ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

煙突掃除2011

先日の体育の日の恒例行事といえば、我が家は煙突掃除です。
青空広がる気持ちのよい中、行いました。

まずは、炉内を分解し、下から覗き込んで煙突の管が見える状態にします。


そこに煤受けのビニール袋をガムテープなどでセットするのですが、
炉内は煤で汚れている状態ではまず、くっつきません!
なので一旦分解後、徹底的に掃除するのが筋なのですが、
かなり面倒。手は真っ黒になるし、なかなかとれないし、
細かい微粒子の煤が飛び散り部屋が汚れる恐れがあることです。

炉内掃除は煙突内の煤落としが終わった後の1回でおわらせたいものです!

なのでちょっと今年は考えました。

庭に転がっている廃材を利用して
炉内に入る木枠を作りなした。

木枠

コンビニ袋をセットし、
下からつっかえ棒を押し当てて
煙突の入口部分に密着!

 

煙突入口部分の表面に凹凸があるので完全密閉という訳には
いきませんが、くっ付きにくいガムテープよりは安心できていい感じ。

完全密閉を目指すなら木枠にすきまテープでも貼れば
よりいいと思います。結果しだいで
来年までにバージョンアップさせますが。


これなら汚れたままでもセットできるし、掃除機は1回ですみます。

そんなひらめきではじまった2011年の掃除。

屋根に上がってすることは煙突トップ部分を外し、
その部分だけを持っておりて掃除することです。

煙突トップ
ねじは6ヶ所ありますが、上の3つだけ取ればトップは外れます。ねじを外す時に注意しないと
落としたらもうおしまい!なのでドライバーの先は磁力を付けておいたほうがいいかも……



トップ内部に鳥が入らないように金属のネットが張ってあるのですが、
そこが目づまりすると空気の引き上げが弱くなり、逆流してしまうので
入念に煤落としをしなければなりません。

今回は見たところネットの目が詰まるほどは付着しておらず、
ワイヤーブラシで軽くこする程度ですみました。

それが終わると煙突内の掃除です。

6本のロッドを1本ずつ繋いでゴシゴシ!

30分ほど頑張って取れた煤はこんだけ

煙突掃除炉内

しっかりチャッチしてました。
煤の散乱はみられません!

一応成功です。

煤
こんだけとれました。

昨年もこんなもんだったかな~。

私のやり方はちょっと手抜きかもしれませんので
100%信用しないでくださいね。
けど、トップ部分の掃除が肝心なのですが、
そこんところはきちんと掃除してるんでまあ問題ないとは思います。


これにて準備は整いました。

あと1ヶ月後もすれば薪ストーブライフがはじまります。

スポンサーサイト

| 薪ストーブ | 23:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

炉内に入る木枠ナイスアイデアですね。
来年はつっかえ棒も折り畳み式に装着されていたりして。

私が今年引っ越した先の薪ストも
そろそろ掃除が必要なのだけれど、
炉内がすごいことになっていて、
いつネタにしようか悩んでいます。

| ヤキトリオ | 2011/10/18 10:13 | URL | ≫ EDIT

紺ちゃんへ

> 炉内に入る木枠ナイスアイデアですね。
> 来年はつっかえ棒も折り畳み式に装着されていたりして。
ありがとうございます。
紺ちゃん!さすがですね。折りたたみ式のつっかえ棒とまではいきませんが、
ちょっと考えてました。詳細は内緒ですが……

先日、炉の中顔をつっこんで煙突の中をのぞいてみたら
完璧に掃除できてました。
手抜きとおもったけど完璧でした。
紺ちゃんも覗いてみたらどう?

| ハーブの丘のプーさん | 2011/10/24 20:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/508-17c2e1b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT