ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

梅雨が来る前に

我が家の菜園の植え付けがほぼおわり
あとは収穫を待つのみとなりました。

今年のラインナップは
トマト(中玉/フットボール型)、プチトマト、長茄子(九州産)、加茂茄子(京都産)
ピーマン、オレンジパプリカ、メロン、きゅうり、ゴーヤー、ミニカボチャ(坊ちゃん)
枝豆、土佐しょうが、みょうが(自生)、大葉(自生)
葉もの、根菜はほうれん草、スイスチャード、ミックスレタス、ミニ大根
ルッコラ、三つ葉

これだけの品種の中でもなかなか思うようにいかないのが
トマトです。

やり始めた時は土の養分の比率が良く、堆肥を混ぜ込むだけで
かなりの豊作でした。

ここ数年、窒素分が多く偏ってしまった我が家の畑は
葉ものはいいのですが、実のなるものの数が減少気味です。

特にトマトは茎や葉が立派に育ち、実が少ないのです。
それとトマトは極力水を与えないほうが甘くなるので
管理が難しいんです。

いままで雨よけのビニールカバーをつけたり、地面をマルチと
ビニールで浸水を防いだりといろいろやりましたが、
大雨のあとはほぼ実が割れる現象が起こります。

完全に雨の影響をうけないビニールハウスでやらない限り
限界があるのは当然なんですが、できるだけ雨を避けたいんです。

というわけて今年はちょっと大きめの屋根で覆うことにしました。

トマト栽培屋根01

支柱とビニールシートを駆使して畳1畳ほどの屋根を作成。

トマト栽培屋根02

ビニールのたるみが起こりにくくなるように、紐を張ったり……


しましたが………



数日後、強風にあおられただけで崩壊しました。
傾斜が緩やかすぎたせいで、雨水も流れず留まり大失敗。


てなことで、慌てて策を練り直し、梅雨が来る前に
なんとか第2号が完成しました。

屋根01

トンネル栽培で使うふわ〜んと曲がるアーチ支柱を利用。
ビニールに透明テープで貼付けました。

それを結束テープで縛り付けました。

屋根がアーチ型になったので雨水が溜まることは
なくなりました。

が、樋がないので雨水が垂れて微妙にトマトの苗の端に落ちます。

これでもかなり直接雨水が当たることはないので多少の防御にはなってるのかも
しれませんが、雨水は避けたいものです。
なんとかしたいな〜。

しばらく様子みま〜す
スポンサーサイト

| 菜園 | 01:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/613-92ad2044

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT