ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木製プランターづくり

友人宅の菜園づくり第2弾として
木製プランターをつくることになりました。

盆栽棚を解体してできた廃材はまだまだ残っているので
それを利用するのが大前提。

以前自宅用に木製プランターを作ったことがあるのですが、
木に直接、土や水が触れると自然の法則で木は腐食していきます。

直接土を投入していたわけではなく、植木鉢ごと入れて使っていても
どうしても腐食は否めず、4年目に底が抜けてしまいました。
軒下に置いていたらあと数年はいけたとおもいますが……
底に穴を空けて水の逃げ道を造っていたんですが、限界があるようです。


どうにかならんかな〜と
ネットでいろいろ調べるもプラスチックプランターのカバーとして作成する
事例が多く、なかなか参考になるアイデアが見つかりませんでした。
腐食は仕方ないというのが前提のようです。


なので、今までの経験を活かしたアイデアを考えてみました。

①まず底は木じゃなく耐久性のあるプラスチックにする。

②側面内側は直接土が触れない工夫をする

③廃材を利用し、予算はできるだけ抑える。

④野菜用なので大きく深く。


そんなことを思いながらホームセンターをうろうろ〜うろうろしていたら、
いいものを発見。




育苗コンテナです。
はじめて目にとまったアイテムです。
種まき、挿し木、挿し芽用に使うものみたいです。

大きさと強度もばっちり!もちろん値段も。
サイズは514mm×348mm×77mm 178円(24苗用)


IKUBYOU_20150518231832963.jpg



これを底につかおう!



てなわけでこのコンテナのサイズに合わせて
廃材をカットし、囲みをつくりました。


木製プランター01


底は四隅に合板を張って落ちないようにしました。

多分ここに負担がかかるので予算があれば、金具で支えをつくるのが
いいかもね。

木製プランター02


側面内側は当初の計画では養生シートを使おうかと思っていましたが、
お金もかかるので肥料などの袋を2重のままホッチキスで留めました。(タッカーがないので)
このビニールは直射日光を長く浴びると劣化がはやいですが、水分には強いと判断しました。


木製プランター03

これで直接土が木枠に触れることがなくなりました。

2015-05-17 14.50.05

袋のビニールの劣化さえ気をつけていれば
長く使えるのではないかと思ってます。

最後に再度塗装して完成です。

木製プランター

スポンサーサイト

| 園芸 | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/610-14c57f25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。