ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウッドデッキのリニューアルの前に その1

我が家のデッキも7年が経ち、傷みが進んできました。
特に雨水がかかり日差しのきつい物干デッキの傷みはひどいです。

床板は青苔が生えたり、塗装が剥げたり。
おまけにネジが錆びて朽ちてる部分もあります。

リビングデッキ側は、屋根があるのでそこまで
傷みはないですが、床板の乾燥が進みししすき間が広がったり塗装がはげたり。



耐久性に優れた高いデッキ材は予算の都合で買えなかったんで
メンテナンスはマメにしないといけないんですか、ここ4年はできてません。

もうこれ以上放置してしまうとヤバイことになるんで
リビングデッキ側をカフェ風にリニューアルすることにしました。
柱の色をグリーン系に変え、床材も張り替えます。

といっても今回も予算が無いので床材は今のやつをカンナ掛けし、幅も少しカットし
反りや曲がりをなくすように製材しなおそうとおもいます。
使えるものはとことん使います!


材質はサザンイエローパイン。
厚みが25ミリあるのでカンナかけしても全然問題無し。

結構曲がりがあるものもあり、乾燥が進み隙間が広くあいてしまったり
しているところもあったりして不細工でした。
すき間が広がり一番困るのは細かいネジやボルトなんかを落とすと見事に吸い込まれて無くなります。
なので今回は隙間は3ミリにします。一般的には5ミリくらいなんでしょうがね。



てなわけで製材しないといけないので電動丸ノコを利用した
テーブルソー兼作業台を作ろうと思います。

置きっぱなしの作業台ではないので解体してコンパクトに収納できるように
考えました。

足はソーホースブラケットを使って作成。2×4材を切って挟むだけ。
アメリカ人の考えそうなアイテムです。
天板はコンパネ。
箱状に加工

このあたりは後日ほどくわしく。

丸ノコはプレートに4か所穴を開けて


6角ボルトで固定。
Edit
天板側は鬼目ナットを打ち込みました。

ノコ刄の溝を入れて完成です。


基本作業台として使うので取り外しできる仕様です。

今日はここまで。

つづく


ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ウッドデッキ製作 | 10:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/663-7ab2566c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT