ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

男の料理!

今日から夏休暇です。
奥様と子どもは先日千葉へ里帰り。

いつもならわたしも顔を見せに遅れて行くのですが
今年は自宅待機。

といっても庭仕事満載なので、じっとはしてませんが……


なので家事仕事も自分でやらねばならないのです。

きょうのご飯は採れたてのゴーヤーを頂く事にしました。


昼はゴーヤーと夏野菜のチャーハン

ゴーヤーチャーハン

我が家で採れたサラダゴーヤー、ピーマン、ししとう、とうもろこしを入れました。
あとはベーコンと卵、塩こしょう少々、しょうゆ少しだけです。

まずはベーコンをカリカリ手前まで炒めて、
そこに卵とご飯をすでに撹拌した卵ご飯を投入!
おたまでほぐしながら
ぱらぱらになるまで炒め、そこにすべての野菜を一気にいれ
しばらく、撹拌!
塩こしょうをして最後に醤油をひとまわりかけたらできあがり。


ゴーヤーのシャキシャキ感が夏らしくおいしかったです。
とうもろこしを入れたことで甘みもあり、
なかなか思いつきで作ったんですが、うまかったっす!


わたしのこだわりは
油はすこし多くいれ、米つぶ1つ1つに膜をはる感じでよく炒めることと、
野菜は炒めすぎると水分がでるので強火で一気にいためることです。
この2つを守るだけでぱらぱらになります。
やはりチャーハンは時間が勝負です。
炒める時間は3分以内と決めてます!


晩はゴーヤーチャンプルしました。

ゴーヤーチャンプル

ビールとこれだけでおしまい!


あ~うまかった!


応援のクリックお願いします!
ポッチ!↓

住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト


スポンサーサイト

| おやじクッキング | 22:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いまごろですが新年会

先週に引き続いて今日は子供繋がりで仲良くしているご家族をご招待し
我が家で新年会をしました。

5家族のスケジュールの調整の都合で1月遅れの開催でした。

小さな子供を持つ家族が5組集まるということで
今回は各家族で料理を分担して持ち寄るスタイルで……

しかし,,

かなり前から調整したものの2家族が仕事や体調不良でキャンセル。
我が家を含め3家族となりました。

う~んこればっかりは仕方ないが残念。

我が家の担当は私がダッチオーブンでつくることになったサムゲダン!

今までキャンプやこうしたおもてなしの機会時にいろいろ作ってきましたが、
サムゲダンははじめての挑戦。
ぶっつけ本番なのでうまくできるかどうか期待と不安……
本のレシピに載っているとおり作り、余計なことさえしなければうまくいくはず。
いつもそうやってきたんで……
アレンジは次回からということにして……

丸鶏はあらかじめ近所のスーパーで予約。
間違っても鶏まるごと1羽と言ってはいけません!
お店によっては羽つき首、足つきの鶏が用意されちゃいますよ!
肉屋には飲食関係の方が、調達しにくることももちろんあるので、プロに売る場合は
ほんと鶏1羽そのままって場合もあるんで、気をつけないと
恐ろしいことになります。

今回は嫁さんが予約したんですけど
ちゃんとお店に言ったかどうかを確認すると!
言うてないとのこと!

え~~~~ヤバいやんやんやんやん…………

やばい!恐ろしいことになるかも!
てなわけでお店に確認しといてや~と受取り2日前に言った。

しかし!

うっかり忘れてしまった嫁さま……
そのまま当日となってしまい、恐る恐るお店に行くことに……
すると、やはり首も足も内蔵もあったらしく、
お店の方が首と足と内蔵どうされますか~って……

もちろん要りません!
その場で処理してもらいました。
さすがに羽は処理されていたそうです。

きちんと首、足なし羽も処理されていて内蔵抜きのものでって一応言っておくにこしたことはないです。
鶏の大きさもある程度希望を伝えたらいいと思います。
ダッチオーブンの大きさと人数にあわせて、おおよそになりますが、1キロくらいのものでとか2キロとか……


前日にお腹に詰める餅米を水に浸けるだけしておきました。
あとは当日……


さあ!いよいよ作るぞ~と
キッチンで準備をすすめるとママの携帯がなった……

≫ Read More

| おやじクッキング | 00:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々の自炊

今週は嫁さんと子供は里に帰ったままなので単身生活です。
久しぶりの自炊をたのしんでます。

しかし、キッチンの整理は嫁さんが100%仕切っているので
勝手がわかりません。
どこになにがあるのか把握するところからの
スタートは結構時間がかかるので苦労してます。

月曜日に収穫したゴーヤですが結局3日連続で食べました。

月火とゴーヤチャンプルを連続して食べ、今日はパスタに入れてみました。


ソースは庭のバジルを大量に使って作りました。

バジルは葉だけで80gほど使用。

バジル80

にんにく3かけ
オリーブオイル 120cc
煎った松の実 50g
パルメザンチーズ 3/4カップ
塩 少々


以上をすべてミキサーにかけるだけ!


一番苦労したのはバジルをきれいに洗って水気をとるところでした。
時間があれば自然乾燥でいいのですが、
すぐに作りたかったので葉を1枚ずつキッチンペーパーで拭きました。

しんどかったです。

そしてできあがりは

パスタソース


こんな感じ!

今日はこのソースとトマト、ししとう、オクラ、ゴーヤを入れて
「夏野菜たっぷりパスタ!」の完成です。

ナツヤサイパスタ

盛りつけが下手なのであまりおいしそうに見えないところが残念ですが…

パスタにしみ込んだバジルソースがなかなかうまい!

3日連続でゴーヤを完食。

ビタミンいっぱいだから明日も元気に働けそうです!




| おやじクッキング | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっとお披露目しました。

本日、親、兄弟家族を招いて新築披露会を行いました。
新築お披露目会ですが感謝会です。

施主工事の左官では大変お世話になり、
みんなに心配されてできあがった家です。
それだけにみんなにとっても少し愛着のある家となり、
みんなが喜んでくれたのが私たちにとってとても嬉しいことでした。

感謝の気持ちでのおもてなし!というわけで
夫婦でメニューを考えました。
いくら親族とはいえ、いいかげんなことはしたくありませんでした。

こういったおもてなしは経験があまりないので
すべて手作りというわけにはいかないですが、
自分達のできることを形にしようと頑張ってみました。

私のおかんにはチラシ寿司の指導をしてもらいました。

以前、実家に遊びに言った時、何度か食べた嫁さんが「おいしい!」と絶賛。
そういう経緯もあってこの機会に味の伝授をさせてもらいました。

やはりうまかったです!
残念ながらきれいに盛り付けられておいしそうなちらし寿司ができたのですが
写真を撮るのが間に合わず、取り分けられてしまいました。



私もぼ~っとはしていません!
料理作りました。

実は料理好きなのです。
今回はキッチンはおかんと嫁さんに占拠しているので
アウトドアクッキングとなりました。

ダッチオーブンの登場です。

ひさびさだ~!わくわく!

数々の料理を作ってきた魔法の鍋です。

今回もみんなに喜んでもらえたらいいな~……

いろいろと悩んだ末にチョイスした料理は?………



かぼちゃの丸焼き!





えっ!それだけ?だッて簡単やし………
ボリュームあるし~

いやいや、なんぼなんでもそれは!ですよね!
けど、ベイクドオニオンとかポテト、にんじんは甘くておいしいんですよ!

かぼちゃの種をとってそのままほりこんでローストしても十分甘くておいしいはず!

しかしまあそれでは芸がないので今回は子供が多いので
子供や女性にうける味付けのものにしました。

この本にレシピ載ってました。
今日からはじめるダッチオーブン (NEKO MOOK (1181)) 今日からはじめるダッチオーブン (NEKO MOOK (1181))
(2008/09)
不明

商品詳細を見る


かぼちゃの中にはミートソース(缶詰め)、バター、しめじ、生クリームが
入っていてチーズを最後にいっぱいのせて、蓋をしてローストするだけです。

分量は適当でOK!

かぼちゃの大きさによりけりです。

≫ Read More

| おやじクッキング | 23:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が家秘伝のお好み焼き

大阪育ちの私にとってお好み焼きはなじみの料理で、一人暮らしの際もキャベツの消費に困ったときは頻繁に作っていたもんです。
結婚して以来お店に行って食べた記憶はほとんどありません。
もっぱら家で食べてます。
嫁さまは関東系の家系の関西育ち。
微妙な大阪人です。
大阪に住んでいるもんは当たり前のようにたこ焼き器がありますが、
関西圏外となるとそうはいかないようですね。
それと同じように
お好み焼きにたいするこだわりも家庭それぞれあり、具材や焼き方もそれぞれです。
私も親元にいた時は調理係でしたので何度も焼いていました。

今更ながらですが結婚してすぐ、嫁さまがフライパンでお好み焼きを焼いているのにはびっくりたことがありました。
「ありえへん」はじめて見た!

コテも使えなけりゃ、ソースをジューという音も食卓ではあじわえないなんて…
お好み焼きのいいところ全部そぎおとされた感じでした。

お好み焼きは鍋料理と同じで鉄板やホットプレートで焼いて、みんなでわいわい
囲んで食べるもの!
フライパンで1枚づつ焼いていておいつきませんし、会話もはずみません。

さすがにそんときはこんこんと注意しました。

そんなエピソードがあるお好み焼きですが、
それからはホットプレートで夫婦なかよく食べてます。

が、、、

どうも味はそこそこですが、なにか足らないようで…

既製品のお好み焼き粉を使用してるのがいけないのか?
それとも焼き方がわるいのか…
水が多い?キャベツと粉のバランス?
まずいわけではない!
先日妹宅でよばれたお好み焼きが妙に新鮮でうまかったのはなぜか?

??????

多分既製品のお好み焼き粉の味なんでしょう。

妹に聞くとただの小麦粉に卵いれて………
と既製品のお好み焼き粉はつかってないらしい。

ますます疑問?
既製品のお好み焼き粉のほうがいろいろ入っていておいしいはずなのに!
それは勝手な思い込みなのか?

???

多分微妙な分量の差で味がかわってるんだと思います。

そんなことを考えていたらむかし母が伝授してくれた
おすすめのお好み焼きレシピがあったな~と。

たしかテレビでお好み焼き屋を営んでいたおばさんが教えていたものらしい。

たしかにそれを実践した母のお好み焼きはいつもの母の
作っていたものとはひと味ちがう味だったことを覚えてます。
母がつくっていたのがまずいわけではありませんが…
それは母も認めた味でした。

そのレシピを母からもらい、私のおもてなし料理にでもしようかと思いつつ
月日がすぎ、現在にいたってます。
やろうやろうと思いながら封印していたレシピをひっぱりだして
今度やってみようと思います。

レシピ

生地づくり
材料(4人前)
薄力粉200g、昆布だし280cc、ベーキングパウダー大さじ1/2
長芋(すりおろし)8g
※調理中の損失分を計算してるので多少多めになってるそうです。

1,薄力粉とベーキングパウダーを混ぜる

2.だしを生地にゆっくりと3段階にわけて入れ空気をふくませるように混ぜる。

3.最後に長芋を入れる

4.生地ができあがったら30~1時間ねかせる。

重要ポイント!
薄力粉とベーキングパウダーはよく混ぜる
だまがでいないように粉とだしをまぜる
生地に空気をふくませるように混ぜる
長芋の分量は多くても少なくてもいけない。
粉もん料理は生地をねかせることが大事です。最低でも10分は
ねかせる。

材料(1人前)
キャベツ100g、生地90g、卵1個。豚ロース肉2.3枚

ポイント!
キャベツと生地の分量は正確に!
適当は禁物です。
1人前づつ混ぜて焼く!
材料は混ぜすぎない


これでうまくできたらおもてなし料理の完成です。

次回のお好み焼きがたのしみなってきました。

| おやじクッキング | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。