ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

今、実はほしいものがある。

あ~やっと今日で仕事納め!

掃除しにいったようなもんやったな~今日は。
しかし今年はさむ~おますな~。
こんな時は家でのんびり熱~いコーヒーなんかいいね。

それと、日本ではありえないかもしれないが薪ストーブがほしい
この秋に体験してからというものすっかり本気でほしい物になってしもた。

機具、設備、施工を考えると車が買えるくらいはかかるらしい。もちろん煙突もいる。
暖炉といってもいろいろあって薪を燃やすタイプとペレットといって
木くずを固形に固めた燃料とある。
ペレットは乾燥させているので煙りはでないらしいです。
水分がない燃料なので着火効率もよくかなり温かいとか。

薪は最初は煙りがでるらしいんですが、高温になってくると
不思議とでないといってました。木の管理状態によりますが。
雰囲気は最高ですね。

そんな非現実的なものをほしいのには理由があります。
まずは、エアコンやファンヒーターの温かさとは比べ物にならないくらい
心地よい温かさがある。ほんと温かいです。
それと視覚的にも炎をみることでなんか癒される。
エネルギーが自然資源であること。
電気代がかからない。
少し優雅さをあじわえるってところでしょうか。


デメリットももちろんある。
ワンタッチですぐに温かくはならない。多少時間はかかる。
とはいっても意外と簡単に着火できるらしいです。
火を直接扱うので危険を伴う。
薪やペレットなどの燃料の調達と管理。
扱える人員が制限される。(子供やお年寄りは危険)
メンテナンス面

昔の暮らしのように大きな家で大家族で、場所や人手には困らないのなら
設置も管理も問題はなさそうですが現代の小家族化の時代には正直難しいのが現実です。
マンションでは無理ですね。一軒家ならではの設備です。

デメリットとメリットを比べてみての結果、暖炉を選びました。

アウトドアでの焚き火や炭の温かさは体感したことありましたが
室内では初めて。ずっとそばから動けない自分がそこにいました。
すっかりハマってしまいました。

もともとエアコンやファンヒーターはもあ~っとしている温風で、
どうもあれが苦手だったのでなおさらです。
小学生の時に家でも使ってた石油ストーブの温かさは好きです。カ~と熱いやつね。
やかんなんか天板の上に置いたりして、時にはお餅や干し芋を置いて調理もできたり…
けど石油臭くなるんですよね。

家が狭くってもいいのでそんなこだわりのある暮らしを目指して来年もがんばります。
薪ストーブ預金でもしようかな~
スポンサーサイト

| 薪ストーブ | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/36-ee4c530a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT |