ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わがやのメダカたち

昨年の春に妻がパート先の方からもらってきためだかの稚魚。

最初は肉眼でもなかなか確認できないくらい小さくて、
数を数えるのもひと苦労でした。


多分6匹いました。


夏になるころには1センチ弱くらいになりました。

しかし、6匹だったはずが5匹しかいないようで。


数え間違いかな~?


もうここまで大きくなったら共食いはしないだろうということで、
近所のショップで成魚のめだか4匹を購入し、瓶から水槽へ。

全部で9匹。



その後、すぐに買ってきためだかが卵を産みました。


連日の産卵を秋まで繰り返し、40匹くらいの赤ちゃんがふ化しました。
同じ水槽では飼えないので小瓶やペットボトルを切った容器、海苔の空き瓶などなど
方々に分けて育て、なんとかこの冬を越し、
大きくなったんでこの春に大きな水槽に戻しました。


小分けにしていた際、酸素不足になるので水草をそれぞれに入れていました。
その水草を1つにまとめてザリガニの水槽にぶっこんでいたんです。
             ↑
ザリガニも8匹飼ってました!(今1匹しかいないけど)
すると、

ある日ザリガニの水槽に稚魚の姿を見つけました。




えっ!


まじで!



やばい!
この水草、ザリガニ食べよるし


この水草に産卵してるんだ!とわかり
あわててザリガニを別室に移動。



そして数週間。

この初夏に40匹の赤ちゃんが誕生しました。

つまり、孫です。

こいつら小さいのに卵産むんだ~とびっくり。


なので我が家には今、80匹くらいのメダカがいます。
1年で20倍 3世代


最初に貰ってきたメダカはざんねんですが、今2匹ですが生きてます。
買ってきたやつ4匹は健在。

たぶんですが雄が黒めだか、メスが楊貴妃系の雑種です色は淡いオレンジ。の子孫です。

黒メダカは古来からいる基本種、楊貴妃は人工的に交配されてできた品種

この2種が交配するとどんなメダカが産まれるんだろうと
楽しみにしてました。

で、待ちきれずいろいろ調べたら、すべて黒メダカで産まれるとのこと。

な~んだ



そんなわけだったんですが、実際は1割くらいは黒ではなく薄いオレンジ色のやつも産まれました。


[広告] VPS



確率は10パーセント。


生まれたんはいいんだけど、水槽が増えるので、世話が大変だ~


ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

| なにげない日記 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/672-4758d049

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT