ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

友人宅の盆栽棚をリメイク!

ゴールデンウィークもおわりを告げるこのころ、
我が家の菜園を彩る夏野菜の植え付けもラストスパート!

そんな時に友人からある依頼が届きました。

5年近く前にその友人宅の盆栽棚の制作を依頼され、
無事完成!

その時の様子はこちら

あれから5年

当時、ご健在だった友人のお父さんは2年前に他界され、
趣味の盆栽を世話する手がなくなり、庭は荒れ放題。
盆栽はあっと言う間に枯れてしまいました。

その後、盆栽棚の役目はないまま、生き残った草木が
飾られていましたが、ほぼ放置状態。

そんな状態をなんとかせねば!と
相談され、菜園計画が浮上。

せっかく作った盆栽棚なんでそのまま活かした状態で
菜園にできないものか?との意見もあったのですが、
棚のままだと草花を植木鉢に入れて飾るのはいいのですが、
菜園となると、大きく底の深いプランターが必要となり、
棚に置くと見栄えも悪く高さもかなりのものになるので
そのまま使わず解体し、リメイクすることを提案した。

しっかりとした木材に防腐ソート剤を施した上に、オスモカラーを施して
いたので5年たっていても全く腐っていなかった。

ステンレスコーススレッドを使っていたことも結果オーライで
錆もなく解体作業は順調でした。

1時間ほどで解体は完了!
その後は頭の中にある設計図の寸法どおりに木材をカット!

ここからが、大変だった。
数十年棚の影になっていた地面はシダや苔が生え、土は粘土質。

水はけが悪いので土壌改良しないといけない。

とりあえず、2時間以上かけて耕し、ひとまず有機石灰を施し、
レイズドベッド(木枠)を組みはじめたところで
1日目が終了。

その5日後、レイズドベッド(木枠)組みの続きから再開。
レイズドベッドを組みが終わると、土壌造り。

耕しただけでは改良にはならないので
腐葉土、鹿沼土、牛糞堆肥を同量投入。そこに化成肥料と我が家でできた草木灰を混ぜ込み
汗だくで撹拌し、レイズドベッドの底に鶏糞を枠の際に沿って施しました。

そして撹拌した土を埋めもどし、黒マルチをして完成!

fuji_saien.jpg


丸2日かかりましたが、なんとかリメイクポタジェ完成!

私が5年間で体験した菜園造りのノウハウをすべて投入。
これでうまく育ってくれて、たくさんの収穫ができればいいんですが……

来週には野菜の苗、花の苗、種を買ってきて完成させます!



スポンサーサイト

| 畑仕事 | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/609-db5e33ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT