ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

我が家にはもってこいの永田農法

今日、「紳介の深イイ話」というテレビ番組をみていたら
興味深い話が紹介された。

それは農業研究家の永田照喜治(てるきち)さんが開発した
永田農法”と呼ばれる野菜の栽培方法です。

くわしくは番組HPへ
http://www.ntv.co.jp/fukaii/episode/090427/05.html


わざとやせた土地で育て、水や肥料を極端にやらないでいいのなら
我が家の庭なんて最高の条件かも~って。

急いで畑を作らねば!と思っていましたが、
この方法なら庭に適当に苗を埋めるだけでいいはず。

よし!実験だ~!永田農法が事実なら我が家の現状の庭でも出来るはず。

早く苗をゲットせねば!

うまいトマトができるはず!
永田農法「極上トマト」をベランダで作る (カッパ・ブックス) 永田農法「極上トマト」をベランダで作る (カッパ・ブックス)
(2003/02/25)
永田 照喜治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| なにげない日記 | 00:16 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

no subject

永田農法に向いている品種と、
向かない品種があります。
また、永田農法は、水・肥料などを
厳密に管理する農法です。
プランターなどだったら、管理も容易ですが、
地植となると、話は別です。
最低、客土として砂を大量に投入することはしなくてはいけません。
また、永田農法に向いた品種は、
市場にあまり流通されていませんので、
種から育てなければいけません。
なぜなら、向いている品種と言うのは、
原種に近いもの、野生種に近いものとされているからです。
庭に畑を、と思われるなら、
入手しやすい品種を、育てられるように、
時間をかけてでも、土作りをされたらどうでしょうか?

| むぎわら帽子 | 2009/04/28 13:11 | URL | ≫ EDIT

no subject

永田農法・初めて聞きました~。
極めたら、おもしろいかも??でも厳密に調べたら難しいのかな~??

うちもやせ地っぷりには自信があるんだけど(笑)


↓デッキ制作の様子はどうですか~
参考文献はサイドバーの本ですか?
うちも裏庭にほしいのです

| いち | 2009/04/28 22:48 | URL |

no subject

むぎわら帽子さんへ
やはり、なんでもかんでもっていうわけにはいかないんですね。
今年は土づくりは間に合わないのでプランターでやってみます!
風とおしと陽当たりは最高の土地ですから!

| ハーブの丘のプーさん | 2009/04/29 23:31 | URL |

no subject

いちさんへ
デッキの製作は束石と塗料が用意されただけで
引っ越し後に本格始動します。
設計図(めっちゃ手書きの適当なものです)も書かないといけないし、構造材の調達も未だです。板材は工務店さんで
調達して、現在倉庫に保管してもらってます。
サイドバーの本はすべて私の所有するものです。
手作りウッドデッキもレンガワーク入門もこれから
手放せない相棒です。
デッキづくりも随時日記に掲載します!

| ハーブの丘のプーさん | 2009/04/29 23:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/152-346e5825

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT