ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

急がないと!施主支給工作品!その1

先週のデッキの塗装に始まり、支給品の準備する中、
施主工作作業として本棚の製作に取りかかりました。

私としてはもう少し時間があると思っていたのですが
スケジュールをたててみると「や、やばい!」ことが判明。

来週と再来週は左官工事です。
1日にどれくらい進むのか、そして技術力の程は?

かなり不安ですがやるしかないんですがね。


2週間時間をとられると本棚作りはできそうになく…

3月の末までに完了検査を受けてローンの手続きや登記などもしないといけないとのことですから
早くつくらないと検査できません。

施主製作の本棚は完了検査には関係ないように思えますが、
実はこの本棚は2階の吹き抜け部分の壁でもある本棚なんです。

だから壁がないと駄目ってことなんです。そう考えるとやばいってことです。

そんな状況となって先週末に慌てて設計図を書いて、材料の検討にかかりました。


壁兼本棚のサイズは
2600ミリ(長さ)×1000ミリ(高さ)×300ミリ(奥行き)です。
結構大きなサイズです。

材料に関しては少し悩みました。
2階の設置場所の床は赤松です。

赤松床材に合わせた雰囲気でないと…

といっても素人ですからホームセンターで扱う木材しか選択の余地がない。
集成材かSPF、杉、檜など

パイン集成材での製作はいままで何度も経験があり
図面をおこしてカットさえすればあっという間にできます。

しかし、今回はあえて集成材は敬遠しました。
見栄えはいいのですが、もう少し手作り感が欲しい!

そして私が選んだ木材はSPF(2×材)です。
かなり安価で手に入って加工しやすいのが最大のメリット。

しかし、プロからいわせるとこんな木材で家具は作れない!

まあそういった意見も当然わかった上での挑戦です。

数年前に買ったDIYの本を参考に作ることにしました。


2×材でつくる木のインテリア―週末に楽しむカンタン木工 2×材でつくる木のインテリア—週末に楽しむカンタン木工
(2004/10)
WOODY STYLE週末工房編集部

商品詳細を見る

この本のいいところは手軽な素材を使っていろいろな
ものを作る楽しさを案内してるところです。
実際、現状工房などない環境ですが作れちゃいます。



というわけで材料調達してきました!



SPF材を使うことでまず大事なこと

その1 材料の選びです。

この作業はかなり大事です。
適当に買ってしまうと作品の出来映えがかなり違ってきます。

木材選び01

このように山積みされたところから選別作業開始です。

木材選び02 木材選び03

このようにささくれたようなものや破損したり変色したりしてるものは
排除します。


木材選び04

樹液で空洞になっているものや節の多いものは避けます。


あと、捻れや反りも見極めます。

結構捻れたものは多いですので要注意です。
私は30分以上かけて選んできました。
今回は在庫が少なかったですが写真写る木の80%はチェックしました。


その2 カットは効率よく

選別がおわると図面に割り振られた寸法どおりにカットしてもらいます。

できるだけ作業効率をあげるため同じサイズのものは1度でカットしてもらいます。
そのほうが何度もカットするより誤差も生じにくいメリットもあります。
おじさんも喜びますし、カット代も要りません。

※私の場合はホームセンターの会員なのでカットは無料でした!


木材01  
今回の材料です。

さてさてこれがどう本棚にかわっていくのでしょうか?


つづく

最後まで読んでいただきありがとうございます!
ランキングに参加してます。ぜひ応援の一票お願いします!
 にほんブログ村住まいブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| 施主工事記録 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://m2coppi.blog92.fc2.com/tb.php/106-855e2916

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT