ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

秋の味覚 その2 がんばる水茄子!

我が家の菜園も10月に入り秋冬野菜に衣替えしました。
そんな中、5月から頑張って育つ水茄子だけは未だ衰えしらずで育っています!

初夏の頃まで順調に育ち、いくつかの大きくて立派な水茄子ができました。
ところが真夏になると害虫の発生が盛んになり、葉っぱはみごとに食いつくされ
無惨な状態に。実もなんかまずそうな色合いになりました。

それでもめげずに虫(テントウムシダマシ)とカメムシをせっせと手で取り除いてました。
しかしながら虫の発生と共に実の付きも悪くなり衰退の一途をたどってました。

そんな時、テレビ秋茄子を楽しむには今が大事!だという対処法を知りました。
対処法は思いっきりが大事!
  • 大きく広げた枝は半分くらいのところでバッサリ剪定する。(花がさいていてもおかまいまし)
  • 2.根元から半径20cmくらいのところにスコップを20~30センチ差し込み、根を切り、そのスコップの隙間に化成肥料をいれる。
この作業をすることで秋茄子が楽しめるとのことでした。

我が菜園には3つの茄子の苗がありました。
長茄子、賀茂茄子、水茄子の3種。

すべてにおいて剪定しましたが、どいうったわけか
長茄子、賀茂茄子は花はさけど実がならず、結局失敗におわりました。

そんな中、水茄子の勢いは他を圧倒し、枝振りも凄く大きくなってました。

ところが、花はいっぱい咲いているのですが実にならない!
はずれなしの茄子なのに…

他の茄子と同じ具合です。
そんな状況が数週間続きました。

枝振りも良く、弱ってる様子はなかったのですがが、
その分、栄養がかなり分散してるのかと思い、
ここにきてさらに大胆に2度目の剪定をしてみました。

ボリュームでいえばさらに半分くらい切りました。
そして追肥をほどこしました。

すると、1つだけふっくら実になりはじめました。
お~できた!

水茄子250g 

1つで250gありました。まあまあサイズです。
初夏に採れたやつはこれよりでかかったです。



しかしその後様子を見守るも、あとが続かない。花はいっぱい咲いてます。

秋になり虫が減ったので受粉ができてないのかな~と思い、庭先にあった
ペンキの刷毛でこちょこちょしました。
この作業は朝8時くらいまでにやるのがいいそうです。

すると!


数日後、一気に膨らみはじめました。

きた~!

やっぱり受粉させないとあかんのか!

今現在、6つの実がついてます。



連なってなる茄子3兄弟です!
秋茄子3兄弟 
諦めずに取り組んでよかったです。

1苗58円の水茄子くん!野菜が高騰してるんでもう少したのしませておくれ~
今年は秋茄子が楽しめそうです。
スポンサーサイト

| 畑仕事 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/346-eea5c76a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT