ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最近のデ○カ○ってすごいな~


ここんところ新名所になりつつある東京スカイツリーが取り上げられ
東京タワーも1つの時代を終えるんだな~と感じていました。

なのでこの夏、帰省した時に東京タワーに行って来ました。
朝はやくに現場到着したのに、すでに駐車場もいっぱいで
入口は長蛇の列。

まだまだ東京タワーも人気あるんだな~と実感。

東京タワー自体下から見た感想は

思ったよりすそのが短い!
もっとでかいのかな~って思ってました。

さっそく写真をパチリ!

東京タワー 

中に入るといろいろお店があって、1日遊べそう。
けどお金がかかる!

なのでさっさと上に上がって東京を一望!と思ったら‥‥

なに!2段階に分けて料金を取りやがる!

1段目の展望台は150mの高さまで(820円)しか行かず、そこからまた追加料金がいる!

おいおい!なめとんか?

なんとなく心理的な作戦みたいな気がする。
せっかくここまで来たんだからやっぱり最上階まで行かないと……

みたいな……

けど料金をみたらひいちゃった!
600円!

さらに高いところに上がるだけで600円か~

ん~~
しかもまた並んでるし……
一気に1000円くらいであがらせろ~って


展望台を2周ほど回りつつ悩む……

で、


≫ Read More

スポンサーサイト

| カメラ | 18:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春の訪れ撮影

春の訪れと共にカメラ支度をして
おでかけしました。
昨年は18-200mmのレンズ1本しか持ってなかったんですが
昨年秋に24mm広角単焦点を入手したので春の風景をわくわくして待ってました。

4月1日は生憎のくもり時々小雨の中、ファインダーから見える景色はどんよりとしていてイマイチ。
そんな中、頑張ってみました。

チョウチョう


そして4月8日は晴れ。
しかし花の命は短いものであっという間に満開のピークは過ぎて
花びらが舞う中での撮影となりました。
今年は背景に注意しながら余計な人や電柱、住居は入れないように心掛けました。

まだまだ絞りが甘いながらも昨年よりはいいかな~と。
ボデイが1つしかないので
レンズをとっかえひっかえ大変でした。

春のアルバム作りました!
よかったらみて感想もお願いします!

http://homepage.mac.com/m2coppi/PhotoAlbum17.html

| カメラ | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

表情のある樹

表情のある樹

華やかな桜とは一変してまだまだ冬の感じさせる大きな樹でした。

そばにいって見上げるとすごい迫力!
太い幹から放つ枝ぶりの表情がなんともいい感じ。

逆光気味の効果でなかなかいい写真になりました。
ちょっと寒そうですが…

葉が覆い繁るとどんなふうな姿になるんでしょうね。

結構お気に入りです。


大阪市立大学付属植物園内での撮影。

| カメラ | 22:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お花見

ひさびさにカメラを持って春を感じにいきました。
曇り空で雨を気にしながらのお花見会となりました。

ぽつりぽつりとした場面もありましたがなんとかもちこたえ
楽し維持間となりました。
今回は「大阪市立大学付属植物園」にも帰りに立ち寄り
全国のいろいろな桜も見物しました
聞いたことのない桜もいっぱいありびっくりです。

さくら


今日の写真は「熊谷」という桜です。
ピンク色でかわいい桜でした。

来週が見頃でしょうね。

| カメラ | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レイクルイーズ

思い出のカナダ紀行より

LAKEルイーズ


カナディアンロッキーの代名詞的スポットの
Lake Louise[レイクルイーズ]です。
ロッキーの宝石と称えられる美しい湖です。
奥にみえるのはビクトリア大氷原。

すごく楽しみにしていたんですが滞在時間が30分あるかないかくらいで
じっくり回れず残念でした。景色と天候には恵まれたのが幸いです。
絵はがきでみた風景が前に広がり最高でした。
神秘的な色の湖は必見の価値ありと思います。

行ったとき一人水面をカヌーで湖を独り占めしていた方がいました。
かなりうらやましかったです。

| カメラ | 23:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT