FC2ブログ

ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自転車用スマホホルダーにバッテリー装着

自転車の走行記録管理でGPSを使うアプリを使うと
バッテリーが半日も持たないので、
携帯バッテリーを常時繋いで装着するようにしました。
そんな状況用にバッテリーを装備した自転車用スマホホルダーが
売っているのは知ってるんですが、デザインが好みじゃない。
既に持っているスマホホルダーとバッテリーが無駄になる。
てな訳で、今使っているバッテリーとホルダーを使うのを
前提になんとかならないか色々やってみた。
最初にやったのは上着のポケットにバッテリーを入れて、
そこからコードを伸ばしてホルダーに装着したスマホに繋げる方法。
これでも充電しながら走行できたが、コードがお腹辺りで
ふらふらするのが気になるし、スマートじゃない。
もうちょっとスマートにしたい。
次にやったのは携帯バッテリーとスマホをつないだ状態で
両方ともにポケットに入れる方法。
落下もしないし、スマートなんだけどポケットに入れてるので
位置確認が即座にできないのと初めて走る道で
道案内してほしいときに見れない。
いちいち立ち止まって確認しないといけないのが面倒。
走り慣れたコースならOKですが。
続いて、携帯バッテリーとスマホをラップで
巻いて固定したものをホルダーに装着してみた。
安定していて雨が降っても大丈夫。
タッチ操作にも問題なく反応する。
しかし携帯カメラで撮影したいとき、いちいち外すのが面倒だし巻き直しができない。
あと、見た目貧乏くさい!
続いて携帯バッテリーとスマホを3ミリ幅の輪ゴム2本で
上下を固定。これなら着脱がすぐにできる。
しかし、ガタガタ道を走ると、バッテリーとスマホがゴムの伸縮で
隙間ができカタカタ音をたててうるさい。
走りに集中できない。
あと、これも貧乏くさいし、
ゴムがずれてくるし、ゴムがすぐに劣化してしまう。
ライドの度に以上のことをやりましたが、最後にたどり着いたのが、
100均でスマホケースとマジックテープを手に入れ、
バッテリーと固定。

着脱しやすく、走行中のカタカタ音がでないし、
振動や段差でも外れない。
カメラ撮影も着脱できるのでOK。
費用も216円と格安。
あとはUSBの差し込み口が角にあるので、固定爪に重なってしまい、
3点固定になってしまうので、
爪の一部を削り取りしっかり4点で固定できるように加工しました。

これでは差し込みできない。

切り込みを入れて

差し込み口が見えるようにカット

これで走りに集中できるかも。
あーあと、USBコードが長かったので20センチの短いものに変更しました。
やれやれ。
スポンサーサイト

| ライド日記 | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/769-82a5af1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT