ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

我が家の特徴その4

我が家の構造材は狭小な道路事情もあって
通常の構造柱は5メートルなんだそうですが
4メートルなんです。


なんせ運搬が容易にはできないんです。
素人的には4メートルも5メートルも長いもんは長い!と変わらんように思えますが
その1メートルが左右するほどの狭さだということなんでしょう。

狭い道

そんな都合と予算の都合もありいろいろと工務店さんが悩んで
知恵を出して考案してくれた結果、2階の天井は勾配天井となりました。
家の高さは7.5mほどになります。

元々山小屋風な家にしたいというコンセプトでしたのでこの考案はすぐに受け入れできました。

ただ柱が短いので2階の部屋の屋根勾配の下がった位置が私の目線あたりになるんです。


解りやすく言えば、部屋の隅っこは頭が天井に当たるということです。
1.4メートルほどになります。
これにはちょっとびっくりしましたが、なんか子供心をくすぐりそうな造りだし
天井裏山小屋風だし普通じゃなくていいな~と思いました。
幸い我が夫婦、二人とも実は小柄なんです。なおさら問題なしかも。

屋根勾配が低いところの使い方は机を壁に向かって置いたり、
寝室の頭がくる位置になっていて立ったまま生活することがない様にレイアウト
され、
使い勝手には問題なさそうです。

なるほどな~と感心。考えられてるな~

ますます山小屋みたいで グ~!(ちょい古いか!)

そんな2階なんですが屋根勾配の一番高いところにはロフトも造ります。
結構な広さがあり、将来子供の寝室にしようと思ってます。2人分の布団はひけます。
ハイジのような気分を味わえることでしょう。
さすがに天窓はありませんが…。

しばらくは物置きもしくは、おしおき部屋です。


ちなみに木は土台基礎は桧で梁などの柱は小国杉です。
小国杉は少し特徴のある杉で木目が松っぽい感じです。
杉材にしては固めで丈夫です。

熊本県の木です!

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| わがやの特徴とこだわり | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/74-87332b7f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT