FC2ブログ

ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月の施主工事 その1

6月の進行状況 その1

●玄関扉の塗装
我が家の玄関扉はSIMPSON製の木製の扉です。

SIMPSON01.jpg
塗装途中の写真です

先日身長180センチある友人に「大きくていいな~」って言われて
はじめて大きさを意識しました。
そういや前の家の扉の幅とは全く違うな~っと……
身体の大きさで感じ方がちがうんだと改めて認識しました。

扉は無塗装ということでしたので
防水・防腐塗装を施すことにしました。
入居してすぐにやろうと塗料の調達は早々としていたんですが
1月が経ってしまいました。
塗料はキシラデコールやすらぎを使用。
キシラデコール

外側だけ塗ります。
屋内面は蜜ロウワックスで仕上げます。


設計士さんに教えていただきました。
私はいままで知りませんでしたが、昔からの定番商品だそうです。
重要文化財等の保護にも使われている実績のある防腐、防水塗料みたいです。

臭いは結構しました。
この臭い!どこかで臭ったな~と思いながら作業を進めました。

………しばらくして

思い出しました!

小学校の時の教室の床に塗った油引き(ワックス)の臭いです。
年に2回ほどみんなでやったことを思い出しました。

そうそうこんな臭いでした。
確か乳白色で液状でした。

キシラデコール中

キシラデコールやすらぎの色はこんな感じです。
ミルクティーみたいな色でした。
塗っていくと若干色が付いているのがわかりました。

玄関扉作業
けど水分で濡れてるだけのようにも思えるほどです。

 

ガラス面と床面を養生して刷毛塗りにて行いました。

SIMPSON02.jpg

養生は左官のおかげで手慣れたもんで………

作業時間は30分程度で完了。
ただし、臭いは3日ほど消えませんでした。
もうすぐ梅雨時期が来るのでちょっと焦りましたがなんとか間に合わせることができました。
屋根があるので直接雨水があたることはありませんが
塗装前の拭き掃除で気づいたのですが、足元は土ほこりや砂が跳ね返りで
若干汚れてましたので、今後はふき掃除を定期的に行いたいと思います。

| 施主工事記録 | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

施主工事 再開!ウッドデッキ編その1

5月は畑を急きょ作成し、なんとか順調?に芽を伸ばしています。
きゅうりは1苗病気にかかり早くも消滅…

もう1苗のきゅうりは元気です!
プチトマトときゅうりがいい感じです!
お向かいの畑は本格的なもので植え付け時期もはやく、
おじさんの管理が行き届いているので同じトマトでも発育がいいんです。
もうかなり大きくて……
うらやましい!
_MG_0077.jpg


畑しごとはさておき、
6月はウッドデッキ製作へとりかかりました。


しかし、めっちゃ難航してます。
というのも、2ケ所つくるのですが、どちらも結構大きなスペースとなります。

地盤の補強をしておかないと、年数経過により、デッキの重さで地盤沈下する可能性がありますよ~と不動産屋さんの方から言われていました。
我が家の場合、デッキ設置部分の半分以上は今回の建築工事にて埋め戻しをした新しい地盤です。
ですから地中にまだ空気が残っている可能性が高く、軟弱な地盤といえます。
雨が降ると少しずつ沈下して自然と固まってくるらしいのですが、まだ2ケ月しか経っておらず、まだまだ固まったとはいえないと想像しています。
プリンのように液体が固体になるんだったらわかりやすいんですがね。
雨降りのあと乾いた地面にはいくつものひび割れが目立ちます。
これってやはり地中が動いてる証拠なのでしょうか……
というわけで束石を設置する部分を20センチほど掘り起こし、砂利を入れ水はけをよくしてからコンクリートを流しいれて補強することにしました。

が、しかし

≫ Read More

| 施主工事記録 | 20:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

引っ越しの準備&施主工事&施主製作の3つ巴

引っ越しを1週間を前にした昨日、今日と生憎の天気。
すっきりしない中、慌ただしく動きまくりました。

引っ越しの準備ですが、まとまりきれないものを車にそのまま積んで
搬入しました。
すのこやお花や観葉植物、ガーデニンググッズなどなど。
ちっちゃな車に満載で現地入りです。

そしてここからそのまま施主製作に突入です。
ポストがまだ設置されていなく、簡易ポスト(チャック式の書類ファイル)を
2.3日前に設置したのですが
雨模様の中、新居にいくと郵便屋さんがチャックをしめてくれてなかったので
郵便物が半濡れでした。

閉めてくれよな~と ぽつりとつぶやいてしまいました。

そんでこの2日はポスト作成を新居の一室にブルーシートを敷いて
工房とし、がんばりました。

どうしても木でつくると反りやねじれ、ゆがみが生じます。
それはもう逆らえないところです。

そこんところは味わいと考えて手作り感を優先しました。

ポストって買うと高いんですね~。
ホームセンターで売ってるやつでさえ、5000円以上はしてたので
びっくりしました。

反りとねじれ対策として接合はダボとねじとボンドで圧着。
隙間は木工パテで埋めました。

ちょっとした抵抗です。

あとは工務店さんから教えてもらった塗料(キシラデコール)を塗るか
撥水力があるつや消しのウレタン塗料のどちらかにしようと思ってます。

2日間頑張りましたが、完成まではできなかったです。
というのも最終的なデザインで悩んでます。
扉をどう開くのがいいか?上?横?
あとは切り文字を入れるのですがどんな書体が似合うか?

センスが問われるのでね~。

そうそう。
家の中からなにげに外をみたら、軽トラックに切り株を積んだ車が通過しました。

お~~~~~い!
それどないすんの~~

捨てるんだったら欲しいんですが~~~~と
心で叫んでました。

ん~ん残念。庭にいたら走って追いかけたのに…
結構よさそうな広葉樹の切り株でした。
家の近くからでてきたことは間違いありません。
どこの庭からでたのかな~。



そして施主工事のウッドデッキの準備です。

デッキは基礎づくりが一番大事ですのでいくら素人製作とはいえ
手が抜けません。
地面をならして、平坦にし、加重のかかるところはコンクリートで地盤を固め、
束石を設置し………

考えただけで1人では大変です。
けどおもしろそうです。

羽子板付き束石が近所のホームセンターで498円でセールしていたので
ちょっと気がはやいですが買いました。
安いのかそうでもないのかわかりませんが、プロ用のショップだったので
相応の価格には間違いなさそうです。

とりあえず30個。

軽自動車に積み込んだらかなり沈みこみました。

走りも重い感じでエンジンはうなってました。
ちょっとひやひやでしたがなんとか搬入。
我が家のタントもフル回転です!

そんなこんなであっという間の2日間でした。



| 施主工事記録 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘れないうちに左官作業のポイントを!

我が家か施主作業として左官を行いました。
工務店さんからはここまで広い面積の壁を自分たちで
実践した方は今までいないのではないでしょうか!!
とびびらされながらも、自分の腕を信じてチャレンジしてやろうと奮起しました。

実際行ってみた中でいろいろと思うことがありましたので
今後、チャレンジされる方への参考になればと思い
忘れないうちに施主左官作業のポイント!(タナクリームの場合)を書き留めておこうと思います。


その1.養生をする前に…

●木枠のほこりを乾いた刷毛でよくはらい、きれいにします。
ほこりがひどい場合は水に塗らし固く絞った雑巾で軽く拭いてやると完璧です。
ほこりが残った上から養生するとしっかりくっつかずはがれてきます。
貼り方があまいと隙間からにじんで木枠を汚しますので注意です。


その2.養生はしっかり!

養生テープを壁から2~3ミリあけてマスキングします。(タナクリームの場合)
しっかり押さえてはらないと浮いてくる場合もあるので注意!
※紙製の養生テープは浸透する可能性があるのでできればビニール製をお薦めします。
紙製でも水を弾くタイプのものなら問題ないですが…。

素人作業ですので思わぬところに落としたり垂らしたり飛ばしたりしました。
安全を考えて木枠全体を覆い隠すようにするのをお薦めします。
私はそこまでしなかったせいで木枠や柱にいっぱいシミを作ってしまいました。

特に足元の木枠にはタナクリームをぽたぽたと落としたりするので厳重にした方がいいです。
マスカーという商品があるのでそれを使うと便利です。
ホームセンターで簡単に手に入ります。

漆喰が木枠についた状態でほったらかすと黒いシミができるので注意です!
浸透してますからペーパーをかけても消えません。
私はそんなことも知らない状態で作業してましたのでシミだらけにしてしまいました。
美装作業で大工さんに手間をかけさせてしまうこととなりました。
ある程度気にならない程度まで磨きをかけてもらえたので助かりましたが…



その3..養生テープ付近はしっかりと塗る。
端っこは塗りが甘くなりがちになり隙間が空いたりします。
端っこをしっかりと塗り付けることで出来映えの印象はかなりあがると思います。
端っこががたがただと面がきれいに塗れていても汚くみえます。
我が家の場合、気づいたのが遅く、私以外が作業したところは
結構ガタガタになってしまいました。

左官悪い例


その4.面の選択

もし一部分だけ施主工事にする場合ですが
廊下や玄関など小さな面で角が多くあるようなところは塗りにくいので
大きく障害物の少ない面を選ぶほうが楽です。
大きな面は大変そうに見えますが塗りやすいので楽です。
細かいところはプロに任したほうがいいです。
我が家は廊下は苦労しました。
とくにダクト部分は手が届かないので結構アバウトな仕上げになりました。

左官ダクト


その5.タナクリームは朝と夕方とでは粘度がちがってきます。

夕方は少し塗りにくくなります。(同一缶使用の場合乾燥するので)
ざらつきを感じたら、コップに半分ほどの水を足してよく撹拌すると
朝の状態に戻ります。
しかしあまり水はいれ過ぎないように注意してください。
入れすぎるとかなり液体化してしまい、塗りにくくなりますし、
乾くと逆にざらざらしてしまいます。

ほんの気持ち程度の追い水にしてください。

これはメーカーは推奨してません。
わたしが行った経験から言えることです。
塗りにくいな~と感じたら行ってみてはどうでしょうか。

保証はできませんのであしからず…


その6.左官コテについて

私は今回の為に大奮発してプロ使用?のものを買いました。
とはいってもホームセンターで買ったものです。

コテ

軽くて薄いので疲れにくく、しなりがあるので塗りやすかったです。
最初は高い買物だと思いましたが、今やなくてはならないアイテムです。

その7.壁の途中でやめてはいけない。

大きな面を1人で作業すると時間がかかります。
時間がかかると乾燥が進んでしまい、手直しが
できなくなります。

数人で分担して同じ面を作業し一気に1面を終わらせるほうがいいです。
手直ししたい所が見つかっても乾いてないので失敗しなくて済みます。

私はみごと失敗しましたので塗り直しした面もあります。

その8.手荒れ予防にビニール手袋を!


塗っている時にどうしても手や服につきます。
手に付いたままほったらかすと石灰ですので
カサカサになります。

台所で使うビニール手袋や作業用のビニール手袋が便利です。


その9.塗り方は大胆に大きな扇を描くように!

プロの作業をしばらく見させていただきました。
扇を描いてました。見よう見まねでやってみました。
結構うまくできましたよ!


以上です。
他にも質問等ありましたらお気軽にコメントくだされば
わかる範囲ですがお応えいたします。


ブログランキングに参加しています!
励みになりますので応援クリックお願いします!
 にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

| 施主工事記録 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

施主支給品のその後のその後

先日我が家も完成し、施主チェックの後、設備品の説明、そして取扱説明書や保証書などの
引き渡しも行われました。

施主支給品の一部の製品に関しては
保証期間の延長(ワランティ)を行いました都合でショップとの
手続きがひと手間かかりメーカー保証書の他に配送の送り状、メールのプリントアウトなどをセットで置いておく必要がありました。

ところが、とりまとめていただいていた書類にはIHクッキングヒーターの保証書が見当たりません。
しかも、こちらから伝え忘れていたせいで送り状も残っていません。

しまった~。
送り状までは工務店さんも保管していません。

代行で受け取っていただいたIHクッキングヒーターの保証書がないのは
私たちにはどうすることもできないので
工務店さんの方で再度確認していただくことになりました。

見つかればいいのですが…


無事商品が届いて受け取りもうまくいくかどうか、ばかりが気になり
受け取り側に報告しておかないといけなかったことがおろそかになってしまいました。

反省です。

店舗で買うとワランティ保証書や領収書や約款などセットにして
封筒に入れて買い物時に渡されますが
ネットでの買い物ではこういった店舗とは違った手続きになるので
ちょっと気をつけたほうがいいです。

今回の買い物でわかったことですがワランティの保証をする代行会社ってあるんですね。

先ほどショップからのメールで案内されるサイトにアクセスし、
ワランティ保証書をプリントアウトしました。

ひとまずこれにて一段落です。

あとは行方不明のIHクッキングヒーターの保証書です。
みつかりますように!



| 施主工事記録 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT