ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウッドデッキのリニューアルの前に その3

横びきカット用治具と縦びきカット用治具が完成しました。
使い方は縦びき治具は天板の奥と手前2か所に貼った目盛を基準に合わせ、
バイスで固定します。
天板の長さに合わせた90センチのものと、
180センチのものを用意しました。

どれもあまりの材木を利用しています。
長いやつは反りやエッジの擦れによる傷みを考慮して
アルミレールを貼りつけてます。

横びき用治具はこんな感じ。

長い板材をカットするため、延長テーブルも作成してます。

足元に棚も設置。天板に置いていた工具もこれで片付くので作業効率が上がりそうです。

脚の補強もしました。

これにてウッドデッキの製材の準備は整いました。
いよいよ開始します。
しかしこの時期暑いからしんどいな~
まぁ、ボチボチやります!
ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ウッドデッキ製作 | 21:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウッドデッキのリニューアルの前に その2

作業台兼テーブルソー作成のつづき
前回、天板に丸鋸を取り付けたのですが、ちょっと問題が起こりました。
ほんのわずかにですが天板(コンパネ)の外枠に対して平行がとれていませんでした。
いまさらやり直すには不可能。あらたに違う場所にずらしての作り変えになる。
しばし思案。。。。。。。。
テーブルの端から端(90センチ)のずれ幅は約3みり。
というのも
天板の外枠を利用した治具を作ろうと思っていたので
それができなくなる。
簡単に言うと直角・水平が取れていないってこと
あ~~~~~~
この微妙な数値を無視するとあとあとの仕上りに問題がでてくる。
仕方ない やりかえだ~
と思いましたが、
このまま微妙にずれたまま続行することにした。
というか外枠は基準にするのは諦め、
微妙にずれた角度にあわせて治具づくりをすすめました。
まずはメジャーの張り込み。
貼った時に天板をフラットにするため、メジャーの厚み分の0,3ミリの溝をトリマーで掘りました。

これをしておかないと材木が引っかかたり、メジャーの目盛の印刷がすぐに擦れてはげてしまうんです。
セッティングメジャーという貼付けできる目盛テープを購入し貼りました。(逆目盛仕様)

つぎに治具用のレール溝の加工。
L字のアルミレールを利用。
トリマーでL字の短い方の辺の長さ+両面テープの厚み分の長さの
溝を掘りました。

途中、ちょっとトリマーの勢いに負けて脱線し、こんなことに

まぁ、アルミレールを貼るからいいか~
10ミリのストレートビットなんでちょっとずつずらして4回にわけて
の作業なんですが、結構木屑がでるし、平行を計るのが
難しく、レールの幅ぴったりにしないといけないので
相当慎重に時間をかけました。
2本の溝をテーブルの両サイドに掘り、
15ミリ幅のレールを対面に2本あわせて両面テープで固定。


30ミリ幅のアルミ板(3ミリ厚)をこのレールに滑らしますので
アルミの厚み分各1ミリ 計2ミリの隙間があいてしまいます。

これでぴったりです。
このアルミ板に垂直に板を取り付け短辺用の治具の完成。

これで2×4材などの板材のカットは楽になります。
今回の目的であるデッキの長い板の製材をするには
この治具ではことたりないので明日にでも
長辺をカットするための治具づくりをしたいとおもいます。

つづく
ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

| ウッドデッキ製作 | 22:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウッドデッキのリニューアルの前に その1

我が家のデッキも7年が経ち、傷みが進んできました。
特に雨水がかかり日差しのきつい物干デッキの傷みはひどいです。

床板は青苔が生えたり、塗装が剥げたり。
おまけにネジが錆びて朽ちてる部分もあります。

リビングデッキ側は、屋根があるのでそこまで
傷みはないですが、床板の乾燥が進みししすき間が広がったり塗装がはげたり。



耐久性に優れた高いデッキ材は予算の都合で買えなかったんで
メンテナンスはマメにしないといけないんですか、ここ4年はできてません。

もうこれ以上放置してしまうとヤバイことになるんで
リビングデッキ側をカフェ風にリニューアルすることにしました。
柱の色をグリーン系に変え、床材も張り替えます。

といっても今回も予算が無いので床材は今のやつをカンナ掛けし、幅も少しカットし
反りや曲がりをなくすように製材しなおそうとおもいます。
使えるものはとことん使います!


材質はサザンイエローパイン。
厚みが25ミリあるのでカンナかけしても全然問題無し。

結構曲がりがあるものもあり、乾燥が進み隙間が広くあいてしまったり
しているところもあったりして不細工でした。
すき間が広がり一番困るのは細かいネジやボルトなんかを落とすと見事に吸い込まれて無くなります。
なので今回は隙間は3ミリにします。一般的には5ミリくらいなんでしょうがね。



てなわけで製材しないといけないので電動丸ノコを利用した
テーブルソー兼作業台を作ろうと思います。

置きっぱなしの作業台ではないので解体してコンパクトに収納できるように
考えました。

足はソーホースブラケットを使って作成。2×4材を切って挟むだけ。
アメリカ人の考えそうなアイテムです。
天板はコンパネ。
箱状に加工

このあたりは後日ほどくわしく。

丸ノコはプレートに4か所穴を開けて


6角ボルトで固定。
Edit
天板側は鬼目ナットを打ち込みました。

ノコ刄の溝を入れて完成です。


基本作業台として使うので取り外しできる仕様です。

今日はここまで。

つづく


ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

| ウッドデッキ製作 | 10:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっとここまできました。

床張りも終え、ウッドデッキらしくなり
バリアフリーになったので薪の搬入も昨年に比べると楽になりました。

ただ、現在室内に薪を持ち運ぶキャリア袋?というか箱というか……
そういったアイテムがなく、代用としてバーベキュー網をトレーみたいにして
搬入しています。
両手がふさがるし、木屑も落ちたりするので
早くなんとかしないとな~と思う毎日です。

で、デッキですが屋根がついに完成。

屋根完成01

屋根完成02 


一部つくりながら変更したこともありやや難航しましたが、なんとか形になりました。

元々は軒下に屋根を張る(2重)つもりでしたが
既存の屋根の形に合わせて繋がる形にしました。
これで10センチほど屋根の高さはアップ。
圧迫感も無くなりました。

水分が溜らないよう1cmほどあえて隙間をあけてます。

屋根延長 

通常の雨なら逆流してこの隙間から漏ることはなさそうですが、
大雨や長雨になると波板から軒に跳ねかえった雨の雫が
垂れてくる気配が軒裏に雨の跡でわかりました。
窓の隙間テープでも代用して防水しておいた方がいいのかな~って思ってます。

現状今のまま様子みますが……


予算上、屋根材はポリカの波板を使いました。
欲を言えば、本当はポリカの平板にしてもうちょっとサンルームみたいに
したかったんですが……

おしゃれなテーブルを置いてカフェ風にね!、
しかし背後に薪棚があるし、工房としても使うだろうし、
そんな雰囲気の街でもないし……
現実的に外でカフェ楽しむことってしそうにないのであっさり断念。

ポリカの波板は12尺を5枚使用。
3枚は結局仕様変更に伴い10尺ほどになり、キッチンはさみでカット!

切り口は専用カッターで切ったようにはいきませんが、
切れます。
コツは画像のように切った板を下げるようにすると簡単に切れます。

ポリカカット 

留め具はポリカビスとステンレス傘釘の2種。

ポリカビス 
なぜ2種か?

ただ、ポリカビスが足らなくなり最寄りのお店では手に入らなかったので
仕方なくステンレス傘釘を使っただけです。(笑)
ポリカビスはネットで波板を買ったときに同時購入したっものです。
100個で2000円
ステンレス傘釘は100個で298円だったので
断然安い。

耐久性の差がなけりゃステンレス傘釘で十分だと……
いまさらですが……

けどメッキ傘釘は安物買いになるので私はお薦めはしません。

薪棚と屋根はできるだけ雨がかからないように
やや重なるように屋根を延長させました。

屋根重なり 
完全に雨は防げませんが降雨中の薪の搬入には問題なくできそうです。


あとはフェンスと幕板となりました。構想は出来ています。
フェンスはちょっとこだわって
きれいなお花を飾れるようにするつもりです。
リビングのレースのカーテンを開けても室内が見えない工夫をしようと
思っています。


年内完成が目標でしたが、もう時間がないな~
目標は達成できなかったな~。

まあ仕事もいろいろあり大変だったので仕方ないか~!

週末ビルダ-の1年が終わろうとしています。

| ウッドデッキ製作 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リビングデッキ 屋根づくり

菜園に時間を費やしてる間にすっかり秋も深まり、

そろそろ冬支度。

きょうはリビングデッキの屋根作業に取りかかりました。

前回の工程はこちら


とりあえず梁を前後に2本渡し、桁を4本設置します。

材木の反りやねじれもあるのと、一人での作業なので
確実に組あげれるように、梁と桁はかみ合い組手できるように
溝を掘りました。

kamiaikumite.jpg 

溝は丸鋸で何度も筋を入れ、

marunokosyji.jpg 


marunokosuji02.jpg

ノミで削るやりかたで!

hozo.jpg 



桁と垂木も同様にややかみ合い組手で!
溝の深さは強度が低下しないようにおおよそ5ミリ。
組むというより正確に設置するための加工ですね。

taruki.jpg 



とりあえず

桁の設置が完了。


桁設置 



明日は垂木を組んで、波板を打ち付けます!



ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

追記!
垂木を組んだ様子は

≫ Read More

| ウッドデッキ製作 | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。