ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

はじめてのコストコ

隣町に数年前にできたコストコにいまさらですが初めて行ってきました。

会員制なので年会費が必要だし、我が家は3人家族で
大量買いはあまり向いていないので必要ないと思ってました。

しかし、子供も少し大きくなったのと大型連休ということもあり
行ってきました。

店舗に入ると倉庫のようで圧倒され、どこから見ていったらいいのか
ようわからん!

店員さんを捕まえて見るポイントを教えてもらった。

壁周りにセール品やお買得品が置いてるので大外から見てまわって
徐々に中へいくといいらしい。

そんなことを言われながらも途中試食コーナーの誘惑にあい、
いろいろと食べました。

定番のプルコギはやはりうまかった!
あとチャンジャも最高。

なので買いました。
なんだかんだで18000円!

え! いきなりの出費だ〜

早速ですが、晩、お庭のデッキにホットプレートを持ち出し
屋外でプルコギをいただきましたよ!
自家製玉ねぎも焼いて食べたらうまかった!

やばい!親族では2.3年前にブームだったコストコに
我が家はいまさらですがはまりそうです。
スポンサーサイト

| グルメ | 00:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の梅酒

今年も梅酒を漬ける時期となりました。
昨年漬けたものがまだまだあるのでどうしようかな〜と思ったのですが、
空き瓶が2つあるのでやはり漬けることにしました。

昨年はブランデーベースで漬けました
酒通ではないので何がどう違うのかはわかりませんが、
おいしく頂けてますので問題無し。

同時に違った漬け方のものを出されると比べれるんですが
私にはただの梅酒でうまい!ってことしか正直わかりません。

今年はホワイトリカーとブランデーのミックスにしました。
あと、糖分は氷砂糖と黒糖の2種。ミックス仕様です。

2012梅酒&シロップ

ところが………

≫ Read More

| グルメ | 01:18 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

大きく育ってしまった小松菜

もうすぐ春です。
我が家の庭は今、各草花が冬眠から目覚め色づきはじめ、
葉野菜のとう立ちがはじまり春の兆しをみせてます。

白菜、大根、かぶ、ブロッコリー、水菜、小松菜、ほうれん草、サニーレタス
を育ててますが、中でも小松菜がものすごいことになってます。

小松菜0318


昨年の秋の時点では青虫にやられまくり、ほぼ壊滅じょうたいで
食べるところがないくらいだったんですが、冬になり青虫や夜盗虫がいなくなってから
知らない間にどんどん成長してしまい、食べきれず放置してました。

あまりにも育ちすぎた葉っぱは60センチほどまで大きくなり、
芯も太く、葉は青臭くなってどう見ても小松菜にはみえません。

ご近所のおばさんにも「これ何?」と言われる有様。

嫁さんも手をつけなくなってしまっていたビッグ小松菜。
題して大松菜

週末となればわたしが作るチャーハンの具としてちょこちょこ食べてましたが
せいぜい葉っぱ1.2枚しかつかいません。
なので見た目全く減った感なし。

どうにかならんかな~とネットで調べたら
漬け物に使えると発見。

どうやら大きくなった小松菜は歯ごたえもしゃきしゃきしていて野沢菜とにてるらしい。


確かにチャーハンに芯の部分を刻んでいれた時、味がわさびのような辛みがちょっとあり
漬け物にできそうな気はしてました。

これは大量消費できそうだ!と
さっそく、大きな葉っぱを10枚ほど収穫し、漬け物にしました。

ん~~ん

これはいける!
確かに野沢菜みたいです。

塩と唐辛子ベースですこしだけ浅漬けの素(粉末)を入れて漬けました。

少しだし醤油をかけて白胡麻なんかふりかけたら白ごはんが進む進む。
葉っぱ2キロほど収穫して3度に分けて漬けこみ、友人や会社の仲間にお裾分けしました。

それでも全体の1割ほどしか減ってないんですよね~。

だから今日はキムチの具材にしようと試みました。
昨日、仕事で鶴橋付近に行ったのでコリアンタウンで韓国人のオムニがいる店で
キムチの素をゲット。
作り方をその場で伝授していただきました。

キムチの素以外は材料はすべて自家製の野菜たち。
白菜と小松菜、大根、カブをつかいました。

通常白菜漬けは半分に切り、白菜の葉を1枚づつめくってキムチの素を塗り込んでいく
作業がお店での作業らしいいのですが、家庭で漬ける場合
予め食べるサイズに切ってしまうほうが簡単ですよってオムニにアドバイスされました。
韓国人の本場の方が言うんだから間違いないはず。

今回は白菜5、小松菜3、大根2の割合のものと
大根7カブ3割のものの2種をつけることにしました。

材料はすべて食べやすいサイズにカットし、
ボールに入れて少し手でかきまぜて塩漬けをします。

キムチづくり01
白菜・小松菜・大根

大根キムチ塩づけ
大根・カブ

しんなりして水分がでてきたらザルにうつして
そのまま水洗い。少しだけ水気を切っるように絞って
あとはキムチの素を好みの量分、混ぜてすこしもみ込んで
瓶やビニール袋にいれて3~10日冷蔵庫で寝かせたら完成。

自家製キムチ
小松菜は芯の部分だけを使用しました。大根は千切り

大根キムチ02
こちらは大根とカブをさいころ状にカットしてます。歯ごたえを残した大根カブキムチです。


これにて畑には大根はあと1本、白菜もあと1個、小松菜はまだまだあります。

しばらくは漬け物三昧となることは言うまでもありません。

明日も会社に持って行きます。

キムチは今週末くらいから食べれそうです。
たのしみだ~

はやく食べたいな~

| グルメ | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪ストーブでホットケーキ!

今日の昼ご飯は子どものリクエストでホットケーキを作ることにしました。

ママが仕事でいないので私がシェフです。
キッチンを探してもホットケーキミックスがなく
まずは買いに行くところからスタート。

今日は寒かったですね~
子どもと二人でお買い物です。
すごく嬉しそうにスーパーへ向かう我が子の姿が
微笑ましかったです。

私にとって久しぶりのホットケーキづくり。
独身時代はよく食べてました。

朝からの冷え込みで薪ストーブを稼働させており
ちょうど熾き火状態だったんで
薪ストーブで作ってみることにしました。

熾き01

ゴトクをセットして
熾き02

ダッチオーブンのスキレットに
流し込んだ生地を投入。
ホットケーキ01

ここで通常なら表面にポツポツができるんですが、
炉内全体がオーブン状態なので
表面も焼けつつあり、ポツポツがでてきません。
全体が盛り上がってきました。

弱火でじっくり焼きたいのですが
あまりに高温なのでゴトクから少しはなれるように
炭バサミをかまして鍋をセット。

ホットケーキ02

そして満を持してひっくりかえすと
ホットケーキ03

いい感じの色です。
底が波うってるので
ジャンボワッフルみたいになりました。

再び炉に戻し、裏面をじっくりやきました。
ホットケーキ04

かなり大きなホットケーキができました。
ナイフで切り分けました。

さくふわホットケーキ

いつもは丸いホットケーキですが、こういうのもいいですね。


味の方はいたってホットケーキに間違いはないのですが、
食感がちがいました。

いつもはふんわりしたホットケーキですが
ダッチオーブンスキレットをつかうと
表面はちょっとサクサクしていてなかはしっとり。
これはなかなかでした。
見た目もちょっとカフェ風でしょ。

あのサクサク感はフライパンではでないはず。
やはり遠赤外線熱とダッチオーブンだからでしょうね。

子どもも大満足だったようで、おいしい!って言ってくれました。
またやりたいと思います!


| グルメ | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大量の梅ジャムづくり その後

先日、大量の梅と格闘後、冷蔵庫で保存し、
ようやく本日朝から続きの作業にとりかかりました。

ネットで見つけたサイトのレシピを参考にしました。

こちらです!




砂糖は梅酒を仕込んだときに残った氷砂糖を使用。
おおよそ400g

その氷砂糖を
フードプロセッサーで粉々に砕き、鍋に投入。

ペースト状の梅をどっさり投入し、

火は弱火にして木べらでよ~くまぜまぜ……

まんべんなく混ざってきたところですだち汁を入れました。
レシピではレモン汁でしたが、たまたま頂き物のすだちがあったので……


P1000818.jpg 

梅の量の割に砂糖はやや少なめにしました。
というのも、入れすぎると後戻りできませんが、たらなかったら
最悪、砂糖を入れて再度煮込み直せますから……

あと、できたての温かい状態で味見したときと、冷えて固まったときとでは
甘みの感じ方が違うように感じます。
以前作った時、冷えると結構甘くなったりしたような気がしたので……

といったわけで砂糖は残り氷砂糖だけ。

で、結局、大きな瓶、中くらいの瓶、タッパーの3つ分できました。
P1000819.jpg 
わかってはいたけど大量の梅ジャムが完成!

早速ですが、明日から使いたいと思います。






| グルメ | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT