FC2ブログ

ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シーズン中の煙突掃除!

ついに家の中が燻された!
今年は大丈夫かも!と期待してましたが
3月に入り煙突の引き込みが悪くなり始めました。
小枝や杉などに着火するも炎が広がらず
わずかに開けてる扉から煙がもくもく吹き出てくる。
ついに毎年恒例の煙突のてっぺんのと鳥よけ防止ネットに煤が
付着してしまった様子。
あと1ヶ月だったのに。
仕方なくブラシ片手に屋根に上がり掃除しました。
今回は大丈夫?どころか、いつも以上に煤が大量に付着していてびっくり!
煤とヤニが混ざっている感じ。
これはあかんわな~っ。
屋根の上で15分ほどワイヤーブラシでゴシゴシ!
今年はちょっと廃材の使用が多かったのと、
ここんところ少し乾燥し切れていないどうしても割れない節の部分の薪を無理やり
燃やしたのがダメだったんでしょうね。
薪ストーブ生活も10年になると薪を持っただけで乾燥してるかどうかは
わかってくる。
わかりながらもやっちゃうんだな~
薪棚に積みにくい形のものは特に邪魔なんで
フライングしちゃいます。
かさぶたふ剥がすみたいな感じかな。
やはり適度に乾燥した広葉樹オンリーが一番。
けど、そんなこと言ってたらここ大阪での
薪ストーブライフはやってられない。
みんな必死で燃やせるものを探している。
お金を払って薪を通販で買う気なんてさらさら無い!
送料なんぼかかんねん!
合板こそ燃やすことは絶対にありませんが、
割り箸から焼き鳥の串、かまぼこ板、アメリカンドックの軸などまで
捨てずにエネルギーにする勢いで
燃やせるものはかき集めてます。
ご近所さんにも声掛けまくってます。
大きなお屋敷が多いんで、桜や柿、楠から物置の整理とかしてたら出て来た木箱まで燃やして問題ないものは全ていただきます。
そんな心がけが実ってか、我が家には今シーズン消費してるにも
関わらず、薪棚は既に満杯。
ありがたことです。
それもこれもこの不便な場所のおかげですね。
ご近所さん!ありがとうございます!
感謝!
スポンサーサイト



| 薪ストーブ | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/763-02c003a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT