ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そわそわしだしました。

あれこれしてる間に10月ももう終わり。
早いな~
これからぐ~っと冷え込む日があったりして
秋も本番です。

薪ストーブの煙突掃除も終え、先日、炉内の掃除も行いました。
歯ブラシと懐中電灯を両手に持って、煤落とし!

隅々まできれいにしました。

きれいになったところで、思い切って炉内に頭を突っ込んで
煙突内を覗いてみたところ、朝日がちょうど差し込んでいて
見事に掃除できていることが確認されました。

完璧だ~!

あとは火入れを待つのみです。
昨日の夜は半年前から集めていた着火剤に使う牛乳パックをせっせっと
カット!
これでもう大丈夫。

早くシーズンがはじまらないかな~
薪棚からあふれた端材や小枝が庭を占拠しつつあるので
早く活用してすっきりさせたいんですよね~

すっきりしたら小屋づくりがはじまります。
スポンサーサイト

| 薪ストーブ | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミニ菜園づくり

ここんところの秋冬野菜の準備でいそがしく、
庭づくりもちょっとペースダウンし、畑づくりに専念。

おかげさまで、大根の芽もようやく出そろい、なんとか育ちつつあります。

大根の葉

ことしはきちんと直播きしましたし、よく耕しました。
ただ、石ころだけは少し混ざったままなので
もしかしたら又根になるかもしれません。

どうなるか楽しみです。

あと、デッキ周りにミニ菜園コーナーを
作りました。
材料はもらってきた伐採木。
40センチ前後に切り、10センチほど埋め囲っただけです。

ミニ菜園

ここには花を植えるかどうか最後まで悩みましたが、キッチンと繋がるウッドデッキの横なので
野菜にしました。
主にネギやラディッシュ、ベビーリーフといった
ちょっとあれば助かる野菜たちを育てようとおもいます。

で、さっそく、以前からプランターで育てていたネギを
移植し、さらに追加でネギ、ラディッシュの種まきもしました。

少し寒くなってきましたが、なんとかビニールでも覆って
早く育ててみたいと思います

| 施主工事記録 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どうにもならない火災事故

友人の実家が先日、火災で半焼しました。
火元はお隣さんの台所らしい。
こうした被害にあうことを「類焼」というらしいのですが、
初めてしりました。

出火元がお隣さんということで人的な不始末が原因だと思われるので
もちろん、そのお宅の責任なのですが、
よくよく話をきくと

どうも失火責任法という明治32年に制定された古い法律があり
賠償責任は法律上ないともいえるらしい。

なんとまあ納得のいかない法律なんでしょうか?

もちろん加害者となってしまった場合は都合がよいのですが、
そんな被害を与えてしまった以上、法律に基づいて賠償しないで
平然と過ごしていけるわけもなく、
近隣との関係はぎくしゃくするだろうし
普通の人ならもうそこには住めないとおもいます。
今の時代に適合するのかどうかの判断は難しいですが
聞けば聞くほど納得のできない法律でした。

友人の実家の被害はおおよそ1千万。
老夫婦にとってこの負担は地獄です。

仏間が全焼したとのことで、仏壇はもちろん
貴重な品々もすべて失ったとのこと。
気の毒でした。

今の法律上、自分の家は自分で守れ!ってことなのです。

子どものころからよくお邪魔していたお家。
私にとっても思い出があるお宅の家事はショックでした。
我が家も火災保険に加入してますが、そこらへんの条件を再度確認しておく必要があります。

これから乾燥が進み火災も増える季節、
我が家はオール電化なので直接火を扱いませんが、
少し前に天ぷら油の鍋から出火したことが1度あります。
換気扇の高さまで炎があがり、嫁さんはかなりパニクったらしいのですが
大事にはいたらずすみました。
暖をとる薪ストーブは火を扱い、煙突内が火災する恐れがありますので
そこらへんも十分に気をつけないといけないところです。
だから先日行った掃除はちょっと念入りにしました。

あとは放火です。
我が家は薪が山ほどあるのでこれを燃やされたら
おわりです。
庭に塀もなく出入りが簡単なのでちょっと考えたら怖いです。
けど、オープンだから人目につきやすいとうメリットもあります。
そこらへんは難しいところですね。
お隣の犬がベランダにいるので吠えてはくれるでしょうが、
不在時におこったらどうしようもない。
防犯、防火対策も考えないといけないな~と思った事件でした。
とりあえず、防犯ライトでもつけて対策してるアピールをするだけでも
効果あるのかな~と思ってます。

| なにげない日記 | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

煙突掃除2011

先日の体育の日の恒例行事といえば、我が家は煙突掃除です。
青空広がる気持ちのよい中、行いました。

まずは、炉内を分解し、下から覗き込んで煙突の管が見える状態にします。


そこに煤受けのビニール袋をガムテープなどでセットするのですが、
炉内は煤で汚れている状態ではまず、くっつきません!
なので一旦分解後、徹底的に掃除するのが筋なのですが、
かなり面倒。手は真っ黒になるし、なかなかとれないし、
細かい微粒子の煤が飛び散り部屋が汚れる恐れがあることです。

炉内掃除は煙突内の煤落としが終わった後の1回でおわらせたいものです!

なのでちょっと今年は考えました。

庭に転がっている廃材を利用して
炉内に入る木枠を作りなした。

木枠

コンビニ袋をセットし、
下からつっかえ棒を押し当てて
煙突の入口部分に密着!

 

煙突入口部分の表面に凹凸があるので完全密閉という訳には
いきませんが、くっ付きにくいガムテープよりは安心できていい感じ。

完全密閉を目指すなら木枠にすきまテープでも貼れば
よりいいと思います。結果しだいで
来年までにバージョンアップさせますが。


これなら汚れたままでもセットできるし、掃除機は1回ですみます。

そんなひらめきではじまった2011年の掃除。

屋根に上がってすることは煙突トップ部分を外し、
その部分だけを持っておりて掃除することです。

煙突トップ
ねじは6ヶ所ありますが、上の3つだけ取ればトップは外れます。ねじを外す時に注意しないと
落としたらもうおしまい!なのでドライバーの先は磁力を付けておいたほうがいいかも……



トップ内部に鳥が入らないように金属のネットが張ってあるのですが、
そこが目づまりすると空気の引き上げが弱くなり、逆流してしまうので
入念に煤落としをしなければなりません。

今回は見たところネットの目が詰まるほどは付着しておらず、
ワイヤーブラシで軽くこする程度ですみました。

それが終わると煙突内の掃除です。

6本のロッドを1本ずつ繋いでゴシゴシ!

30分ほど頑張って取れた煤はこんだけ

煙突掃除炉内

しっかりチャッチしてました。
煤の散乱はみられません!

一応成功です。

煤
こんだけとれました。

昨年もこんなもんだったかな~。

私のやり方はちょっと手抜きかもしれませんので
100%信用しないでくださいね。
けど、トップ部分の掃除が肝心なのですが、
そこんところはきちんと掃除してるんでまあ問題ないとは思います。


これにて準備は整いました。

あと1ヶ月後もすれば薪ストーブライフがはじまります。

| 薪ストーブ | 23:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が家のピーマン

10月ももうすぐ半ば。
そろそろ夏野菜も終わるころなのでしょうが、我が家のピーマン
ししとうの勢いはすごいもので、収穫が衰えません。

噂には聞いてましたがピーマンは息がながいですね。
ありがたいことです。

で、我が家のピーマンなんですが、
ちょっと普通じゃない!
少し前から気になっていたんですが、
なんでわがやのピーマンはとんがってるのかなって。

ピーマン


大きさはだいたいが10センチちょっとあり、
シュっとしていてみんなしゃくれ顔なんです。
猪木みたいに‥‥

万願寺ししとうもシュっととんがり気味で15センチほどに
なってます。
伏見ししとうに関してはまあこんなもんかな~って。


今日までずっと肥料不足でちょっと変形気味なんだろうな~と
思っていましたが、ふと気づきました。


これって交配?

となりに、伏見ししとう、万願寺ししとうが植えてあるので
交配してるんじゃないかと………


で、調べてみるとビンゴ!
なるほど~

伏見ししとうの影響ですね。

しかし、ししとうはピーマンの影響は受けないのが不思議ですね。


| 畑仕事 | 12:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

刺激いっぱいもらった1日

今日は我が家を建ててくださった工務店さんつながりで
知り合いになった奈良のADさん宅にお邪魔させてもらいました。

お互い施主工事で漆喰壁を塗ったり、入居後の外構づくり、薪ストーブも導入と
共通点が多く、苦労を分かち合える方です。

施主工事を本気でされている方はネットで探せばいくらでも
いるように思えますが、身近にいるかといえばがなかなかいないのが現実。
こうした機会がもてて本当楽しみでした。

到着してまずおどろいたのは、
我が家よりも1年少しあとの入居だというのに
表玄関の庭づくりはほぼ終わっていたことです。
しかも自然な雰囲気のレイアウトや敷きレンガもいい感じで
すでに味が感じられました。

わ~~すげ~~っ!
玄関前の壁面にざっくり置かれた薪もブルーシートがかかってましたが、
なんとなく雰囲気にとけ込んでいて違和感ありませんでした。
シートを透明なものにするだけでもいい感じゃないかな~って
思ったり。オブジェ的な役割をきちんと果たしてました。


我が家の庭もここに来てやっとブルーシートは原木棚にかけている
1枚のみとなりやっと工事中みたいな庭から
ちょっと解放された感じです。
けどおしゃれな庭ではなく菜園です!(笑)

どないかせなあかん!


お宅に入るもすぐに裏庭にでて、現在作業中の薪棚づくりを拝見。

これまたすげ~構造!
見慣れない羽子板付き束石だな~と思ったら、
なんと自作。基礎づくりに妥協がない!
擁壁に迫り出すように設計された薪棚は完成がほんと楽しみな
構造でした。
アンカーボルトを埋め込むなんて技は私にはない選択。
勉強になりたい部分でした。


薪棚が設置される横には10ヶ月かかって作った収納小屋が
あり、かなりの完成度にこれまたびっくり!

屋根は私が断念したアスファルトシングル張りでした。
工夫、アイデア満載で苦労のあとも沢山あり
かなりの刺激をいただけました。

午前中だけの拝見の予定が、あっというまに時間はすぎ、
すっかり奥様てづくりのピザまでごちそうになってしまいました。
ほんと感謝です。

それでも話は尽きず、時間オーバー。
お互いアウトドア好きで若い頃は自転車野郎!だったことも共通だとわかり
さらに親近感がわきました。
登山もされていたらしく、おなじような趣味思考のかたって
同じ行動パターンなんだな~と改めて感じたしだいです。

まだ会って2回目というのになんだかずっと前から知っているような
気分になったのが不思議です。
これからも末長いおつきあいができるといいな~とおもいました。

今度は我が家に来てもらう予定となりました。

刺激たっぷりで充実した時間に感謝です。

| なにげない日記 | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はじめての運動会

はじめての運動会
今日、こどもの幼稚園の運動会を見にいってきました。
子どもにとってはじめての運動会。
私は陣取りデビューしました。

朝7時すぎに行くと10メートルくらいの列。
思ったほど並んでないな~と思っていたのですが、後からわかったんですが、
並ぶところが2ヶ所あったらしく、どちらがどうっていうのはわからなかったんですが、会場になった瞬間走り出すお父さんたちにあっとうされ、
あっというまにトラックの最前列はシートでうまり、
2列目デビューとなりました。

マイペースな我が子もダンスやかけっこも楽しそうにしてたので
ちょっと安心。

しかし安心も束の間。
最後の親子ダンスの時は疲れたみたいで
踊らないの!無理!と拒否され、むりやり手をとるも
ひっくり返って足をばたばたされました。
先生が最後にがんばったで賞っていうことで
メダルを1人ずつで首からかけてくれるのですが
最高にご機嫌斜めだったみたいで
いらないの~って掘り投げてしまい
先生も切れた我が子をみてびっくりされてました。
最後はちょっと困りましたが
父親としてはまあがんばった1日でした。

その夜、急に我が子は高熱でダウン。
どうやら本当にしんどかったのでご機嫌悪かったようです。
氷枕をせっせととりかえる夜。

私も実は調子を崩してましたが、子どものことで
すっかり回復!

やれやれ‥‥

| なにげない日記 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サラダゴーヤありがとう!

早いものでもう10月。
秋本番に一歩一歩近づきつつありますね。

そんな今日、この夏豊作だったサラダゴーヤの撤収をおこないました。

1苗で50本は収穫できたと思われ、いまもまだ実をたくさんつけてましたが、
ここんところ虫食いが目立ちはじめ質が落ちてきました。
実の大きさもこじんまりしつつあったし、
我が家を含め、貰ってもらったみんなもそろそろ飽きつつあったので
撤収しました。

ゴーヤ撤収

毎年のことですが、最後の最後で採れたゴーヤーはどうしたらいいのか
悩みます。
1年目は乾燥させてお茶にしましたが、それもちょっと飽きたし……


秋茄子も少し小ぶりですが採れてます。

今年のゴーヤはサラダゴーヤー「スライス」という品種で生食できるものでした。

サラダゴーヤ

水みずしくてしゃきしゃきした歯ごたえとわずかな苦みがほどよくて
みんなに好評でした。

毎年同じ場所に1苗植えるのですが連作障害もなく
豊作つづきです。

プランターの幅ほどのわずかな隙間に植えてるんですが
なんといっても日当りがばっちりなポジションだし、
土も撤収したゴーヤーを敷き詰めて自然に戻していますので
それなりに肥えているようです。

ゴーヤ堆肥



今年はじめて緑のカーテンをつくろうと思い、
プランターでの栽培もやってみたのですが、
まったく駄目でした。
爆発的な成長もなく、実をつけても10センチほどにしかならず……

野菜は地植えにかぎりますね。
プランターでやるならかなり大きめじゃないといけないんだな~と
勉強になった栽培でした。

サラダゴーヤーさんに感謝!

| 菜園 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。