ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

あ~しんどかった~

実は私、ちゃっかり子供からもらったインフルエンザに感染し先週の金曜日の夜から
調子を崩し、土曜日の夜から本格的に悪化。
午前中に病院にいって検査してもらったけど症状がでてから時間があまりたっていないこともあり
陽性反応でインフルエンザとしては断定してもらえず……
けど、子供も同じ病院で同じ先生なので感染してる可能性はあるな~と言われたものの
検査結果が陽性だから………

てなわけでタミフルはもらえず漢方薬で様子をみることになってしまいました。

日曜日は休診。あ~タイミングが悪すぎる。

結局、悪寒、熱、鼻づまり、頭痛で寝てはいるものの睡眠できず
土日月をすごし、やっと火曜日朝に熱も37度台まで下がり、午後からは平熱に回復。
峠を越えました。

あまりに天気がよかったので久々に外の空気を吸おうと
庭にでてみました。

すると

≫ Read More

スポンサーサイト

| なにげない日記 | 00:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インフルエンザB型が蔓延

我が子がインフルエンザに感染して1週間が経とうとしている。
しかし高熱状態はいまだ衰えず、体力を消耗してしまい
ここ2日ほどは特に元気がない。
食欲もなく寝込んでる。
夜になると咳こむことが多く、うなされてる。
大事にいたならいことを祈るばかり。
さっき氷枕に新しい氷を入れてあげた。

いま、熱が下がったのか、すやすや寝ている。
そろそろ峠を超えてほしいもんです。

いつになったら暖かくなるんだろう。
今夜も寒いな~。
元気になったらお外で遊んでやりたいな~

| 子どものこと | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大きく育ってしまった小松菜

もうすぐ春です。
我が家の庭は今、各草花が冬眠から目覚め色づきはじめ、
葉野菜のとう立ちがはじまり春の兆しをみせてます。

白菜、大根、かぶ、ブロッコリー、水菜、小松菜、ほうれん草、サニーレタス
を育ててますが、中でも小松菜がものすごいことになってます。

小松菜0318


昨年の秋の時点では青虫にやられまくり、ほぼ壊滅じょうたいで
食べるところがないくらいだったんですが、冬になり青虫や夜盗虫がいなくなってから
知らない間にどんどん成長してしまい、食べきれず放置してました。

あまりにも育ちすぎた葉っぱは60センチほどまで大きくなり、
芯も太く、葉は青臭くなってどう見ても小松菜にはみえません。

ご近所のおばさんにも「これ何?」と言われる有様。

嫁さんも手をつけなくなってしまっていたビッグ小松菜。
題して大松菜

週末となればわたしが作るチャーハンの具としてちょこちょこ食べてましたが
せいぜい葉っぱ1.2枚しかつかいません。
なので見た目全く減った感なし。

どうにかならんかな~とネットで調べたら
漬け物に使えると発見。

どうやら大きくなった小松菜は歯ごたえもしゃきしゃきしていて野沢菜とにてるらしい。


確かにチャーハンに芯の部分を刻んでいれた時、味がわさびのような辛みがちょっとあり
漬け物にできそうな気はしてました。

これは大量消費できそうだ!と
さっそく、大きな葉っぱを10枚ほど収穫し、漬け物にしました。

ん~~ん

これはいける!
確かに野沢菜みたいです。

塩と唐辛子ベースですこしだけ浅漬けの素(粉末)を入れて漬けました。

少しだし醤油をかけて白胡麻なんかふりかけたら白ごはんが進む進む。
葉っぱ2キロほど収穫して3度に分けて漬けこみ、友人や会社の仲間にお裾分けしました。

それでも全体の1割ほどしか減ってないんですよね~。

だから今日はキムチの具材にしようと試みました。
昨日、仕事で鶴橋付近に行ったのでコリアンタウンで韓国人のオムニがいる店で
キムチの素をゲット。
作り方をその場で伝授していただきました。

キムチの素以外は材料はすべて自家製の野菜たち。
白菜と小松菜、大根、カブをつかいました。

通常白菜漬けは半分に切り、白菜の葉を1枚づつめくってキムチの素を塗り込んでいく
作業がお店での作業らしいいのですが、家庭で漬ける場合
予め食べるサイズに切ってしまうほうが簡単ですよってオムニにアドバイスされました。
韓国人の本場の方が言うんだから間違いないはず。

今回は白菜5、小松菜3、大根2の割合のものと
大根7カブ3割のものの2種をつけることにしました。

材料はすべて食べやすいサイズにカットし、
ボールに入れて少し手でかきまぜて塩漬けをします。

キムチづくり01
白菜・小松菜・大根

大根キムチ塩づけ
大根・カブ

しんなりして水分がでてきたらザルにうつして
そのまま水洗い。少しだけ水気を切っるように絞って
あとはキムチの素を好みの量分、混ぜてすこしもみ込んで
瓶やビニール袋にいれて3~10日冷蔵庫で寝かせたら完成。

自家製キムチ
小松菜は芯の部分だけを使用しました。大根は千切り

大根キムチ02
こちらは大根とカブをさいころ状にカットしてます。歯ごたえを残した大根カブキムチです。


これにて畑には大根はあと1本、白菜もあと1個、小松菜はまだまだあります。

しばらくは漬け物三昧となることは言うまでもありません。

明日も会社に持って行きます。

キムチは今週末くらいから食べれそうです。
たのしみだ~

はやく食べたいな~

| グルメ | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そろそろカウントダウンだけど

3月になり暖かい日も多くなり、ひと雨ごとに暖かさも増してきて
お彼岸も近づいてきたのでそろそろ薪ストーブ生活のフィナーレのカウントダウンがはじまりました。

けどここ2、3日すごく寒さが厳しく、今日も朝から焚きました。
そして今晩ももちろんガンガンい焚いてます。
おまけに今晩はメガ薪投入しました。
夜中の3時くらいまでは室温をキープしてあとは徐々に下がる感じかな。

朝の室温が16度くらいあえればいいんですが……


薪はなんとかこつこつ集めてるのであと2シーズン分ちかくは確保できました。
薪割りも今のところ週末にせっせと作ってるんで
薪棚はすでに満杯をキープ。

お彼岸まであと5日。
春ももうそこまできてます。

お団子でも買ってお供えして春を迎えたいと思います。
あっというまの冬だったな~。

今週末はストーブで初ピザづくりでもしてみようかな~。
あとなんだかんだで1ヶ月ほどは使うでしょうけど。

| なにげない日記 | 23:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

灰の活用法

薪ストーブを使い出すとどうしても灰がでます。
灰の活用法としてはいままで庭の菜園に混ぜ込んだり
していました。

しかしあまり灰を同じ場所に混ぜつづけると土の成分はアルカリ性に傾きすぎるので
やりすぎも問題なんです。

だから酸度計を以前買って適正に保つようにこころがけています。

それ以外には特に利用していないのですが、先日ふと思いつきました。

ストーブのガラス面についた煤を取り除くのにウエスに水を染み込ませ
灰をつけてこすると煤がきれいに取れるっていうのは薪ストーブを使っているかたなら
常識だとおもいます。

この灰を研磨剤として活用し、掃除できるってことは
日常の掃除にも使えるってこと。

いままでやってみようとしませんでした。


そして今日、ちょっと実験的に使ってみました。

題材はキッチンの汚れです。

我が家はIHクッキングヒーターなんですがコンロ部分にはガラスの鍋敷きみたいなものが
置いてありコンロ自体のガラストップ部分に焦げ跡がつかないようにしています。
そのガラスの鍋敷きが茶色に色づき通常の洗剤ではとれなくなっていました。

ガラストップとはいえ、鍋の置くコンロ部分側もうっすらと茶色く円形に汚れが
付着していました。


どちらもガラスです。

ここに応用したらどうなのかな~と思い使ってみると

想像以上に取れる取れる。

ピッカピカになりました。

あとシンク内の水垢や油汚れにも効果発揮しました。

これは使える!
もうクレンザーは要らないですね。
昔はそんな利用していたらしいですね。見直しました。

今後は掃除用に灰を保管しておこうと思います。

ただ1つ注意しないといけないのは灰はきれいに焼けきっていて粒子の細かいものであること。
灰になりきっていない細かい炭状のものが混ざっていると
傷の原因になります。
だから使う前に細かい網ザルで灰を漉してやるといいと思います。



| メンテナンス | 22:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シーズン途中の煙突掃除!

3年目にしてはじめてのシーズン途中の煙突掃除。
どうなってんだろうと不安でした。

今回は急遽応対しなくっちゃいけなかったので
はしごをかけて命綱もしないまま上った。

トップをみると雨あがりということもあってか、かなり煤だらけ。
恐る恐るネジを緩めトップ部分を取ってみた。

煙突内はほとんど問題ない様子を確認。

そして屋根から降りようとおもったら……

怖い!滑って落ちそう。

やばい。片手にトップを持っているので
バランスがとりにくく勾配もきついので降りれない。
いかにいままで命綱を頼っていたのかがわかった。

恐る恐るゆっくりゆっくりおじいのような動きでなんとか
はしごまで戻れた。

やれやれ。誰にもめられたくない様子だった。
甘くみたらあかんな~
以後気をつけます。


そして下に降りてトップをよ~くみたら………
びっしり網の目が詰まってました。

煙突トップ


やっぱり!的中!
ある意味よかった。詰まってもないのに引き込みが弱いほうが問題だし。

新聞紙の上でトントンとしたら煤が想像以上にでてきてさらにびっくり。

うわ~~こらあかんわ。

煤3_2



針葉樹をばんばん燃やしていた1年目は思っていたほど煤がなく
詰まることもなかった。
3年目ともなるといろいろ分かってきていたので焚き方も考えていたつもり。
ちょろちょろ焚かず思い切っていたつもりだったんやけどな~

乾きの甘い薪が多かったのかな~。

けど今頃になるとよくあるトラブルらしい。
まだまだ奥が深いな~

とりあえず復活しました。

よかったよかった。

| 薪ストーブ | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

だめだこりゃ!

今日、19時頃に携帯が鳴った。
嫁さんだ!なんやろ?

普段あまり電話はかけてこないのに……


「あのな、薪ストーブがおかしいねん、なんか煙がすごいねん」
もう家中煙たいし二階に干してた洗濯もんが煙くさいわ、どうしたらええかな~」

話をきいただけで原因はわかった。

つまり煙突が詰まってる!!

やばい。

今までシーズン途中でこんなことになったことはなかったのに……

たぶん、トップ部分の網のところに煤が付着してると予想。


帰宅してストーブをみると煤でガラスが全塗したみたいになっていた。

自ら再度チャレンジするも煙突からの引き込みがなく
煙が部屋中にこもっていくばかり………


だめだこりゃ!

明日は朝から煙突掃除だな~


早起きせねば!

だから今日はちょっと部屋が寒い。


それにしても部屋が火事の消化後みたいに煤のにおいが漂っている。

こんな時に限ってファブリーズが切れてるんだな~これが。

こんなときは早く寝るべし。ってことかな。

| 薪ストーブ | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |