ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悪戦苦闘の机作りその1

昨年末から作り始めた勉強机が先日やっと完成しました。
その悪戦苦闘ぶりをふりかえって綴ります。
もちろん我が子の机です。

大きさは?色?高さと色々悩みました。
学習机らしくなく大人になっても多目的に使えるものにしたいんですが、
子供の意見はテレビコマーシャルで映る学習机みたいなんがいい~
なんていいやがる!
あんなん作って~と言われ、こちらは困惑。
あんなんでいいんやったら作らんと買うわ!
なのでこどもの意見はほとんど聞き流し
すこしだけ要望を取り入れる方向で構想するも
なかなか捗らない。

まず、幅や長さ、厚みを検討。
すでにこの段階で悩みまくりました。
大は小を兼ねるということわざがあるので
子供用という概念はとっぱらいました。
学習机の一般的なサイズは幅90~100で奥行き50~70cm。高さは70cm。
ですが、幅は長くとり、奥行き60cmにしました。というのはパソコンを置くことになるからです。
天板の材質はパイン集成材の板ではちょっと芸がないんで、そこはちょっとこだわり、一枚板に!
と思いましたが、値段が相当高くなるのであっさりあきらめました。

ネットで探すと手頃な値段の板を近隣の材木屋で見つけたので、
さっそく現物を見に行きました。
結局見に行ったものと違うものをチョイスすることになりましたが
個性的な板材と出会うことになり、値引きもして貰えるとのことで
桧とブビンガの集成材にしました。
幅1470ミリで厚さ45ミリあるので重厚感はばっちりです。
奥行きは720ミリありましたが600でカットしました。

テーブル材前
桧とブビンガのコントラストがちょっと有り過ぎな気がするのでステインで色塗りしたんですが、、、
つづく
スポンサーサイト

| 木工製作 | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/627-71331b34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。