ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チューリップの植え付け

今日は朝から子どもと二人でチューリップの球根を植えました。

先週、カンナの移植を終えかなりすっきりさせた花壇の手前をチューリップで
埋め尽くしてやろうと思います。

例年は品種も色もバラバラで配置も適当に植えるのですが、
いろいろとチューリップについて調べてみると
品種や色ごとにスポット的にまとめたほうが映えるとのことでしたので
今回は集中させる植え方にしました。

あと球根を掘り起こす際にどうしてもスコップで
傷つけることが多かったのを回避するために
囲いを設けることにしました。

チューリップ囲み

材料はポリカの波板の端材を10センチ幅にカットして
ゴムハンマーで叩いて地中に埋めました。
こうすることで品種の管理もできますし、掘り起こす際にもスコップを入れる
位置に目処が立つので被害が軽減するのではないかと思った次第です。

チューリップ球根配置

球根は少し狭い間隔にしボリューム感がでるように
配置しました。

こうした囲みを4ヶ所つくり、品種ごとに植えました。
花壇手前にはムスカリ、パンジー、ビオラを配置し、
チューリップの囲みと囲みの間にはアリッサムや桜草を植えました。

冬の間も少しは華やかにしたいと思います。



スポンサーサイト

| 園芸 | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/520-f45afb93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT