FC2ブログ

ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

薪棚2号 制作その2

薪棚の材料はリメイク分のSPF材と杉板30ミリの荒材(150×2000×30)にしました。
杉板30ミリの荒材は幅150ミリなのでおおよそ半分の74ミリ幅に丸鋸でカットして使用。
2号棚は1号に比べると3分の1くらいの積載量かな~。(積んでみないとわかりませんが)

積載量を考えると支柱材は75ミリ角でも十分だったんですが、
ちょうど在庫がなくしばし思案。
こうなったらすべて杉板30ミリの荒材で行こう!

支柱は杉板30ミリ材をL字に組合わせて強度をアップ。
ボンドとステンレスビスでホールド。
L接合
横板はリメイク分のSPF材。
見えないところは鉋掛けしてません。(笑)
サイドはこんな感じです。
薪棚側面
荒材は未乾燥材なのでカットすると反りが半端無く発生しましたが、2枚の板を接合することでほぼ解決しました。
クランプ必須ですが…
つづく

| 薪棚づくり | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚2号着工します!その1

かなり前(もしかしたら私が子供の頃?)に買ったものと思われるマキタの電動カンナを
我が家のウッドデッキを作った際(かれこれ7年前)に親父から譲り受けました。
相当使い込んだもので切れ味も悪く、騙し騙し使いましたが、
ここ数年鉋かけするようなものを作ることもなくほったらかしていました。
今回、庭にあふれかえった薪の置き場をなんとかしないと
このままじゃ薪屋敷になってしまい、ご近所さんに通報されそうで(冗談です)

庭の薪
ここに引っ越してきた時に適当につくった小さな簡易薪棚
こんなんです。
を解体し、追加で材木を買って大きくリメイクすることにしました。
今回で3回目のリメイク。もう10年以上前に買った2×4材ですが、塗装してたのが効いていたのか、まだまだ使える感じ。
実はこの簡易薪棚、以前の住まいでは物干デッキでした。
それを解体してほぼカットせずに棚に突貫リメイクしました。
あれから7年以上の年月が経過し、簡易的に作った棚が
ここまで使用する道を歩むとは思ってもみませんでした。

今回は物干デッキの名残りの白いペイントを剥がしてみようと思います。
そこで活躍するのが親父から譲り受けた電動カンナです。
今日、久々にだして試運転しましたが、無事動きました。
が、切れ味は相変わらずムラがあります。
刃こぼれがひどい!

電脳鉋の刃

で、いままで気付かなかったんですが、よーく見たら
替刃式と書いてある!
え!そうなん。
どうせ替刃は高いんだろうな~と思いながら早速調べたら、古いものでしたが、まだまだ現役商品のようで、
安価で刃が交換できるとのこと!
てなわけで交換してみました。
で、早速白いペイントを施した材木を
鉋前


0.5ミリ厚で鉋かけ!
すると!
鉋後

わ~
前とは比べもんにならんくらいきれいになった!
これは使えるし、らくちん!
てなわけで薪棚の追加材料は赤松や桧、杉の荒材を安価でゲットして
鉋かけすることにします!
今回はこのあたりで失礼!

つづく

| 薪棚づくり | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚 2号計画



昨年の年末からとりかかりなんとか春にできあがった薪棚。

制作模様はこちらへ


薪棚2010

これだけ全部焚くんだ~と思うとなんだかすごい贅沢な気がする。
寒冷地にお住まいの方だったらこんなもんではすまないので
しょうけど……

薪づくりはほんといい汗かきますね。


シーズン前にはなんとか薪の積み込みも完了しました。
庭も昨年の今頃にくらべるとすっきりしました。


やれやれ!と思ったのですが、

この薪棚って1シーズンの量(予想です)なんだよな~



しかも現在、積みきれなかった廃材や丸太が庭のあちこちに点在しているし(苦笑)、
薪集めもこれからのシーズンが活発化するのでますます棚空き待ち在庫が増えることになる。

毎年こういったパターンになるってことは
いつまでたっても積みきれない薪が庭のあちこちに点在することになる。

現在は玄関先のアプローチ部分にブルーシートをかけて保管中。
はやく移動させてアプローチづくりにも取りかかりたいと思ってます。

見た目も悪いし……



なのに在庫は増える一方!
それはまずい!、いつまでもわがやは工事中みたい!

ってことは!


薪棚 2号が要るってことなんだな~と思いはじめました。
原木用保管棚ですね。

どうしよう………


場所はあるけどどこに設置するかが問題。
要は今と同じくらいの容量を1ケ所もしくは数カ所に分けてでも確保しないといけない。

薪ストーブユーザーの方々の日記を拝見してると薪棚は複数設置されてますもんね。
年を重ねるごとに薪棚がどんどん増えていく訳が分かったような気がします。

けどこの計画は当分計画どまりだな~
まだまだ優先してやらないといけないことがいっぱいあるんでね~


今年は自転車操業的に棚を使うしかないかな~……


最後まで読んでいただきありがとうございます!
ランキングに参加してます。ぜひ応援の一票お願いします!
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

| 薪棚づくり | 08:25 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚製作 まとめ

すっかり忘れてました!
今頃ですが、薪棚のまとめ報告!


製作期間/2009年12月から2010年3月28日の
     延べ10日ほど

サイズ/幅3450×奥行き1000~650×高さ2100mm


使った材料と費用、コメント


●地盤基礎まわり
・羽子板付き束石 8個   3984円(498円/1個)
・インスタントコンクリート20 1袋(20kg) 538円
・砂 1袋(20kg) 213円
・雑草防止シート 1×3.5m分    1000円(2×5m/2980円の一部使用)
・バラス     3袋(20kg×3)  678円(226円/1袋)
小計6413円

柔な地面とおもわれたので、薪の重みで傾くことも考え
コンクリートで固めました。


●基礎・構造材
・柱(110ミリ杉、桧角材)/1900mm~2050mm 8本 0円
※工務店さんで商品にならない材木を提供してもらえました。感謝!

・梁・根太/サザンイエローパイン材(防虫・防腐処理済み)/89×38×3650mm 4本 5196円(1299円/1本)
・杉、桧材の建築廃材利用  0円
・六角ボルト150mm 4本 140円(35円/1本)※柱と梁・根太を固定
小計5336円

●棚板 
全部で36枚(970~650mm)
・サザンイエローパイン材(140×25×1200mm) 15枚  6000円 (400円/1本)
・杉、桧材の建築廃材利用  21枚 0円

いろいろな材木を使ったので微妙に厚みや幅がちがったりしてますが、
問題なし!薪を積んだらそんなとこ気にならんし……

小計6000円

●壁板
・サザンイエローパイン材(防虫・防腐処理済み/89×19×3650mm) 20本  11340円(567円/1本)

小計11340円

雨に打たれる部分なので防虫・防腐処理済みの材にしました。

●屋根 
・垂木/サザンイエローパイン2×6材(141×38×3650mm) 1本  2200円
   サザンイエローパイン2×2材(52×38×3650mm) 1本  900円
・一部、建築廃材利用  0円

・ポリカ波板(ブロンズ/クロスライン) 10尺 3枚 6801円(2267円/1枚)
・カット代 150円
・ブロンズステンレス傘釘 529円

傘釘はステンレスにこだわりました。メッキに比べると割高ですが
耐久年数を考えるとやはりステンレスにしておくほうが無難だと……
メッキ釘は場所に寄ってはほんとすぐに劣化するので
お薦めできません。安物買いの銭失いになりかねません。
波板も耐久年数を考えてポリカで!7~10年はもつそうです。


小計10430円

●仕切り
・1×4材 89×19×1820 6本  1080円(180円/1本)
・一部、杉の建築廃材利用   0円

基本、雨に塗れない部分なのでSPF材を使い防腐塗装のみ
小計1080円

●その他 
・材木運搬費(レンタカー代6H+ガソリン+保険) 5500円
・コーススレッド(30~75ミリ) 1000円※概算
・塗料 オスモカラー ワンコートオンリー チーク 2.5リットル缶 
 内、約1.0リットル使用 6000円※概算
・インパクトドライバ用ドリルビット2本 

小計12500円


小計6413円●地盤基礎まわり
小計5336円●基礎・構造材
小計6000円●棚板
小計11340円●壁板
小計10430円●屋根
小計1080円●仕切り
小計12500円●その他
---------------------------
総費用 53099円


こうして金額を計算するとなんだなんだで結構な値段となってしまいました。
しかし、フェンスも兼ねた薪棚でシンボル的な存在でもあるので、
まあ仕方ないかな。

これでも廃材を利用したり柱材が貰えたりしたので、
かなり割安に仕上がってるはずなんですがね~

業者さんに頼むと見積もりはいくらぐらいかかるのかな~。
材料費だけでこんだけかかるんだから、結構するでしょうね。

これだけの大きさですからしかたないですね。
エアコン買うよりは安くついたのでよしとしとこうっと!
10年以上使えるといいのですが……。

作りながら計算してわかったのですが、この薪棚に収まる量が
我が家での1シーズンのおおよその使用量になると思われます。
体積計算上ですが……。


やっと薪棚ができ積み込みもほぼ完了。
これからウッドデッキづくりです!

| 薪棚づくり | 18:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚製作10日目

暑さ寒さも彼岸までという言葉が薪ストーブを使うようになって
はじめてなるほどな~って思いました。
3月に入り長雨ばかりで寒の戻りもあったりと、
なかなかすっきり春の陽気が続かず、薪ストーブは未だ稼働中です。

お彼岸をすぎましたが、まだまだ炎で癒されたいという思いもあり、
なかなかやめれない日々をおくっています。
薪(広葉樹)の残量もぎりぎり間に合いました。(かなり様子をみてましたが…)

建築廃材の薪はあと1年分くらい残りました。

焚きつけ材

来期は焚き付け専用として本来の使い方として活躍してもらいます。

最近は薪棚に積むにはちょっと古くて見栄えの悪い廃材や端材を
使い切ろうとせっせと焚く日々が続いてます。



庭の菜園に目をやるとすっかりこちらは春模様です。
この冬、食卓を彩った水菜は花が咲いてしまいました!

水菜の花

先日まで「花の蕾がでてきた~!こりゃやばい!」と、
連日、サラダや鍋の具にしてうさぎのようにめっちゃ食べてましたが、
発育がはやくどんどん花芽が育って咲いてしまいました。

もうここまできたら今週はあきらめて観賞しています。

けど今日の夕ご飯のうどんすきには花芽を取ってたべちゃいましたけどね~!

お向かいさんの大根もすっかりお花畑です。

大根の花



さてさて本題ですが、

いよいよ薪棚完成目前。
今日の作業は屋根づくりと仕切り板の取り付けをすれば
一応の完成なのです!

屋根の仕様は波板にしました。
波板にもいろいろ種類がありますが耐久性を考慮し、ポリカの波板にしました。
耐久年数は7~10年とのこと。
色はブラウン(クロスライン加工)にしました。

10尺(3030mm)を3枚を2つに切り分け6枚つかいました。

カット代 1カット 50円

どういう効果があるのかはわかりませんが、
表面にクロスラインでエンボス加工されているものがあったのでそれにしました。
見た感じは半光沢っぽくて、すこし高級感?ありって感じです。

屋根仕様は正直最後までちょっと悩みました。
素人作業では波板で作るのが一般的だと思うのですが、
ドゥーパ!などを見てるとアスファルトシングルという屋根材を使って
行う手法が紹介されてたりします。

DIY魂をくすぐります!

普通の住宅や小屋などに使われている建材なので波板で作るよりも
はるかに頑丈で耐久性にも優れ、見栄えも良いもんです。

そのやり方でチャレンジしてみようと思い、いろいろと調べたところ、
この手法は私にはかなりハードルが高いことがわかってしまいました。

作業自体はできそうなのですが、用意するものが多いんです。

つまり予算オーバーです。

●野地板(コンパネ)
●アスファルトルーフィング(防水シート)
●タッカー●アスファルトシングル(屋根材)
●接着剤
●専用の釘
●水切り板

と最低でもこんだけ要るのですが、小さな薪棚程度を作る分量に見合わない量の
資材を購入しなければなりません。

アスファルトルーフィング(防水シート)に関しては1ロール売りでカット売りはしていません。
4mもあれば十分なのに1本20mのものを購入しなくてはいけません。
接着剤も専用の釘も同様です。

やってみたかったですが、建材を余らせてしまう量の方が多くなり
不経済なので断念しました。

波板だと用意するものは
波板と傘釘のみ。シンプルです。

余らせるものは何もありません。
施工も超簡単!てなわけで取り付けもあっという間でした。

波板と垂木に下穴をドリルであけ、金槌で打ち付けるだけです。

薪棚屋根完成

ただ、今日も強風で波板が何度も飛ばされてしまうアクシデントもありました。
おもしに角材を置いていたのですが、それも吹き飛ばされてしまい、お隣さんの庭に落下してしまい
少しひやっとしましたが、なにも破壊することなく無事でした。
あと、屋根の形が歪なので斜めにカットするのだけが面倒でした。

ポリカを切るには専用の鋏があるのですが、使わなくなったキッチンハサミで切りました。
問題なくきれました。

傘釘は雨に強い、ステンレス製のパッキンクッション付きにしました。
メッキものに比べて値段は倍以上しますが、それだけの効果はあると
判断しました。

打ち付けは4~5山間隔。
波板の重ね幅は2山半


年数経過によりごみが付着するらしいのですが、2山半とっとくと
雨漏りすることはないらしいです。

そして最後に、仕切り板を取り付けて
ついに完成です。

薪棚完成0328

あ~長かった~。

早く薪をパンパンに積み込んだ風景を見てみたいな~。
これがまた結構時間かかるんだな~。

がんばるぞ~!


前回の日記はこちら

薪棚づくりのまとめはこちら




最後まで読んでいただきありがとうございます!
ランキングに参加してます。ぜひ応援の一票お願いします
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

| 薪棚づくり | 22:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT