ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウッドデッキのリニューアルの前に その2

作業台兼テーブルソー作成のつづき
前回、天板に丸鋸を取り付けたのですが、ちょっと問題が起こりました。
ほんのわずかにですが天板(コンパネ)の外枠に対して平行がとれていませんでした。
いまさらやり直すには不可能。あらたに違う場所にずらしての作り変えになる。
しばし思案。。。。。。。。
テーブルの端から端(90センチ)のずれ幅は約3みり。
というのも
天板の外枠を利用した治具を作ろうと思っていたので
それができなくなる。
簡単に言うと直角・水平が取れていないってこと
あ~~~~~~
この微妙な数値を無視するとあとあとの仕上りに問題がでてくる。
仕方ない やりかえだ~
と思いましたが、
このまま微妙にずれたまま続行することにした。
というか外枠は基準にするのは諦め、
微妙にずれた角度にあわせて治具づくりをすすめました。
まずはメジャーの張り込み。
貼った時に天板をフラットにするため、メジャーの厚み分の0,3ミリの溝をトリマーで掘りました。

これをしておかないと材木が引っかかたり、メジャーの目盛の印刷がすぐに擦れてはげてしまうんです。
セッティングメジャーという貼付けできる目盛テープを購入し貼りました。(逆目盛仕様)

つぎに治具用のレール溝の加工。
L字のアルミレールを利用。
トリマーでL字の短い方の辺の長さ+両面テープの厚み分の長さの
溝を掘りました。

途中、ちょっとトリマーの勢いに負けて脱線し、こんなことに

まぁ、アルミレールを貼るからいいか~
10ミリのストレートビットなんでちょっとずつずらして4回にわけて
の作業なんですが、結構木屑がでるし、平行を計るのが
難しく、レールの幅ぴったりにしないといけないので
相当慎重に時間をかけました。
2本の溝をテーブルの両サイドに掘り、
15ミリ幅のレールを対面に2本あわせて両面テープで固定。


30ミリ幅のアルミ板(3ミリ厚)をこのレールに滑らしますので
アルミの厚み分各1ミリ 計2ミリの隙間があいてしまいます。

これでぴったりです。
このアルミ板に垂直に板を取り付け短辺用の治具の完成。

これで2×4材などの板材のカットは楽になります。
今回の目的であるデッキの長い板の製材をするには
この治具ではことたりないので明日にでも
長辺をカットするための治具づくりをしたいとおもいます。

つづく
ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ウッドデッキ製作 | 22:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT