ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

4年目突入にして

我が家は昨日5月2日が入居日で、4年目を迎えました。

それをわかったかのようにここ数ヶ月で照明電球が3つ続けて切れました。
最初に切れたのはダイニングのはだか電球、そしてリビングの電球型蛍光灯、
そして数日前に階段の小型白熱電球。

省エネ・節電のことを考えるとLED電球を選択することになるのですが、
なんせ高い!

最初に切れたのはダイニングのはだか電球。ないと困るので妻があわててLED電球買いました。
はだか電球ならではのデザインが魅力のガラスの笠のダウンペンダントライトでしたが
買ってきたLED電球ははだか電球とは違った姿ですごく違和感があるものでした。
え~これはないやろ~と思いましたが、まあ、LEDやからしゃ~ないのかな~と
思い、使ってました。

そして最近階段電球が切れたので買いにいくと
はだか電球デザインのLED電球を発見!

LED.jpg

お~~~これはいい!

てなわけで階段の小型電球と共に買い替えました。

そしてすでに使っていたLED電球は2つ目に切れたリビングに移行。

うまくまわってよかったです。

つけかえたらこんなかんじです。
LED_PANA.jpg

違和感はなくなりました。

しかし電球3つ交えるだけで1万円ちかくの出費。

おいおい!って感じ。

いくら長期間寿命があるとはいえ高すぎるな~

しかも技術がもっと発達し需要も高まると売値は下がるにちがいない。
それにもっと省電力になるかもしれない。
そう思うと今切り替えるのは早いのかな~なんて思ったりもする。

けど結局、波にのまれてLEDを買いましたけど。
いたい出費です。


スポンサーサイト

| メンテナンス | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

灰の活用法

薪ストーブを使い出すとどうしても灰がでます。
灰の活用法としてはいままで庭の菜園に混ぜ込んだり
していました。

しかしあまり灰を同じ場所に混ぜつづけると土の成分はアルカリ性に傾きすぎるので
やりすぎも問題なんです。

だから酸度計を以前買って適正に保つようにこころがけています。

それ以外には特に利用していないのですが、先日ふと思いつきました。

ストーブのガラス面についた煤を取り除くのにウエスに水を染み込ませ
灰をつけてこすると煤がきれいに取れるっていうのは薪ストーブを使っているかたなら
常識だとおもいます。

この灰を研磨剤として活用し、掃除できるってことは
日常の掃除にも使えるってこと。

いままでやってみようとしませんでした。


そして今日、ちょっと実験的に使ってみました。

題材はキッチンの汚れです。

我が家はIHクッキングヒーターなんですがコンロ部分にはガラスの鍋敷きみたいなものが
置いてありコンロ自体のガラストップ部分に焦げ跡がつかないようにしています。
そのガラスの鍋敷きが茶色に色づき通常の洗剤ではとれなくなっていました。

ガラストップとはいえ、鍋の置くコンロ部分側もうっすらと茶色く円形に汚れが
付着していました。


どちらもガラスです。

ここに応用したらどうなのかな~と思い使ってみると

想像以上に取れる取れる。

ピッカピカになりました。

あとシンク内の水垢や油汚れにも効果発揮しました。

これは使える!
もうクレンザーは要らないですね。
昔はそんな利用していたらしいですね。見直しました。

今後は掃除用に灰を保管しておこうと思います。

ただ1つ注意しないといけないのは灰はきれいに焼けきっていて粒子の細かいものであること。
灰になりきっていない細かい炭状のものが混ざっていると
傷の原因になります。
だから使う前に細かい網ザルで灰を漉してやるといいと思います。



| メンテナンス | 22:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3年目のメンテナンス

家づくりが始まって3年が経ちました。
最初に取りかかったのは展望デッキ材の塗装でした。

その展望デッキも雨風に打たれずいぶん汚れ、そして色褪せてきました。
部分的に苔が生えてしまってるし、全体的に黒ずんでました。

先日デッキブラシで掃除すること1時間。
この黒ずみはもしかしたら煙突からの煤が降ってきたものが少しずつ
蓄積したものかもしれません。
そこらへんは推測なのでなんとも断言はできませんが、
そんだけ黒ずんでいたんです。

ブラシでこするとヘドロのような臭いを放ち、想像以上に苦労しました。

掃除がおわり、乾燥すると木の表情がかわり想像以上に良い味わいの
肌ざわりとなり、木の味わいをかんじました。

展望デッキビフォー




しかし、このまましておくと朽ちてしまうので
塗装を決行。

初回はオスモカラーチークで施しましたが、今回は保有在庫の関係もあって
キシラデコールのチークにしました。

展望デッキメンテナンスアフター

これはこれできれいですね。

乾いたら素足で歩いてみようとおもいます。

| メンテナンス | 13:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

漆喰壁(タナクリーム )のしみ取り

我が家の室内壁の半分以上は漆喰(タナクリーム)仕上げなのですが、
住み出して2年と4ヶ月。
知らない間にいくつかの汚れが付いてしまいました。

その汚れを発見する度に、スクレーパーで表面を削ったり
して、なんとか修復をしてきました。

先日対処に困ったことがありました。
子どもがご飯を食べたあと、べとべとの手で壁に触れてしまい
リビングの目立つ場所に指先のあとが点々と付いてしまいまいました。

濡れタオルで拭いてみるも取れない。

いつものようにちょっと削ってみるも
結構しみ込んでしまっていて若干うすくなっただけで
取れきれず……

それから数週間が経ちました。
実家に行くと両親が高圧蒸気噴射で落とすクリーナーを
持っていたので借りました。

これならおちるだろ~って期待に胸をふくらませて
スイッチを入れると………

噴射~~~

シュワシュワシュワ~~~~~

オ~~~~~~
これはすごい!

………………


≫ Read More

| メンテナンス | 12:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メンテナンス

今日は、雨だったので薪棚製作はあきらめ、床のワックス掛けをおこないました。

1階フロアは昨年秋に行いましたので今回で2度目となります。

子供が小さいので食べこぼしや飲みこぼし、よだれ等で結構しみになったり
おもちゃを落としたりした傷あとが絶えず、困り果てる反面、諦めも半分でした。

今日はたまたま義妹さんが来てくれたので子守りをしてもらってる間に
夫婦ふたりで蜜ろうワックスをかけようってことで急遽がんばりました。


傷が目立つところはランダムサンダーで少し研磨し、
凹凸が目立たないようにしてからのワックスかけです。

写真でもはっきりわかりますが、研磨したところはくっきり色が変ってしまってます。

床研磨

床研磨02

けどこれはワックスをかけると全くわからなくなるので
ご安心を!

消えます!


床の色ですが、家具を移動させると無垢の木ならではの変化に驚かされます。
特に移動する機会がないテレビボードの下の床の色は入居の時のままですが、
その他はほどよい飴色に変化しつつあるのがよくわかりました。

今回2階フロアーは初めてのワックス掛けでした。
1階と2階と我が家は木の種類を変えました。

1階は樺(広葉樹)2階は赤松(針葉樹)です。

2階は子供があまり遊ばせないことから汚れはすくないのですが、
木が柔らかいので少しものを落としただけで凹み傷がつきます。
そんな傷あとがあちこちにありますが、節目がある床材にしたので
あまり気にはなりません。

ほぼ1年ぶりのワックスかけとなったのですが、色の変化にびっくりしました。
床材自体が日焼けして濃くなってきたせいもあり、ワックスを施したところと
そうでない所の差が一目瞭然です。

黄昏ワックス3月
画像の左半分がワックス掛けしたところです。

昨年のはじめてのワックス掛けの時は
その差がわかりにくかったんですが、今回はよくわかりました。

昨年のワックスかけの日記はこちら

とりあえず、全ての部屋を行うことは無理でしたが、蜜ろうワックス部分のメンテナンス終了です。
のこりはキヌカでワックスした部屋を残すのみとなりました。

キヌカと蜜ろうワックスの違いはこの1年経過をみていましたが、
全く差がわかりません。
またキヌカを塗ってから経過の報告をしたいと思います。

| メンテナンス | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |