ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

奇跡の遭遇 最終章

朽ちた部分をさらにほじほじすると、

お!


なにやら黒いものが見えました。

キマワリ?
植木鉢の下によく居る生きてるか死んでるかよく
わからない動きの鈍いやつです。
それともカミキリムシ

カミキリムシの幼虫は樹や竹の中によくいますので

カミキリムシだ!




ん!…………



ん〜〜〜!!??


めっちゃちっちゃい!
25ミリくらいかな〜



なんじゃ?




けどなんか2本 短い顎がある〜〜〜

これはもしかして………



まさか〜と思いつつ、部屋に戻り早速ネットで
調べる調べる!

するとそれは

コクワガタのメスでした〜〜〜

なんという遭遇!

まさか雄を捕まえた場所から2mくらいしか
離れていない朽ち木の中にいるとは!

まさかの発見にびっくりしました。

こんなところで越冬してたのか、ふ化したのか。

晴れてペアになることができました。

クワガタペア

さぞかし雄のテンションも上がることでしょうね。


今週末は娘と一緒に朽ちた木をケース内にセットし
卵を産める環境づくりをしてあげたいと思います。

邪魔者のカナブンは逃がそうと思います。


まさかこんなところにいるなんて誰も思わないし、
たまたま気になってほじくり返したらそこにいてるなんて
奇跡の遭遇といしか言いようがありません。

2匹そろって毎晩餌を食べてます!
卵が生まれるといいのですがね〜
スポンサーサイト

| なにげない日記 | 21:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奇跡の遭遇3

1匹だけのクワガタ飼育はどうも淋しい。

こういったものの飼育は数匹飼って
餌の取り合いを見たり、戦わせたりして遊ぶのも楽しみのひとつ。
子供の頃、カブトムシにミニカーをひっぱらせたり
クワガタと無理矢理戦わせたりしたもんです。

かといっていい歳のおっさんがそんなことは
もうどうでもいい。

けど、娘は触れないけどやりたいみたい。


一応、ネットショップでクワガタのメスが売ってないか
調べるもコクワガタのメスだけは売ってない!

基本メスは子供には人気がない!
今の時期カブトムシのメスなら単独入手も簡単ですが、
コクワのメスはあまりにもレアです。
希少という意味ではなく
そういった売り方はなかなかしていないんです。

しかもシーズン前ということもあって雌雄セットでも
売り切れの表示。
ホームセンターを見てまわるが売ってない。


娘は早く山に取りに行こうよ!と
毎日のように言ってくる。

が、どこに行ったら良いのかも
検討つかず。


近くの山か森から飛んできたと想像するに
ここは枚方市。
多分国見山方面かな〜

2kmはあるな〜

そんなに飛ぶのかな?

家の近くには昔からある樹木が人の庭にあったりもする。
森のようなお宅もある!その可能性もあるが
不思議です。


1匹じゃ可哀想なんでとりあえず庭に飛んでくる
カナブンを数匹仲間に入れ、
ついでに畑から出てきた幼虫も2匹ほど入れました。

カンブンはかなり活発で日中でもケース内でぶんぶん飛びます。

パパ〜カナブンがうるさい〜〜
と言うのでやんちゃなやつは逃がしました。

カナブンをいくら飼ってもなんだか納得できないまま

そんなこんなで1ヶ月近くが経ちました。


そんなある日………

≫ Read More

| なにげない日記 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奇跡の遭遇2

翌朝、容器をのぞくとクワガタは見当たりません!

土に潜ってるんだな!と小枝でごそごそ〜

ごそごそ〜

ごそごそ〜〜



ごそ!!!




探すもいない。

え!




逃げた!?


すげ〜
あれだけ補強したのに〜〜〜


前回飼おうと試みたときも逃げられたので
我ながら学習能力がない!と痛感

け、けど!かなり縛ったで〜〜

前回は2.3日室内で逃亡し、ある夜、天井から降ってきた!

この部屋のどこかに潜んでる!
まあそのうち見つかるかな〜と………

なにげに箱を持ち上げると

≫ Read More

| なにげない日記 | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

奇跡の遭遇1

毎週末、庭で土いじりや日曜大工をしていると、
思わぬことに出会うことがあります。

ひと月ほど前、プランターを作っていて設置しようと
したら、くわがた虫を発見!

薪棚の薪にしがみついていた。
雄のコクワガタ


5月だというのになんで?
あっそうか。2年生だな!越冬したんだ〜と感心。

なんか男っていうのはこういった昆虫をみると
童心にもどってしまい、なんだかテンションアップ〜

子供にみせると虫嫌いな我が子もなぜか興味津々。
触れるのは拒否られましたが、

このクワガタ なかなか売ってないし、
買ったら1000円くらいするかもよ〜
って言ったら、じゃあ飼おうよ!
だってさ!

さすが大阪人の子供だ〜と感じた一瞬でした。


クワガタが我が家に飛来してきたのは今回で
4回目

はじめての飛来のクワガタはこちら


いままではなんだかんだ逃がしてました。

今回は意外にも子供がくいついたので飼う事にしましたが、
容器もえさもがありません。

とりあえずアイスが入っていて発泡スチロールの箱に畑の土を投入し、小枝と落ち葉を設置。
蓋がないのでは寒冷紗で被い紐で縛りました。

が…

≫ Read More

| なにげない日記 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏野菜の収穫がはじまりました。

我が家の菜園はポタジェに変更し2年目。

そんな中元気なものとそうでないもの、
やはりいろいろあります。

今年一番の収穫を迎えたのは加茂茄子。ぷりっぷりで丸い茄子が
鈴生りです。
茄子は煮てもよし、焼いてもよし、揚げてもよし。
優等生ですね。

茄子0619


すでに先日いただきました。
やはり毎度のことですが採れたてはうまいっすね。

あと1ヶ月もしたら茄子はてんとうむしだましという害虫に襲われ、
実も減り、真夏は休憩モードになります。
それまでに、リン酸肥料を与えて花をいっぱい咲かせて収穫量を増やそうと思います。

そして今一番勢いのあるのがミニかぼちゃです。
3本の支柱を立て、空中栽培にチャレンジ中。

高さ150cmを超え、しかも葉がたくさん茂りたくさんの花が咲いています。
庭の道路に面したところに植えているので
ご近所さんや通りかかった人の目をひいています。
我が家のシンボルとなりつつあるミニカボチャはいまのところ
6個程の実が大きくなってきています。
坊ちゃん0619

順調にきてるな〜とおもっていたら
今日、うどんこ病になってる所を発見!

原因は風通しだと思います。
葉がかなり多く繁り密集し、地面は影になり
湿気もこもりがちでした。

なので薬を噴射すると共に、色が黄色かかった葉や密集が激しい
部分の葉は取り除きました。
しばらく風通しを意識した管理をしようとおもいます。

最後にミニトマトですが、実は徐々に下から赤くなり始めました。
上部はまだまだ青いですが、昨年よりは実付き量は良さそうです。


プチトマト0619

水は切らし気味で、たまにリン酸の液肥をたっぷり与えるように
しています。

7月になるころには真っ赤になってるかな〜
たのしみです!

| 菜園 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蘇れ!ブルーベリー!

我が家にブルーベリーの苗樹がやってきたのは今から
8年前。
ちょうど子供がまだお腹の中にいたころに
吉野山にドライブに行った帰り道の大和郡山の花屋さんで
たまたま購入したものです。

最初の2.3年は苗樹も小さいながらも数個の実をつけていました。
実の大きさは思っていたよりも小さかったんですが、
それなりに甘かったのを覚えています。

しかし………


育児や引っ越し、仕事のことなど
いろいろあってここ5年、肥料もあたえず放置していました。

野菜栽培とは違い樹木なのと、酸性土を好むという
ちょっと特別な性質が私の心をなぜか遠のかせてしまってました。

植物は正直です。
手をかけなくなると実も激減し、かなり小粒に……。
ここ2.3年はもうだめかもしれないな〜と思う時もありましたが、
細々と生きてくれてました。

あまりに気の毒な我が家のブルーベリー。
きちんと育てていれば8年も経てば立派な樹になっていたはず。

なのに1つの鉢に2つの苗を植えっぱなしで8年も放置していたせいで
どんどん力を失って、いまにも枯れそうです。

ブルーベリーA
ブルーベリーB

シュートは出てないし、弱々しい。


てなわけで、鉢分けの時期はとっくに過ぎてしまってますが、
このまま育てるのも可哀想なので、一か八か6月にやってみました。

ごらんのとおりのつる系の雑草が蔓延っています。
雑草つる


恐る恐る、株を分けました。
鉢分け


想像以上に根は張っておらず、むしろ雑草の根がかなりまわってしまってました。



用意したプランターは育苗コンテナ12苗用のサイズに合わせて作りました。
350ミリ×265

土はピートモス6 鹿沼土3 庭の土1の割合で配合。
肥料は有機肥料 窒素4 リン酸7 りん2 のものを元肥として混合。

配合土


芽の出ていない古い枝はカットしました。


ブルーベリー株分け

しばらくはこの新しい環境でどのように育ってくれるか様子を見守って行こうと思います。
今年は実を付けるのは難しいと思うので
来年には立派に育ってくれるようにしたいです。

蘇れ!ブルーベリー!頑張ってくれ〜

| 園芸 | 01:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

友人宅の菜園のその後

先月初旬に着手した友人宅の菜園がようやく完成しました。

以前の記事はこちら

あれから仕事の合間をみては足を運び、
苗をうえたり、種を蒔いたり、
ネットを張って、
プランターを作ったり……
仕上げは砂利を敷いて完成です。

野菜のチョイスはほぼお任せされたんですが、
我が家とかぶらない品種を選びました。

フルーツトマト(中玉)、ミニトマト(イエロー)、水なす
万願寺ししとう、きゅうり、バジル、ラディッシュ、チャイブ
ルッコラ、ホウレンソウ、チンゲンサイ、サラダレタス、大葉

菜園リニューアル


壁面のブロックがかなり昭和なかんじなのがちょっと残念ですが、
以前の盆栽棚があったころから比べるとかなりすっきりしました。

残念ながらチンゲンサイはモンシロチョウの幼虫に食われまくって
哀れな姿になってました。
虫よけネットしないとやはりこの季節はあきませんね〜


玄関前のスペースは木製プランターを3つ作成。
棚に使っていた厚み38ミリもある材を使っていますので
早々、朽ちることはないはずです。
底は100円ショップで65センチプランターの受け皿を購入し、ドリルで30箇所くらい
穴をあけて軽石を敷いて排水できるようにしています。

木製プランターの底

友人の希望どおり、緑のカーテンのゴーヤとイエローパプリカを植えました。

玄関前


若干彩りがないので私のアイデアで緑のカーテンに朝顔を数本とフレンチマリーゴールドを植えました。

完全に私にとって第二の庭となり、管理が大変だ〜〜

| 菜園 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅雨が来る前に

我が家の菜園の植え付けがほぼおわり
あとは収穫を待つのみとなりました。

今年のラインナップは
トマト(中玉/フットボール型)、プチトマト、長茄子(九州産)、加茂茄子(京都産)
ピーマン、オレンジパプリカ、メロン、きゅうり、ゴーヤー、ミニカボチャ(坊ちゃん)
枝豆、土佐しょうが、みょうが(自生)、大葉(自生)
葉もの、根菜はほうれん草、スイスチャード、ミックスレタス、ミニ大根
ルッコラ、三つ葉

これだけの品種の中でもなかなか思うようにいかないのが
トマトです。

やり始めた時は土の養分の比率が良く、堆肥を混ぜ込むだけで
かなりの豊作でした。

ここ数年、窒素分が多く偏ってしまった我が家の畑は
葉ものはいいのですが、実のなるものの数が減少気味です。

特にトマトは茎や葉が立派に育ち、実が少ないのです。
それとトマトは極力水を与えないほうが甘くなるので
管理が難しいんです。

いままで雨よけのビニールカバーをつけたり、地面をマルチと
ビニールで浸水を防いだりといろいろやりましたが、
大雨のあとはほぼ実が割れる現象が起こります。

完全に雨の影響をうけないビニールハウスでやらない限り
限界があるのは当然なんですが、できるだけ雨を避けたいんです。

というわけて今年はちょっと大きめの屋根で覆うことにしました。

トマト栽培屋根01

支柱とビニールシートを駆使して畳1畳ほどの屋根を作成。

トマト栽培屋根02

ビニールのたるみが起こりにくくなるように、紐を張ったり……


しましたが………



数日後、強風にあおられただけで崩壊しました。
傾斜が緩やかすぎたせいで、雨水も流れず留まり大失敗。


てなことで、慌てて策を練り直し、梅雨が来る前に
なんとか第2号が完成しました。

屋根01

トンネル栽培で使うふわ〜んと曲がるアーチ支柱を利用。
ビニールに透明テープで貼付けました。

それを結束テープで縛り付けました。

屋根がアーチ型になったので雨水が溜まることは
なくなりました。

が、樋がないので雨水が垂れて微妙にトマトの苗の端に落ちます。

これでもかなり直接雨水が当たることはないので多少の防御にはなってるのかも
しれませんが、雨水は避けたいものです。
なんとかしたいな〜。

しばらく様子みま〜す

| 菜園 | 01:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たまねぎの収穫 2015

昨年11月末に植えたタマネギが育ち、
葉が8割くらい倒れたので収穫となりました。

たまねぎ収穫01


品種は中生種。
いままで早生種しか挑戦していなかったんですが、
なんとか無事にそだちました。

昨年の早生種はかなり大きく育ちご近所のおばさんたちには
かなりの好評価をいただきました。

今回は………

たまねぎ収穫02


68点って感じです。
というのも、大きなもの(一般流通してるサイズ)は全体の20%ほど。
中くらいのもの(7センチ未満)が65%
小さな物(5センチくらい)15%

とう立ちした苗は1本のみ
育たなかった苗も1本

分けつした苗は2苗
たまねぎ収穫03

50束の苗を2つ購入し数えたら108苗あり、
結局ほぼすべて玉ねぎになったので成功!といえば成功かもしれませんが
今回は大きさがちょっと小さかったように思えました。

これは早生と中生の差なのかな〜

100個以上あるので年内は買わなくてよさそうです。
なのでしっかり乾燥させて風通しのよい
日陰で保存したいと思います。

いろいろ調べたら葉っぱをつけたままの方が良いみたいです。

それと、今回初挑戦したんですが、
玉ねぎの葉の青いところを選んでちょっとずつカットし、
ボール一杯分を採取。

その葉ねぎでネギ焼を作ってみました。
我が家で言うネギ焼はお好み焼のキャベツの代わりに
ネギを使い、生地はかなり少なめで
ポン酢でいただくやつです。

本物のネギほどパンチがないので
大葉を少しいれたところGOOD!(嫁さんのアイデア)

香りがたって、あっさり美味しくいただけました。




| 菜園 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |