ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

メンテナンス

今日は、雨だったので薪棚製作はあきらめ、床のワックス掛けをおこないました。

1階フロアは昨年秋に行いましたので今回で2度目となります。

子供が小さいので食べこぼしや飲みこぼし、よだれ等で結構しみになったり
おもちゃを落としたりした傷あとが絶えず、困り果てる反面、諦めも半分でした。

今日はたまたま義妹さんが来てくれたので子守りをしてもらってる間に
夫婦ふたりで蜜ろうワックスをかけようってことで急遽がんばりました。


傷が目立つところはランダムサンダーで少し研磨し、
凹凸が目立たないようにしてからのワックスかけです。

写真でもはっきりわかりますが、研磨したところはくっきり色が変ってしまってます。

床研磨

床研磨02

けどこれはワックスをかけると全くわからなくなるので
ご安心を!

消えます!


床の色ですが、家具を移動させると無垢の木ならではの変化に驚かされます。
特に移動する機会がないテレビボードの下の床の色は入居の時のままですが、
その他はほどよい飴色に変化しつつあるのがよくわかりました。

今回2階フロアーは初めてのワックス掛けでした。
1階と2階と我が家は木の種類を変えました。

1階は樺(広葉樹)2階は赤松(針葉樹)です。

2階は子供があまり遊ばせないことから汚れはすくないのですが、
木が柔らかいので少しものを落としただけで凹み傷がつきます。
そんな傷あとがあちこちにありますが、節目がある床材にしたので
あまり気にはなりません。

ほぼ1年ぶりのワックスかけとなったのですが、色の変化にびっくりしました。
床材自体が日焼けして濃くなってきたせいもあり、ワックスを施したところと
そうでない所の差が一目瞭然です。

黄昏ワックス3月
画像の左半分がワックス掛けしたところです。

昨年のはじめてのワックス掛けの時は
その差がわかりにくかったんですが、今回はよくわかりました。

昨年のワックスかけの日記はこちら

とりあえず、全ての部屋を行うことは無理でしたが、蜜ろうワックス部分のメンテナンス終了です。
のこりはキヌカでワックスした部屋を残すのみとなりました。

キヌカと蜜ろうワックスの違いはこの1年経過をみていましたが、
全く差がわかりません。
またキヌカを塗ってから経過の報告をしたいと思います。
スポンサーサイト

| メンテナンス | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/298-91850aa2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。