FC2ブログ

ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

物干デッキ追加工事

1年前に完成した物干デッキ。
上部には展望デッキがあるのですがその上には屋根がなく
雨がふると展望デッキの床板の隙間からポタポタと落ちる構造になっていました。

モノホシデッキ03

今までなんどか突然の雨で洗濯物を洗い直すことがあり、
屋根がほしいという要望がありました。
家の建築設計段階では予算の都合もあり深く考えてなかったのですが、
やはり物干デッキを想定していた以上、雨対策は事前にしておくべきだったかな~と
いまさらながら思う次第です。

先日リビングデッキの床板張りも終わり、作業スペースが確保できるようになったので屋根製作に入りました。

造りはいたって簡単。
展望デッキの下に釣り下げるように設置するだけ。
ただ、物干の釣り下げポールが設置されているので
全面は覆うのはいまからは困難。
なのでポールとポールの間だけ屋根をつけることにしました。

寸法と材料は以下のとおり
サイズ/1820×2550mm
●屋根材/ポリカの波板クリア 6尺 5枚
●垂木材/27×60×3000(米松) 6本
●金具/L金具 4つ
●ポリカビス/48コ
●塗料/ウッデイガード
●木ネジ、コーススレッド

最初は価格の安いSPFの2×4材で考えていたのですが、急遽売り場で見つけた27×60(米松)に変更。
2×4にすると重くなり、そこまで強度はいらない。
2×3が丁度よさそうですが、売っていなかった。
値段も2×4材を使うよりも35%も安くすむことがわかりその場で計画変更。

ポリカの波板は6尺を5枚
ホームセンターには10尺までしか取扱いがなかったので
ネットで12尺を10枚購入。
その内3枚を2分の1に切断しコスト削減。残りはリビングデッキの屋根に使います。
結果的に価格もホームセンターで買うより3割くらい安く購入できたので結果オーライ。
しかも送料無料キャンペーンときたからかなり得した。
ただ、クリアエンボスが希望だったのに手違いでクリアが届いた。
そこだけは残念でしたが……

作業としては2日で完成。
1800×2500の木わくに波板を取り付けるだけ。
もちろん雨はかからないところですが防腐塗料も塗りました。

一番苦労したことといえば、取り付け作業でした。
なんせ1人での作業。できあがった屋根を高く持ち上げることができず、
2階の展望デッキの隙間から荷物を固定するベルトを4本吊り下げ、ゆっくりと引き上げました。
何度も上と下を行ったり来たりしたのは言う間でもありません。

ro-pu.jpg 

2ケ所固定したところでミスが発覚!
長さが足りない!
展望デッキの構造材にL金具で固定するつもりだったが構造材に届いてない!

なんで!?

原因は2×4材で寸法を計算していたのですが急遽売り場で見つけた27×60(米松)に変更したときに
その差を計算せずに切ってしまったことでした。

やってもた~

しかたなく当て木をして固定!

物干屋根失敗

ちょっと不細工ですがまあみえないみえない!
というか見ない見ない。

てなわけで完成!
物干やね

あ~しんど!

| ウッドデッキ製作 | 12:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりあえず床張り完了!

ついに先日、リビングデッキの床板が張りおわりました。

通常、床板張りなんて半日もあればできるはずですが、

我が家の場合、短い板を交互にずらして張ることにしたことで

ちょっと手間がかかりました。

P1000145.jpg 

あと、板材の幅が結構誤差があったり反りもあり、
写真のようにきれいに合わないところも生じました。

そのへんの微調整でちょっと苦労しました。

P1000146.jpg 



なんといっても一番時間かかったのは板をきれいにすることでした。



こんな感じで汚れてるものが多くて……

P1000153.jpg 

そのまま塗料を塗っても隠せないものがおおく、

中にはチョークで線が書かれていたりして…

雑巾で水拭きしても気休め程度しかとれないので

結局、1枚1枚ランダムサンダーでサンディングしては塗料を塗るという作業が一番辛かったですね。
ホームセンターで買って来た2×4材ならそんな手間は要らなかったので

せっかく安く提供してくれた材料でしたが、安い物には訳があったというわけで、
時間的にはかなり手間でした。
まあその苦労のおかげで、塗料の延びもよく、すべすべした感触が素足で歩くと伝わってきます。

板材の幅の誤差も思わぬ誤算で、木と木の間の隙間を均一に保つのが困難で、
ジグを作ったりもしましたが、あまり役にたたず、結局はメジャーで計って
根太に印を付けました。


隙間幅はちょっと広めでおおよそ1cm
というのも、昨年作った物干デッキの時は約5ミリとしてましたが、1年が経ち
見てみると、木が膨張してスペースが狭くなってます。
なので今回はそんなことも見越してやや広めにあけ、後々ちょうどいい間隔になるようにしました。

P1000151.jpg 

塗料はオスモカラーが基礎を塗った時点で無くなったので床板は

別メーカーの「ウッディガード」を使用。
日本ペイント製
価格的にもリーズナブル。浸透性塗料というところはオスモカラーと同じ。
木目を生かしながら膜で保護するタイプです。

色もチークで統一しましたが、問題なし。



刷毛で塗ってウエスで延ばしました。結構即乾性があるのでぼやぼやしてられませんでした。

オスモカラーを塗布した物干デッキと比べて耐久性の経過をみていきたいと思います。

そんなこんなで45枚の床板を張り終えました。

P1000148.jpg 

あとは床板の端をきれいにカットして、幕板を張って、フェンスと屋根です。

とりあえず、屋根の基礎枠の一部ができてます。

年内ゴールできるかな~



フェンスのデザインまだ決めてません!ちょっとオリジナリティをだしたいな~と…


ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

つづきはこちら

≫ Read More

| ウッドデッキ製作 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リビングデッキその3

ここんところやることがいっぱいで、なかなか終日作業にならないんですが、
先日より床板張り作業にかかりました。
要の基礎はできたのであとは技術よりも時間との勝負。

とりあえず、サンディングして塗装を施した材料から順に張っていってます。
サンディングして塗装する作業は想像以上に地味で時間のかかる作業なんで
なかなか1日中続けられないんですよね~

だから先に張っちゃったってわけです。

デッキ001 

残すは半分。あと24枚の板です。
地味に磨いて塗装……

それがおわったらフェンスを作って、最後は屋根。

がんばります!












| ウッドデッキ製作 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リビングデッキその2

9月だというのにまだまだ残暑厳しい中、
どうにかこうにかリビングデッキの基礎はこのとおり完成。

基礎


根太のピッチは60cm
60cmにした理由は簡単!
床板が1本120cmの長さなので……

なぜ120cmの長さの床板なのか!?
普通は2×4材など3650mmほど長さのあるものを床張りするのが一般的なのですが..

それは予算の問題で……
工務店さんの協力でデッキ材としては短いですがこれなら本数も結構在庫があるので
にお安く提供できますよ!とのことで、迷うことなく即決。

根太と柱の固定はボルトで締めてます。
基礎ボルト 
手持ちのボルトの長さが短かったので座ぐりビットで穴を空けて、
ボルトの頭が木の中に埋まるように固定。

その他の固定はステンレスコーススレッドで!

コーススレッドはステンレスに限ります。

というのも

昨年作った物干デッキはメッキのコーススレッドを使ったのですが、
1年でもう錆て、木に色が移ってしまってます。


P1000152.jpg 

これは失敗でした。
雨水があたらないところならまだいいでしょうが、当たるところには
ステンレスじゃないと耐久性に問題がありますね。
そういった失敗もあり、値段も少し高いですがけちらないことにしました。


現在、床板を1枚1枚きれいにサンディングしては塗装を繰り返してます。


このデッキ、パーゴラ風の屋根もつける予定。
フェンスも!

9月中になんとかデッキは完成したいな~

まだまだ先は長いですがコツコツ頑張ります。

| ウッドデッキ製作 | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ようやくとりかかったリビングデッキ!

7月から 基礎に取りかかってます。
正直、完成図がまだ決まっていないんですが……

というのもまだまだ庭づくりは発展途上なので畑の位置や向き、アプローチ、駐車場など
頭の中になんとなくイメージはしてるもののしっかりとした図面はないんです。

図面上で描いたもののいざ作ってみるとイメージが違ったりするので
紙の上で全てを決めるのは今の私には無理なのかもしれません。

そう思うと設計士さんってすごいな~って今さらながらおもっちゃうしだいです。


本来リビングデッキは薪棚と繋がる形を考えていたのですが、
昨年薪ストーブを使いはじめてその構想がかわりました。

使いはじめると薪棚まわりには木くずが落ち、結構掃除が大変なことがわかり、
デッキの上に薪棚を設置しちゃうと汚れる!しかも運搬も段差があり結構大変。
なので分離して薪棚を先行して製作した経緯がありました。
これも図面上ではわからなかったことです。

しかし、分離して薪棚を完成させたのはいいものの、薪割りする場所や
駐車場の位置なども不確定。なのでデッキの階段の位置やフェンスの位置も決めれず……

そういろいろ考えてるうちに今年も畑は着々と拡張し、庭のスペースがどんどん
菜園化されてしまい、今現在、枝豆が植わってるところは駐車場予定地

道路からリビングが丸見えなので目隠しとしてフェンスをつけたいのだけど、
逆にそうすると室内から庭が見えなくなる……
そんな問題もあったりして……

どないもこないも前に進まないのでとりあえず
確定しているところから作っていき、イメージが見えてきてから
変更できるような作り方ですすめちゃえ!ってわけで、先月よりとりかかりました!

とりあえず、確定している一部分の基礎まわりはモルタルで固め、雑草防止シートを施し、バラスを敷きました。
で、きょうはエアコンの取り付けが行われました。
急遽エアコンを買うことになったのでちょっと慌てましたよ!

室外機はすっぽり基礎枠内にはめてもらいました。

さてさてどんな形なるのかな~。

| ウッドデッキ製作 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT