ハーブの丘の家づくり日記

軽自動車でもぎりぎりの狭い道、急な坂、その分景色は最高です。そんな丘の上にある家の悪戦苦闘な家づくり・生活ぶりをお届けします!

≫ EDIT

キャンプの準備 その1

アウトドア用品を整理していたらふと思い出しました。
自分流の炭の使いかたがあったことを。
炭のこだわりといったらなんか備長炭しか使わない!っていう風に思われそうですが、そう言った質のこだわりではなく使い方です。
炭はホームセンターで売ってる安いやつをベースに、たまに備長炭。
初心者の頃は買った箱のまま現地に持って行ってましたが、
やり慣れてくると事前に仕分けするようになりました。
というのも、安い炭は大きなやつも木っ端も混ざってます。

細かいくずのような炭は箱の底に溜まり最後に残ることが多く、次回に持ち越し。
それだけでは心許ないのでまた炭を買う。
そんなことを繰り返すと毎回炭を買うことが続きました。 
もっと効率よく使ったら買わなくていいはず。
なので、箱に入っている炭は一旦新聞紙の上に全て広げ、大、中、小、くずと分けます。
先にくずのような炭を集めて下地に敷いて真っ先に使うことにしてます。
そうすることでロスがなくなり、どれくらいのサイズの炭が残っているのかわかり、効率よく燃焼できることが経験してわかりました。
ちょっと面倒ですが、炭起こしを極めるならこれくらいの下準備は必要だと思っています。
 
今回こんな炭を見つけました。
割木炭。
これと備長炭を組み合わせたらいいかも。
物は試しに買いました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久々に火がついた!

この夏、家族でキャンプに行く。
家族で行くのはおおよそ40年ぶり。
というか自分が親になって子供を連れて行くのが初めてです。
40年前の私は小学生で、丁度我が娘と同じ歳でした。
社会人になり友人の会社のキャンプに連れていただいた時にアウトドアにはまり、20代から30代後半まではアウトドア一色の生活。
友人や会社の仲間と散々アウトドアを楽しんでいました。
ところが結婚してからはライフスタイルが一変。
子供のことや家づくり、仕事に追われ、キャンプから早12年は遠ざかっています。
そんな状況の今、昔使っていた道具は捨てずに置いてあるんですか、老朽化を極め、テント、タープ、ツーバーナーコンロ、クーラーボックスはすでに廃棄。
必ずいるものがないと言うのは致命的です。
他、ランタンはマントルが破損。
ポンプカップが劣化。
30年も経ってるからなぁ。
シングルバーナーは自動着火装置が作動しない。
まぁこれはチャッカマンがあれば
使える。
と、問題だらけ。
ないものは買い揃え、使えそうなものはメンテナンスして使う。
こうして、アイテムをひとつひとつ準備している時が楽しいんですよね。

| 未分類 | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年はでかいもんが多い。

7月になり菜園の収穫も少しずつアップしてきました。
ここ数年お気に入りの九州の長茄子。
これはふわとろで最高。
こんばんは焼き茄子にしてサッパリと頂きました。
そして今年初のジャンボピーマン。
ほんまにでかい!

今のところ炒めものでしか頂けてないんですが、かならずや肉詰めしたいと思います。
今、すごい勢いなんがカボチャです。

昨年スーパーで買ったカボチャの種を
捨てずに残しておいたやつ。
普通にでかいサイズの西洋カボチャ。
空中に4つくらい膨らみはじめてます。
ヤバいなぁ。
網模様のメロンも順調です。

今年のジャガイモは一部大成功。
拳くらいのおジャガさんがゴロゴロ採れました。

品種はキタアカリ。
ポテサラ作ろうかなぁ。

| 未分類 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚の改造  その2

垂木は55センチ間隔にしました。

デッキの屋根の高さに合わすのは
思っていたより苦労しました。
波板はポリカ製。
留め具もポリカ製。

安いやつは1年足らずで劣化して
釘だけになってしまう経験から
これにしてます。
梅雨の谷間の晴れ空。
風がきつく波板がお隣りさんの庭に
飛んでいくアクシデントもありながらも
なんとか張りました。

梅雨明けまでなんとか完成できてよかったぁ。
雨漏りしないことを願うばかりです。

| 未分類 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薪棚の改造 その1

昨年、薪棚前の通路をなくし薪置場にしデッキを延長しました。
詳しくはこちら
薪棚とデッキは別になっていたため、
屋根の傾斜の向きや高さが違い、
通路にしていた部分は隙間が空いていて
雨が降るとデッキが濡れてしまってました。
デッキ下には薪がありますし、
頻繁に雨水がかかると
腐食やカビがはえたり、きのこが生えたりする恐れもある。
fc2blog_20160923220652d97.jpg
デッキも一部だけが傷むので
屋根の高さを合わせる改造をすることにしました。
デッキの屋根と薪棚の屋根の高さは45から55cmの差。
プロの仕事だったら柱をホゾ組加工して
うまく柱を継ぐのかもしれませんが、
そんな手間なことはやってられないんで、
金具を使って柱を延長させました。

1プレート190円でネジ付きは格安でしたが、しっかり
固定できました。
ただ、付属のネジが四角ビットタイプのネジだったんで
焦りました。
こんなん反則やで~
普通プラスドライバーやろ?
近くのホームセンターでビット購入
ステンのネジを200本買うとまあまあ高いし
ビット代は250円で済んだから
よかったです。
とりあえず8本継ぎました。
つづく

| 薪棚づくり | 10:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT