鎮祭だったとのこと。
1時間ほどかかりました。



地鎮祭後はご近所さんへ挨拶まわりを行い、
どんな方々が住まれているのかを知る事ができました。

やはりご年配の方がおおかったですが、みなさん
にこやかに迎えてくださってほっとしました。
私たち夫婦が一番若手だろうな~って感じ。


午後からは自宅にて4回目の打ち合わせが行われ、
家具や収納、キッチンなどの設備、照明の再確認など
行いました。

照明はやはり悩みます。大きさが把握できないので
なかなか難しいですね。
キッチン家具も予算がぎりぎりなので大幅な変更はしたくない
もののやはり使い勝手のよい選択をせざる得ない感じです。
その分、わたしの施主工事が増えてきます。
まあ楽しみだと思ってるのでできると思ってます。

夕方遅くまで打ち合わせが盛り上がり、
ほっと一息といいたいところでしたが夕食の準備に!

今日地鎮祭でお供えした大きな鯛が冷蔵庫に入ってます。
頑張って調理しないといけないので
鯛めしでもつくろうってことになりました。

が、うろこをとったり塩、お酒につけて臭みをとったりする必要が
あり、時間がなく、今日たべるのは諦めました。
今日のところは私が中華鍋をふりまわしてぱっぱと
焼き飯を作りました。スープは昨夜の残り物がちょうどありましたのでそれを頂きました。


今日の最後のしごとは鯛を3枚におろして
明日の料理のしたごしらえをすることでした。

鯛

あんな大きな鯛は食べたことありませんし料理もしたことありません。
出刃包丁をにぎり、うろこをそぎ落とし、3枚におろす…
今日1番の難関でした。

キッチンはあっというまにうろこが散乱するし、
生臭いし…。
鯛の骨は本当に固いですね。
必死で3枚におろしました。

大きな身ですので1枚は鯛めしに、2枚目は酒蒸しに。
そして頭や骨や尾びれはあら炊きにします。

料理がどうなったかはブログでまた書きます


がんばるぞ~!
スポンサーサイト

| 地鎮祭 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/91-2394241f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT