ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

生命力ってすごい!

我が家の菜園は今、プチトマトの成長がずば抜けて進んでしまい、
大変なことになってます。
整枝作業には気をつけていたつもりでしたが、初心者の私の目はまだまだ未熟なので
完璧にわき芽とりができていなかったせいで、
2苗が6苗くらいのボリュームになってしまいました。

枝と枝が重なりあってこんがらがってしまい、このままだと自滅しそうです。
どの枝にも,もう実がなりかけているので切るに切れない状態で
困ってます。

となりに植えた茄子はやや日陰になり発育がちょっと悪い気がします。

えらいこっちゃ~

そんな時、園芸雑誌をみていると、大きく育ってしまったわき芽は、
切って水に浸けると根が生えてくると書かれていました。


へ~ そうなんや~


ということは株を分散できるってこと?!



てなわけで迷いはなくなり早速、1本だけ切ってみました!

1本ではあまりかわりないんですが、とりあえず実験です。

本には1時間ほど水を吸わせて、土に差しておくだけで
株分けができるとありました。


早速そのとおりやってみました。



が、、、


土の状態が悪かったのか、日に日に弱っていきました。
浅めに横に寝かす感じで植えるのがポイントだったので
その通りやったのに……


なんや!枯れてきとるがな……
せっかく花も咲いていたのに~

引っこ抜いてみると
根もでてません。

やられた!あかんやん!


そして、その枯れ弱ったわき芽をだめもとで
ペットボトルに水を入れて日陰に差して置いておきました。

すると1週間後………














根がでてる~!

トマトのね

す、すげ~~~!
すげ~生命力!枯れとったのに!


野菜づくり初心者のわたしにとっては
驚きでした!


ここでふと思ったんです。
生命の限界すれすれに液肥を与えてたくましく育てる永田農法
ってこんな感じなんかな~って。

ストレスたまるだろうな~……
死にかけるまで水くれない!っていうのをずっとくり返すんだからな~

実はこの春にテレビで永田農法という栽培方法を知り、
引っ越ししたばかりで手入れの行き届いていない
痩せた土地だった我が家にはもってこいだ!と安直にやってみようかな~って思ったんです。

いろいろと調べてみると、永田農法が推奨する「住友液肥」や
珪酸カルシウムが要ることがわかりました。
早速、近所のホームセンターをあたってみたのですが、見つけることができず………

初歩の段階でつまずいてしまい
今年は時間がないので興味はあるものの見送ることにしたんです。

しかししかし!

今年は諦めた永田農法ですが急遽実験的に開始します。
もちろんこの復活したわき芽くんをスパルタ栽培します。

液肥は住友液肥の実もの用(チッソ(N):リン酸(P)カリ(K)=10:5:8)
の成分比であれば別メーカーのものでもいいという情報をゲット!

買わなくてもすでに使っていた液肥が2種あったのでそれを代用してできないかな~と思って
成分比をみたらチッソ(N):リン酸(P)カリ(K)=6:10:5でした。
かなり比率が違ってました。どうやら花用だったみたいです。

ん~ん残念!

要はいかに飢餓状態の時に液肥をうまく与えるか?です。

さてさて一度死にかけたわき芽くんはどんな復活をするのでしょう!
楽しみです!

とりあえずは水やりも控えめにして
過酷な環境づくりにはげみます。
住友液肥は今週末にでも買おうかな?売ってるお店見つけましたので…

現状はこんな感じです。
トマトの苗永田

浅めに寝かして植えるのがポイントみたいです。
プランターでの栽培にします!

完全に根付いてます!
スポンサーサイト

| ガーデニング | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/189-5cd0e777

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT