ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

菜園拡張工事開始!

いよいよ始まった拡張工事。
運良く夜から朝方にかけて雨が降り土が湿ってくれたので
スコップ1本での作業が少し楽になりそうな感じ。

日差しがきついと捗らない地味な作業。
今日は絶好の曇り空。

てなわけで朝10時30分からがんばりました。

お隣との境界になるブロック塀はみてのとおり
高さがなく、なだらかな傾斜を保ったところから
畑にしていました。
庭工事前
庭工事前アップ

まず、塀の高さをあげるため簡単でコストがかからない策として
選んだのが建築などで使われる足場の材料の単管とあぜ道を作る材として売られている
波打った樹脂の板を並べて壁をつくる方法。

単管は1メートルで約500円弱。これを7本買いました。
そしてあぜ道ガード材を3枚 高さ60センチ幅120センチ厚み4ミリ。 1枚800円弱

単管を40センチほど埋め込み、周りに石ころを流し込み土をもりました。
特にモルタルとかでは補強していません。

庭工事半ば

難儀だったのは、単管を打ち込む際にブロック塀際に捨てコンや大きな石があり
すんなり打ち込みできず、土をかなり掘りあげて除去する作業が生じたことです。
想像はしていたのですが、土を掘る作業は何度やってもしんどいです。

3時間以上かけて単管を打ち込み、あぜ道ガード材を3枚ならべることができました。
しかし、計算間違いであぜ道ガード材を3枚では足りず、壁は一部歯抜け状態。

あと1枚買いにいかないといけません。

ここまでも大変でしたが、さらに大変だったのは土の移動です。
シャベル1本で庭の中央にある畑の土を端っこに移動させるんですから
時間もかかります。

結局4時間かけてせっせと土を移動。
もう腕がパンパンです!

庭工事7割り

高さが上がり畑スペースができました。

まだ完成していませんが、1日でここまでできたのは
自分でもちょっと頑張ったな〜と思います。

なので今日の晩ごはんの晩酌は発泡酒からビールに格上げさせました。

あ〜〜〜この疲れの後のビールはうまい!
スポンサーサイト

| 施主工事記録 | 23:32 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

庭改造計画!

今年になって菜園はやっていたけど、庭づくりは何もやっていない。
玄関先は芝生が勝手に繁殖して昨年より倍増している。

繁殖しすぎてぼうぼうに伸びてしまって。ちょっとした草むら状態に
なってるんだな〜。

どこから修正していけばいいのかわからない状態になりつつある。

これはやばい!

てなことでちょっと秋から頑張ろうと思う。

今日、さっそくとりかかったのは
薪の原木棚の移動。

庭の端にとりあえず置いていたんですが、車からおろして、
運ぶのも手間がかかり結構大変だった。
なので今ある薪棚の横があいているのでそこにちょっと移動させた。

突貫で作った原木棚の土台は腐食が進み、
崩れかけていた。

ぎりセーフ!

計画では原木棚があったところは畑に拡張させる予定。
これが大変なんです!
どう大変
なのかはまた今度作業がすすんできたら写真付で
説明します!

| 施主工事記録 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ミニ菜園づくり

ここんところの秋冬野菜の準備でいそがしく、
庭づくりもちょっとペースダウンし、畑づくりに専念。

おかげさまで、大根の芽もようやく出そろい、なんとか育ちつつあります。

大根の葉

ことしはきちんと直播きしましたし、よく耕しました。
ただ、石ころだけは少し混ざったままなので
もしかしたら又根になるかもしれません。

どうなるか楽しみです。

あと、デッキ周りにミニ菜園コーナーを
作りました。
材料はもらってきた伐採木。
40センチ前後に切り、10センチほど埋め囲っただけです。

ミニ菜園

ここには花を植えるかどうか最後まで悩みましたが、キッチンと繋がるウッドデッキの横なので
野菜にしました。
主にネギやラディッシュ、ベビーリーフといった
ちょっとあれば助かる野菜たちを育てようとおもいます。

で、さっそく、以前からプランターで育てていたネギを
移植し、さらに追加でネギ、ラディッシュの種まきもしました。

少し寒くなってきましたが、なんとかビニールでも覆って
早く育ててみたいと思います

| 施主工事記録 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

庭が大変なことに…

先日、不動産屋さんからのご好意で薪燃料となる廃材をいただきました。

我が家から車で10分足らずのところに不動産屋さんが
計画を進める建て売りの
建築現場があり、
本来私が建築現場まで取りに伺うということになっていましたが、
不動産屋さん自らがわざわざ薪となる無垢材ばかりをガラ袋に入れて
軽トラで持ってきてくれました。

その量、大きなガラ袋5袋分

我が家の庭がゴミ屋敷きみたいになりかけてます。
やばい!
現在我が家の庭にはテントが張られ資材をおいたり作業をしたりで、
ごった返しているんです。


頂いた廃材の他にも実はまだ工務店さんの方にも我が家を建てた時の
廃材を大量に預かっていただいている状態なので
早くデッキを完成させて薪棚か薪置き場をつくらないといけません。

入居時点ではなにもなかった庭には今、大量の資材と工具が持ち込まれ、
畑もかなり生い茂ってますので完成当初を知っている人がみると
その変貌にびっくりされます。

ママ友からは「旦那さん!仕事何?」と聞かれることも
しばしば……


サラリーマンです!



不動産屋さんも私が自分で庭づくりをすることも知っておられ、
その日も進行具合と出来映えを気にされていて見学されてました。



早速デッキ作りの現場へ案内しました。


不動産屋さんがいうには私たちのお客さんでも自分達で外構をされる方がおられ
るのですが、たいがいの方は途中で根をあげてしまい
庭がぐちゃぐちゃになってしまうケースが多い。」とのこと。

しかし我が家の場合、

「思ったよりかなりしっかり丁寧に作っているので大丈夫!」
しかし大変やな~と感心されながらも
太鼓判を押してもらいました。


7月は週末度に降る雨に作業は阻まれ、8月はお盆は帰省したりで
ほとんど進めることはできませんでしたが、
太鼓判を押してもらいましたので期待を裏切らないようにがんばりたいと
思います。

| 施主工事記録 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月の施主工事 その2

●板塀の塗装とポストの設置を行いました。

板塀の塗装はそのまま着色せずに防腐塗料だけ塗ろうかどうか
迷ったんですが2階の展望デッキ(完成済)、
そして今後製作のガーデンリビングデッキ、物干デッキも同じ色と塗る予定なので
オスモカラーチーク色で統一することにしました。

オスモカラ-03

塗装前途中完成穴があいているところにポストが設置されます。

板塀01
塗装前の状態


板塀完成
塗装後


ポストは塗らないでおこうと…

そして入居前から製作開始していたポストですが、
いろいろと別の作業を優先する内に1ケ月が経過してしまいました。

そろそろ梅雨になっちゃうので簡易ポスト(ファスナー付きのファイルケース/ビニール製)では防水も完全ではなく心細く水びたしになりかねません。
実際すでに郵便屋さんがファスナーをあけたまま放置され、
濡れてしまったこともありました。

てなわけで製作開始です。基本は1×6のSPF材を使用。
背面はシナ合板をトリマーで溝加工してはめ込みました。
無垢材でこうした屋外に設置するものを作る場合、
どうしても気候による温度変化や湿度で反りや捻れ、歪みが生じます。

アリ接ぎができれば釘やネジも使わずしてかなり頑丈で
立派な箱ができますが技術がまだありません。
そんなわけで毎度の接合方法であるダボ+木工用ボンド+木ネジです。
接合部分が少しでも雨水に触れないように少し溝を掘ってみました。
効果があるのかどうかは想像なのでわかりませんが、
あることを祈っての加工です。

まだ未完成なんですがとりあえず形になりましたの
で設置しました。

ポスト設置

投入口は雨がはいらないように内側にアクリル板を蝶番で吊り
下げてます。
ただ1つ既に問題がおこりました。

≫ Read More

| 施主工事記録 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。