ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どうにもならない火災事故

友人の実家が先日、火災で半焼しました。
火元はお隣さんの台所らしい。
こうした被害にあうことを「類焼」というらしいのですが、
初めてしりました。

出火元がお隣さんということで人的な不始末が原因だと思われるので
もちろん、そのお宅の責任なのですが、
よくよく話をきくと

どうも失火責任法という明治32年に制定された古い法律があり
賠償責任は法律上ないともいえるらしい。

なんとまあ納得のいかない法律なんでしょうか?

もちろん加害者となってしまった場合は都合がよいのですが、
そんな被害を与えてしまった以上、法律に基づいて賠償しないで
平然と過ごしていけるわけもなく、
近隣との関係はぎくしゃくするだろうし
普通の人ならもうそこには住めないとおもいます。
今の時代に適合するのかどうかの判断は難しいですが
聞けば聞くほど納得のできない法律でした。

友人の実家の被害はおおよそ1千万。
老夫婦にとってこの負担は地獄です。

仏間が全焼したとのことで、仏壇はもちろん
貴重な品々もすべて失ったとのこと。
気の毒でした。

今の法律上、自分の家は自分で守れ!ってことなのです。

子どものころからよくお邪魔していたお家。
私にとっても思い出があるお宅の家事はショックでした。
我が家も火災保険に加入してますが、そこらへんの条件を再度確認しておく必要があります。

これから乾燥が進み火災も増える季節、
我が家はオール電化なので直接火を扱いませんが、
少し前に天ぷら油の鍋から出火したことが1度あります。
換気扇の高さまで炎があがり、嫁さんはかなりパニクったらしいのですが
大事にはいたらずすみました。
暖をとる薪ストーブは火を扱い、煙突内が火災する恐れがありますので
そこらへんも十分に気をつけないといけないところです。
だから先日行った掃除はちょっと念入りにしました。

あとは放火です。
我が家は薪が山ほどあるのでこれを燃やされたら
おわりです。
庭に塀もなく出入りが簡単なのでちょっと考えたら怖いです。
けど、オープンだから人目につきやすいとうメリットもあります。
そこらへんは難しいところですね。
お隣の犬がベランダにいるので吠えてはくれるでしょうが、
不在時におこったらどうしようもない。
防犯、防火対策も考えないといけないな~と思った事件でした。
とりあえず、防犯ライトでもつけて対策してるアピールをするだけでも
効果あるのかな~と思ってます。
スポンサーサイト

| なにげない日記 | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/509-d95abca9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。