FC2ブログ

ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やつらが狙っている!

5月の今頃は毎年イチゴの収穫時期。

ことしは気合いを入れての栽培だったので
出来映えが楽しみなのです。

先週くらいから実の色が赤くなり始め、そろそろ食べごろって感じです。


で、昨日、朝の水やり時、異変に気づきました。

食べごろの実がない!

蟻?、なめくじ?

いや、今回は鳥の仕業。
大きくついばんだ形跡がありました。

被害は4個。

嫁さん曰く、朝方カラスが3匹、畑にいたとのこと。

くそ~~~~


あの生ゴミを荒らしてる奴か……

ゴミの収集日になると近くに電信柱の上から様子を伺ってるんです。


今まで鳥の被害はなかったですが、ここ2年で目をつけられたようです。

緊急処置として寒冷紗を被せました。

今朝は寒冷紗のおかげで無事でした。


| 畑仕事 | 21:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うれしい発見!

ゴールデンウィーク中日の今日、小雨が降ったりやんだりする中、
庭仕事にあけくれてました。

植え付けはほぼ終わったものの、整理整頓やきゅうりのネットの設営や
とうもろこしの畝の拡張作業、小石の除去などなど
やることはいっぱいあります。

そんな中、3週間ほど前にじゃがいもを植え付けた際に残った
種芋があったので、だめもとでいまからでも植えてしまおうと
庭の片隅を畝立てすることにしました。

じつはそこは庭のゴミ置き場です。
ゴミといっても雑草や野菜のくずなどを山積みにしていた
自然のコンポストポイント。

なのである意味土は肥えているとも言えるところです。

とはいえ、完熟堆肥になっているわけではなく、
ただただ枯れ草や抜き立ての雑草が混在するところ。

ちょっくら山になっている雑草を横にずらして地面を耕してみました。

すると…

≫ Read More

| 畑仕事 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今度こそ!実りますように!

毎年この時期、ホームセンターの園芸コーナーにいくと
苺の苗の独壇場です。

我が家はいちご栽培をはじめて早5年がすぎ、来春で6回目を迎えます。

5年の時を経たにもかかわらず、納得のいく実りを味わったことはなく
苺栽培の難しさを痛感しています。
ただ、この5年でわかったことは、きちんと手をかけた分だけ成果はあるということ。

というのも、1度だけ冬期前に藁を敷いて追肥もきちんとしてあげたことがありました。
その年の実の付きは今から思えばよかったような気がします。

初年度はプランターに2苗からはじめました。
昨年、新居暮らしがはじまり、プランターから地植えにする環境ができました。
ところが、いろいろと忙しく畝の準備が整わず、いちごの植えるところがないまま
秋を迎えてしまい、耕耘も肥料もろくに施さないままとりあえず畑の片隅に定植させたんです。

そこまでしてなぜ育てたのかといいますと、苗があるからです。
最初に買った苗の子孫を繋いで繋いで、現在に至ってます。

それを途絶えさすわけにもいかず……

昨年はそんな状態でしたから今年の春の収穫はさっぱりでした。
わずかにできたイチゴはすべてアリんことナメクジが食べてる有り様。
そのおこぼれを家族で細々食べてました。

蟻が食べるので困ってます。この現象は5年通じてそうでした。
マルチをしても防虫ネットをしてもアリだけは防げないので
みなさんどうしてるんだろうとちょっと疑問です。


そんなことがアリながらも
次回こそはアリなんかになべさせないぞ~
肥料もちゃんとあぜて、
マルチも2月頃に寒いけどがんばってするぞ~と思う今日この頃なんです。


しかし
親株も子株の管理もこの夏は放ったらかしたので
親株は枯れさせてしまい、子株もきちんと株分けできず、適当な地面に根をはって育ってましたが、
元気がなく、色艶がわるいので処分してしまいました。
ついに子孫が途絶えたか~……

まあ仕方ないか……
しばらく苺は休憩しよう!と思いました。


ところが、



≫ Read More

| 畑仕事 | 23:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古い種と新しい種

昨年の冬から種から育てる醍醐味を感じるようになり、
品種によって種を買うのですが、我が家のような小さな菜園では
どうしても種を使い切ることはありません。


蒔ききれなかった種は期限切れとなり
もったいないな~と思いながらも新しい種を買うことにしていました。

というのも期限切れの種は発芽率も悪く、育ちがあまり良くないときいたので
まあ仕方ないか~って……

しかししかし……

実験好きな俺!というかもったいない精神旺盛というか‥‥

先日、本当に駄目なのかどうか試してみようと思い、
期限切れの種(2010年4月まで)を蒔いてみました。


とりあえず、ほうれん草をセルトレーに蒔いて様子をみてみました。

すると!



発芽しました。


この種は昨年の秋に蒔いたのに発芽できず、春先になって発芽。
そんな経緯のある種でしたがなんと2日目に芽がでてきてた。昨年よりええやん!


な~んやまだまだいけるやん!


で調子にのって水菜も実験



mizuna.jpg 

10月24日現在


左側の筋が期限切れの種(サラダ京水菜/トーホク) 
右側が今年買った種。(京水菜/カネコ種苗)



見てのとおり問題なく発芽してます。


おなじ日に蒔いて先に発芽したのは今年買った種でした。

その翌日に期限切れの種も発芽。
よくみると葉っぱの緑の色が少しちがいます。
オーストラリア産は国産に比べるとやや黄緑。

遅れて発芽した方が10月24日現在、発育早いです。
しかしこれは品種の差かもしれません。
昨年の種はオーストラリア産、今年の種は国産です。


mizuna1017.jpg 

10月17日現在

一足早く蒔いた水菜は本葉が出てきてます。


いろいろな方からの情報によると、種は冷蔵庫の野菜室に
保管するのが良いらしい。
温度管理が秘訣なのかもしれませんね。



けど今回蒔いた期限切れの種は室内ですが無造作に置いてあったものですが…。
この水菜の生育は楽しみです。
今後の生育を見守っていきたいと思います。
結果によっては今年買った種は来年もつかいまわすことになるでしょうね。


ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

| 畑仕事 | 19:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どこにおるんや~!


今年の秋冬野菜の栽培ははじめての白菜に挑戦してます。
鍋にはかかせない食材なのでなにかと重宝するだろうというのが最大の理由。

テレビで栽培法を紹介していたとおりやってみたところ
順調に大きく葉を広げすくすくと育ち始めました。

ところが最近、葉の虫食いが目立ちはじめました。
寒冷紗で覆っているので大きな被害には合わないと思っていたのに……

毎朝、葉の裏を1枚1枚チェックしています。
しかし!

虫は思ったほどいません。どこにおるんや~

数日が過ぎ、葉の様子も被害拡大中。あきらかに穴の数が増えている。

おかしいな~と思い先程いろいろと調べたら、わかりました。

ヨトウムシですかね。

なんと土にもぐって日中はすがたを隠すとのこと。
なるほど!それで見つけれなかったんだと!

土の中から涌いてでてくる害虫なので寒冷紗や防虫ネットで覆っていても
仕方ないとのこと。

え~~~

そんなこと知らんかったわい!

常識?!

畝づくりする際に薬を混ぜ込むらしい。
そうだったんだ~と。勉強になりました。

なので今日、オルトランという殺虫剤を買ってきました。

で、早速施そうと思い、白菜を見ると……

なんと芯の部分に大きな蛾の幼虫がいました。

結構でかい!3センチくらいある黒いやつ!

こいつか?犯人は!

速攻で退治したのは言うまでもありません。
そろそろ白菜の巻きがはじまりました。
早生品種なのであと2週間ほどで収穫できるのかも。

しばらく目がはなせません!

| 畑仕事 | 21:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT