ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

そろそろ折り返し地点です

1月もなんやかんやでもうおしまい。
早いな~。

薪ストーブシーズンもそろそろ折り返し地点です。

1月になり薪の消費量もやや加速気味です。
けど今年は暖冬ですね。
ここ大阪は雪まだ降らないし……
室温は相変わらず暖房つけずに10~15℃
薪を焚いて18~20℃!って感じです。

我が家の今年分の薪燃料は主に建築廃材とご近所からもらった粗大ゴミ木材です。
少しだけ本来の薪といわれる広葉樹もあります。
できるだけ見た目の悪い汚れた木材や木っ端や小枝など整理のしにくいものを優先して
焚いています。

ほんと捨てられるものがエネルギーにかわってる~って感じ!

現在のところの使用割合は広葉樹2/針葉樹8で圧倒的に建築廃材に頼り切ってます。
シーズン前に広葉樹の薪の使用量を見積もって、月ごとに仕分けして使ってます。
3月半ばあたりまでは予定していますが、それ以降分はありません。

今後の気候と気分次第で足りるか足りないかが決まります。

建築廃材は焚き付け時やできるだけ煤が発生しにくいように高温時に使うようにし、そのわずかな合間に
広葉樹を使っています。

建築廃材は火持時間が短くすぐに燃え尽きてしまいます。
長さ30センチで厚みが4センチ、幅10センチ程度のものでおおよそ30分くらい燃え、
あと30分くらいは熾き火状態となる。
同等の大きさの広葉樹なら単純にその倍はもつと思います。
もちろんストーブの通気口を全開放状態ならもっと早く燃え尽きますけど。
そこらへんは室温がキープできる炎状態をキープするようにしています。
それがなかなか難しいんですがね……


そんなところから初心者である私は、
建築廃材を焚いている間はストーブの前から長時間離れることができず、
火の番をしてるうちにムダにどうでもいいテレビ番組をみたりしてしまいます。

ここ最近は火の番をしながら子供と遊び、炎をみて癒される時間が多くなっていますが、
子供も寝静まり、ストーブの前から離れ2階でパソコンに向き合っている時などは
少し気になってしまいます。

火の管理を気にすることは防火面でもいいことだとは思いますが、
実際生活すると少し、今までの習慣が通用しないことを思い知らされます。
リモコン1つでピッピ!してましたからね。

薪を焼べる作業は薪ストーブの楽しさの1つでもあるので
苦には思ってはいません。
ただ、すこし針葉樹が主だとせわしないかな~。っていうのがいままでの感想です。

エアコンと違って、一度暖まるとそう簡単には室温はさがりませんから
少しくらい火から目を離しても大丈夫なのですが、
気分的に炎を灯しておきたいのが薪ストーブを愛する者の性?なのかもしれません。




たまに、どでかいメガ薪(広葉樹)を焚くのですが、2時間はほったらかしでも大丈夫です。
熾き火の赤さも深みがあって長持ちするし……
さすがだな~って……
木のパワーの感じますし、
ゆったりとした時間が流れてる気さえします。

建築廃材の焚き方を間違え煙突を詰まらせた!っていう話も聞いたことがあるので
惜しみなく高温で焚いてます。

シーズン中の煙突掃除だけは御勘弁ですからね……
急勾配な形状の屋根の我が家にとってそれだけは避けたいところです。
今のところ煙突の空気の引き上げに問題はなく、快調です。

そんなこともあり、今年に入ってから薪(広葉樹)集めに勢いが増しました。
わたしの薪集めのアンテナの感度があがってます!
来月も2件貰いに行くことが決定しています。
来年の冬は一段と暖かいぞ~!ってか!

スポンサーサイト

| 薪ストーブ | 22:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪み~つけた その後

今日の昼に電話が鳴りました。

この番号は?

市役所からや!

ドキドキ!………
心境としては五分五分て感じ(かなり期待値をこめた数字ですが)



「あれから上の者に相談した結果なんですが…

 ………







≫ Read More

| 薪ストーブ | 21:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪み~つけた!?

昨日、通勤中、たまたま通りかかった道沿いに大量の伐採木を発見しました。
といっても小径木で5センチ程度しかありませんが、薪割りをしなくて済むし、
広葉樹なんでバカにできません。
私にとっては宝です。量は軽トラ1台分はあるかな~


そこは元々小さな公園だったみたいですが、都市開発で閉鎖され姿を変えようとしていました。
樹木はもちろん、ベンチ等も取り払われ、1つとしてまとめられ、いかにも粗大ゴミってかんじで放置されてました。
公園はメッシュフェンスで囲まれ立ち入り状態。

現場作業、待ちって感じでした。

これはもったいない!と
ムダに処分される前に救いの手を差し出さねば……

早速、市役所に問い合わせてみました。
こちらの事情を説明し、場所を確認すると
「ハイハイハイ、ありますね~」いいですよ!との返事。

意外な返事にこっちもちょっとびっくり!
てっきり頭から断られるのかな~と。

ただ、引き取りは平日の9時~5時の間で職員が同行しないといけないとのこと。

ん~、やはりそうか!お役所だもんな~……
フェンスのりこえて勝手に持って帰っていいよ~とは行かず……


そこで、こちらとしては実家の近所だったので親父に頼むことを前提に話を進めました。
親父には確認してませんが……
まあ大丈夫だろうと。


そして具体的に日程を組もうと話を進めると………

ここで担当者がかわりました。

すると!

≫ Read More

| 薪ストーブ | 19:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪をみて、ふと思うこと

蛇口を捻れば水が出、ボタン1つで風呂が沸き、
スイッチ入れれば暖をとれる。

そんな便利さが当たり前となり、その引き換えになんでもないことへの
有り難みを感じることが薄れつつある。


もっと便利にならないか!とそんな追求ばかりが先にたち
人の心はひとつも暖まらない気がする。

新しい暮しがはじまり、自分で野菜をつくったり
この冬から薪ストーブを使うようになり暖かさの有り難さを改めて感じています。


大きな薪を投入する時いつも思うことがあります。

こいつともおさらばなんだと……。
確かこれは銀杏の木。台風で折れた部分をご近所さんからもらったやつやな~……
おっこれは桜の木、山へお出かけした時、たまたま駐車場に落ちていたやつやな~……

そんな木との出会いまでもが頭に浮かんだりする。
そんな想いで炎をみつめていると時間を忘れてぼ~っとしてしまう。

せっせと集めた薪が目の前で炎と変り、私たちの身体や心を暖めてくれ、そして灰になって姿を消す。
しかしその灰も肥料となり植物に栄養を与え、後にまた恵みをもたらしてくれる。

そんな自然循環が当たり前だった頃があったはず……
いまさら後戻りできないかもしれないけど、
日々の暮しの中にひとつでもそういったことに
感謝の気持ちを感じれる習慣を取り入れるのも
大事なんじゃないかな~って薪をくべながら思いました。

目にみえない電気やガスの消費ではそんな気持ちにはなれませんよね。
逆に請求書をみてドキッ!とさせられます。

日々の暮らしで感謝することはいくらでもあると思います。
そんな気持ちをいつまでも抱けるよう暮らせたら
幸せだな~。

今日はちょっと詩人風な日記となりました!(笑)

| 新生活 | 19:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しい習慣

冬期になり薪ストーブを使うようになり、毎朝起きてまず
部屋の温度を確認するようになりました。
ぬくぬくの布団からでてすぐは身体が温度変化に対応できないのでどうしても体感的に寒く感じます。
だからすぐにでも薪ストーブに火をいれたくなるのですが、
実際に温度計をみると、さほど冷え込んでない日もあります。

だから気温を確認してから朝から焚くかどうか判断しています。
おおよそですが朝の室温は8~14℃。
寒冷地ではないので暖かい方だと思いますが、
10℃を下回ったら朝からつけることにしています。

その後、顔も洗わず庭に出て薪の補充と水やり……
そんな寝起きまるだしの格好でご近所のおじさんおばさんと
ご挨拶を交わすこともしばしば……

部屋に戻るとストーブ炉内前面に飛んだ灰を拭き取り、ガラス扉磨き。
その後、小枝や割り箸などを入れ木っ端をほりこんで……
いつでも嫁さんが着火できる状態にスタンバイします。


寒い時はそのまま着火して1時間も経たないうちに私は出勤。
火の勢いが増し、これから暖かくなる~って頃に出て行くのはちょっと火の守をしているわたしとしては
後ろ髪を引かれる思いです。

今後はこの流れに薪割りが入りそうです。
というの庭には玉切りが山積みですのでね。
もう少し早起きしないといけないな~。

その前にチェーンソーをなんとかしないと…

| 新生活 | 21:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風の強い日の気になること

いや~先日の2晩連続の突風!すごかったな~
丘の上にある我が家は周りにほとんど遮るものがないので
まともに風を受けてしまいました。

そんな日は庭の資材が飛んでいかないかと余計な心配事も増えたりして落ち着きません。


過去の経験からシートでしっかり覆ってますが、
どうしても隙間から空気が入るので、バタバタします。
シートがたなびく音はちょっと騒がしく、
場合によっては重石が飛ばされて押えが崩壊したりします。

少しご近所にも迷惑かけてるかもしれません。

そんな状況なのでリビングに居ても外が気になって仕方ありませんでした。(笑)

雨よけカバーをかけた自転車はヨットのように風を受けとめ、いつも倒れます。


ガシャ~ッン!
これも毎度のことです。
はやく自転車置き場を作らねば!

強風の中、帰宅すると嫁さんが
「寒い~!薪ストーブ焚いても今日は寒いわ~」という言葉を残して
子供と一緒に21時に就寝。

室内温度計をみると15度
いつもより3~5度低い。
しかもビュービュー風の音が聞こえるので余計に寒い気がする。

で、寒波に負けてなるものか~と
ひとりっきりのリビングで孤軍奮闘!

薪をどんどん入れ、がんがん焚きました。

あっと言う間に炉内温度は300度近くに達し、
炉内が真っ赤に染まりました。

わ~きれい!
吸い込まれそう~
ガラス職人の気分。

300度となるとストーブの周りはかなり暖かいです。
それでも冷え込みは厳しく、
室内全体を暖めるには時間を要するみたいで
室温は思ったより上がらず1時間たっても2度アップくらい。
あがらんな~今日は!
よっぽど寒いんやな~と……
けどストーブ周りはかなりぽかぽかです。

それと気になることが1つ。

煙突から吹き込む風がずっとうるさい!

煙突内で炉内から吹き上がる気流とぶつかりビュービュー音をたてるので
結構、気になって落ち着けません。

これってどないかならんかな~

風が吹き込んでるということは煙突は冷されているに違いない。
だから室温がなかなか上がらないのかな~と
素人推測。
煙突は2重煙突です。関係ない?かな

300度を1時間以上キープし続けるとかなり暖まるんでしょうけど、
17度でもひとり暖をとるには十分暖かく、薪も今年の分は限りがあり、もったいないので

「まあ今日のところはこれくらいにしといたるわ!」


どこかでよくきくセリフを
薪ストーブにつぶやいて薪投入はストップ!


吹き抜けの真下に薪ストーブがあるので
2階の黄昏れコーナーは1階よりぽかぽかしています。

家全体が暖まり温度差があまりないところがいいですね。
結露もありません。

我が家の2階には現在冷暖房器具は一切ありませんが、
ノープログレムです!

屋根にもセルロースファイバー(断熱材)が入ってますから
冷気が降ってくることもありません。
(断熱がしっかりできていない屋根の場合、冷気が降りてきて寒いらしいです)


以前の住まいでは部屋を移動するごとに冷暖房をその都度付けないといけませんでした。
そういう意味では暖まるまでに時間はすこしかかりますが、どこにいってもあったかいというのは
快適ですしお尻に根が生えることもありません。

薪は今のところほぼ無料で収集できてるので経済的にも今のところかなり助かってます。

ただ、今は北側からの冷気対策が課題として残っています。

最近もう慣れてきましたがね……

| 新生活 | 22:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冬の風物詩

我が家が迎えた初冬
そう言えば無垢の木の家に住みはじめ冬になると
乾燥がすすみ、構造材が割れる音がする!と
実際に住まれてる方々の声をネットやいろいろなところで耳にしていました。
我が家もそんな木の呼吸音がするのかな~と
思っていましたが、我が家ではあまり耳にしません。

あれ?

薪ストーブも乾燥させる1つの要因になるとのことなのに……。

びっくりするくらいの大きな音がする時もあるらしですね。


私自身入居後、数回は耳にしましたが、数える程度です。柱の割れももちろんありません。

これって乾燥が十分できてるってことですかね~。
我が家は昨年12月に上棟し春に完成。
ということは昨年建築中に乾燥しきった!ってことなのかな?……。
それとも材木屋さんでの管理がしっかりできていて
乾燥もばっちりだったのか……

素人推測ですが……

まあ柱が割れて筋が入るのもいやだから鳴らないほうがいいと思うんですが……

ちょっとどきどきしていただけに肩透かし~ですね。
まあこれから冬本番なので言った矢先に鳴りまくるかもしれませんが……。

| 薪ストーブ | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風の吹く日は

今日は夜から風が強くなってきました。
我が家は丘の頂上ということもあり、風に関してはかなり敏感です。

現在我が家の庭にはいっぱい資材が置かれ、ブルーシートで覆ってます。

それが風が強い日は暴れだします。
過去、シートが裂けるほどの風が吹いたこともあり、重石も飛んでしまったりと
油断できません。

過去の経験からシートの周りに置く重石の重さや置き方やなどもかなり気を使うようになりました。

が、さきほど窓から庭を見渡すとシートがたなびいてました。
そして脚立も倒れてました。

お隣の家の雨戸ががたがた響く音も大きくなり、先ほどからちょっとビビってます。
現在製作中の薪棚はかなり頑丈に支えの木をいれたので
倒れることはまずありえません。

ただ、庭に置き去りしている工具や道具が心配です。

とりあえず、たなびいていたシートは直しました!
明日の朝、庭をみて何もかわってないことを祈るばかりです。

おやすみなさ~い!

| 新生活 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚製作 5日目

今日は地盤補強工事を行いました。

その前に昨日、工務店さんのご好意でお年玉第2弾!
薪をゲット!
本来なら薪割り大会で使う木なのですが小径木が多いとのことで
薪割りにならないのでとりあえず、どうぞ~!って。
ありがたいです!わがやにとってのお年玉です!

お年玉02
少しですが持って帰らせていただき、早速30センチほどに
カットしました。
丸鋸と手鋸での作業ですので
すこし太いやつはとりあえずそのままですが………

チェーンソーが欲しい~~


で、本題ですが、とりあえず始める前に、
背面が横たわっているのでそれを起こさないと何もできません。

以前の工程はこちら

そこで嫁さんに手を借り、二人で担ぎ上げました。
しかし、担ぎ上げ立てたのはいいのですが支えとなる両サイドのフェンスが
高さが低くおまけにフェンスがメッシュなので心細く不安定。

これにすべてを託すには荷が重い!

もし風であおられてお隣へ倒れたら落ちたら洒落にならない……
今あるフェンスまで崩壊することになる。

てなわけでまずは支えづくりからはじめないといけなくなりました。

図解するとこんな感じ。

薪フェンスサイド図

岸壁ぎりぎりの作業って想像以上に困難です。

今頃痛感!
一人での作業ですので何かと手が足りず、倒れてしまっては
シャレにならないのでおっかなびっくりで、
かなり時間がかかりました。

垂直出しは水平器と遠目からの目視で確認しました。
水平計



とりあえず束石まわりのコンクリート固めは後ですることにするとして
しっかりとした支えができました。

薪棚背面工程

ここからようやく地盤工事です。

柱は全部で8本ありますが、背面の4本はブロック壁の上に据え置くので前面4本のみ行いました。

以前、物干デッキを作った時も地盤補強を行いましたが、突き詰めが甘かったみたいで製作途中で地盤のコンクリに亀裂が入りました。

今度はそんなことがないよう大きさは1ケ所につき約30センチ四方程度で深さ25cm程の穴を掘り、小石、砂利そして砂という順で入れ突き固めました。

地味な作業ですが基礎が肝心ですし、
何年先かわかりませんが、薪棚の老朽化が進み作り替える際、地盤からやり直すのは
いやなので今、頑張っておこうと…

小石と砂利は今までに畑作りで振るいにかけてでたものが大量にあったのでそれを利用。

地盤小石

おおよそ深さ10センチくらい分いれました。
子供と嫁さんも小石集めと搬送をお手伝いしてくれました。
小石集め


突き固めタンパーは薪割りの台座用の丸太に廃材で持ち棒を付けて作りました。

タンパ

結構なエクササイズです!
筋肉痛になりそうです。

束石の高さと平行がとりやすいように砂を最後に入れ、
小石の間に砂が詰まるように水を流し込みました。

今日のところはここまで

とりあえず今週は毎朝水を流して地盤固めに専念します。
来週はコンクリート流し込みします!

薪棚背面サイド

続きはこちら

| 薪棚づくり | 18:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年のお年玉

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


しめなわ
今年のしめ縄は嫁さん自作で飾ってみました。


親、兄弟みんな元気にそろって迎えたお正月。
おいしい料理とお酒に囲まれ、
楽しいひとときを過ごしリフレッシュできました。

今年の抱負は引き続き家づくりを頑張ることはもちろん、仕事も頑張ること!
そして健康面ではウォーキングをやり続けることです。
具体的にはまずは薪棚とリビングデッキの完成を目指しアプローチも完成させたいです。

で、新年一発目の作業を今日から行ったわけですが、
今日は昼前から隣町にある植物園で伐採木をもらってきました。

今年から予約制で有料になりましたが、格安ですし、
どんなもんなのかという偵察もかねて昨年末申し込んでみました。

いさ申し込んでみると、有料とのことでしたが、
普通乗用車での積み込み量程度なら無料でいいと言われラッキー!

てなわけで、積めるだけつんで持ち帰りました。

我が家のお年玉となりました。

積載重量が気になりましたので、いっぱいいっぱいには
積み込みませんでしたが、結構な量の伐採木をいただけました。

お年玉

95%が楠で残りは桜と赤松です。



これで今年の広葉樹の薪量より来期の方が多くなりましたので
来期以降の薪ストーブライフが楽しみです。




最後まで読んでいただきありがとうございます!
ランキングに参加してます。ぜひ応援の一票お願いします!

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

| 薪ストーブ | 22:39 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |