ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大掃除 その1

この前の日曜日に大掃除を行いないました。
我が家の今後の計画では年2回行うそうで……
年末はしないです。
寒いし忙しいし……
帰省もあるんでね~。

新しい家とは言え、普段あまり掃除の手がまわらないところは
汚れますし、気になるところが盛りだくさんでした。

子供が小さいので哺乳瓶をくわえたままうろうろし、
あげくにまき散らし、
よだれも垂れ放題


そんな感じの毎日なので掃除しても無垢の床はシミだらけでした。
そのほか水まわりは気をつけていたものの、やはり湿気や水滴が残ることもあり、
木の表面が荒れ、無垢の床はかなりザラつきがでてしまってました。

このまま放置すると汚れが染み込む可能性もたかくなるので
やばいな~って感じでした。

以前1度ワックスをかけたのですが、しばらくするとまた同じようなザラつきがでて……


まずは窓磨きとサッシを念入りに!

窓磨きはほとんどしていなかったので雨水の跳ね上がりの汚れが結構ついていて
想像以上に時間を要しました。
拭いても拭いても跡が残るし…

天気が良すぎたせいもあり、洗剤をつけて水拭きしたところが
すぐに乾いてしまい、白く跡が残るのも難儀でした。

窓掃除は曇りの日がいいそうです。

空拭きしても時すでに遅く、とれない~。

そんなこんなで同じところを何度も拭くことになり
サッシの溝掃除も含めると3時間も格闘してました。

網戸汚れは特にひどかったので意外に苦戦!
しかも外したかったのですがどうにもこうにも外れないし……
仕方なく両面から濡れ雑巾でサンドイッチしてゴシゴシっとやりました。

そんなやり方でもまあまあとれましたけど……


その後、床掃除へ

まずは水まわりのザラつき解消に着手。

ここぞとばかりにデッキづくりで買ったばかりのランダムサンダーの登場です。

ランダム01

ザラつきの原因は水分のせいで木の気孔が開いてしまうことなので
ワックスをそのままかけてもあまり効果がありません。
一旦紙やすりで表面を軽く慣らすだけで見違えるほどツルツルになります。

今回は特に汚れはないので320番のペーパーで磨くことにしました。
汚れがひどい場合は60番~120番あたりかな。

ランダムサンダーの威力は絶大でした!
あっという間に磨き完了!

その後掃除機をかけ、蜜ロウワックスを掛けました。

するとなんということでしょう~!(ビフォーアフター風に)

ランダム04


ツルツルピカピカ!です。
ざらつきも無くなりました。なんだかしっとりしてるし……
潤った~って感じ。

わ~きれいになった~と見とれてしまいました。

その後1階のすべての無垢床をチェックし、気になるシミやザラつきのあるところは
ランダムサンダーで磨きました。

結構しんどいぞ~。
けど、頑張った分だけきれいです。

そして一通りの作業が終了!

やれやれ!

と思ったら、


嫁さんが「洗濯機の下はした?」

私「え!?」
「重たいから両サイドは掃除したけど下はしてないよ~っと。」

嫁さん「排水口の掃除せなあかんねん!工務店さんがたまにしてくださいね~って言うてたし…」

私「え!?」

仕方なく完璧に磨きあげた洗面所でしたが、洗濯機を動かしました。

そしてわずかな隙間に太った身体をねじこみ
排水口の掃除&床磨きも完了。

やれやれ……




と思ったら事件が起きてました。

ピカピカに磨いた床に洗濯機の底のゴムの跡が至るところに……

ランダム02


このゴムの跡、水拭きではとれません。
重い分しっかり奥まで汚れが密着してるんです。

わちゃ~
わちゃ~
わちゃ~


最悪や~


あ~あ!


ランダム03
ショックです!
なんやねんこのゴム足!

その後、またもやランダムサンダーの登場となり、
ピカピカに磨くのでした。

あ~つかれた!

あのゴム!みなさん要注意ですぞ!
キャスター付のすのこを敷くといいみたいですが
引っ越し後のバタバタで製作を怠ってしまった結果です。
今後の課題ですね。
とりあえずボロ布を四隅に敷いておきました。

ほんとやられたわい!

ちかれたな~。
スポンサーサイト

| 新生活 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/238-83f6887c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT