ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

忘れないうちに左官作業のポイントを!

我が家か施主作業として左官を行いました。
工務店さんからはここまで広い面積の壁を自分たちで
実践した方は今までいないのではないでしょうか!!
とびびらされながらも、自分の腕を信じてチャレンジしてやろうと奮起しました。

実際行ってみた中でいろいろと思うことがありましたので
今後、チャレンジされる方への参考になればと思い
忘れないうちに施主左官作業のポイント!(タナクリームの場合)を書き留めておこうと思います。


その1.養生をする前に…

●木枠のほこりを乾いた刷毛でよくはらい、きれいにします。
ほこりがひどい場合は水に塗らし固く絞った雑巾で軽く拭いてやると完璧です。
ほこりが残った上から養生するとしっかりくっつかずはがれてきます。
貼り方があまいと隙間からにじんで木枠を汚しますので注意です。


その2.養生はしっかり!

養生テープを壁から2~3ミリあけてマスキングします。(タナクリームの場合)
しっかり押さえてはらないと浮いてくる場合もあるので注意!
※紙製の養生テープは浸透する可能性があるのでできればビニール製をお薦めします。
紙製でも水を弾くタイプのものなら問題ないですが…。

素人作業ですので思わぬところに落としたり垂らしたり飛ばしたりしました。
安全を考えて木枠全体を覆い隠すようにするのをお薦めします。
私はそこまでしなかったせいで木枠や柱にいっぱいシミを作ってしまいました。

特に足元の木枠にはタナクリームをぽたぽたと落としたりするので厳重にした方がいいです。
マスカーという商品があるのでそれを使うと便利です。
ホームセンターで簡単に手に入ります。

漆喰が木枠についた状態でほったらかすと黒いシミができるので注意です!
浸透してますからペーパーをかけても消えません。
私はそんなことも知らない状態で作業してましたのでシミだらけにしてしまいました。
美装作業で大工さんに手間をかけさせてしまうこととなりました。
ある程度気にならない程度まで磨きをかけてもらえたので助かりましたが…



その3..養生テープ付近はしっかりと塗る。
端っこは塗りが甘くなりがちになり隙間が空いたりします。
端っこをしっかりと塗り付けることで出来映えの印象はかなりあがると思います。
端っこががたがただと面がきれいに塗れていても汚くみえます。
我が家の場合、気づいたのが遅く、私以外が作業したところは
結構ガタガタになってしまいました。

左官悪い例


その4.面の選択

もし一部分だけ施主工事にする場合ですが
廊下や玄関など小さな面で角が多くあるようなところは塗りにくいので
大きく障害物の少ない面を選ぶほうが楽です。
大きな面は大変そうに見えますが塗りやすいので楽です。
細かいところはプロに任したほうがいいです。
我が家は廊下は苦労しました。
とくにダクト部分は手が届かないので結構アバウトな仕上げになりました。

左官ダクト


その5.タナクリームは朝と夕方とでは粘度がちがってきます。

夕方は少し塗りにくくなります。(同一缶使用の場合乾燥するので)
ざらつきを感じたら、コップに半分ほどの水を足してよく撹拌すると
朝の状態に戻ります。
しかしあまり水はいれ過ぎないように注意してください。
入れすぎるとかなり液体化してしまい、塗りにくくなりますし、
乾くと逆にざらざらしてしまいます。

ほんの気持ち程度の追い水にしてください。

これはメーカーは推奨してません。
わたしが行った経験から言えることです。
塗りにくいな~と感じたら行ってみてはどうでしょうか。

保証はできませんのであしからず…


その6.左官コテについて

私は今回の為に大奮発してプロ使用?のものを買いました。
とはいってもホームセンターで買ったものです。

コテ

軽くて薄いので疲れにくく、しなりがあるので塗りやすかったです。
最初は高い買物だと思いましたが、今やなくてはならないアイテムです。

その7.壁の途中でやめてはいけない。

大きな面を1人で作業すると時間がかかります。
時間がかかると乾燥が進んでしまい、手直しが
できなくなります。

数人で分担して同じ面を作業し一気に1面を終わらせるほうがいいです。
手直ししたい所が見つかっても乾いてないので失敗しなくて済みます。

私はみごと失敗しましたので塗り直しした面もあります。

その8.手荒れ予防にビニール手袋を!


塗っている時にどうしても手や服につきます。
手に付いたままほったらかすと石灰ですので
カサカサになります。

台所で使うビニール手袋や作業用のビニール手袋が便利です。


その9.塗り方は大胆に大きな扇を描くように!

プロの作業をしばらく見させていただきました。
扇を描いてました。見よう見まねでやってみました。
結構うまくできましたよ!


以上です。
他にも質問等ありましたらお気軽にコメントくだされば
わかる範囲ですがお応えいたします。


ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
 にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 施主工事記録 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/130-7c028338

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT