ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハっとした!

新しい生活がはじまってから自分の気持ちに少し変化がありました。
それは挨拶です。


顔見知りのご近所さんにするのはもちろんですが、家の前をいつも歩かれている方や、通勤途中いつも同じところですれ違う方、毎朝ウォーキングされている方などに積極的にあいさつを心掛けて来ました。
自分から声をかけ、時には雑談もしたり…。
そんなことは以前の暮らしではあり得ませんでした。
そんなことができるようになった理由として、わが町は古い町並の丘の上ということで人も車もその近辺に住んでいる方しか通りません。
私たち家族はこの町では新入りです。
積極的な行動で地域に馴染む必要があります。

まあ同じ町内のご近所の方々です。どこにお住まいかわからない、名前も知らない、そんな関係ですがいつも顔をあわせる方には人として挨拶しています。

気持ちのいいもんです。

そして今日。

ハっとさせられました。

3才ほどの子供から挨拶をされたのです。

毎朝その子とは公園付近の細~い路地ですれ違っていました。もちろんお母さんと同伴ですのでお母さんとは挨拶は交わしていたのですが、その子には特に声をかけていませんでした。

その親子は多分保育園に向かっている途中なんです。
考えてみればわかるのですが、保育園でも挨拶は必ずしているでしょうから、声をかければできていたはずなんです。
ただ、子供から知らないおじさんに声をかけるというのはかなり勇気がいることです。
そこをわたしは分かっていませんでした。


今日お母さんに挨拶すると子供からも挨拶をされ、どきっ!としながらも
「おはよう!」を返事をすると
子供は返事してくれたことが嬉しかったみたいで
喜んでいました。
この挨拶でわたしも子供さんも少し成長したのではないかな~と思う朝の一幕でした。
スポンサーサイト

| 新生活 | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/246-b85e0d14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。